【家庭で堪能!おいしい 茨城&つくば(74)】古の 筑波山の夫婦餅(餅でんがく)を再現♪


先日、
古の『夫婦餅』を想い、筑波山頂で串餅と味噌田楽を食す。

という記事を書きました。

昔、筑波山頂の茶店で出されていたという、
夫婦餅』(『餅でんがく』)キラキラ

現在食べられないなら、作ってしまえっグッド
ということで、家で作ってみました\(^o^)/。

味噌は、筑波山産のオニグルミを使った、くるみ味噌を塗ってみましたちょき

豆電球くるみ味噌の作り方については、前回の記事
【家庭で堪能!おいしい 茨城&つくば(73)】 筑波山産の鬼胡桃(オニグルミ)で作る、くるみ味噌
をご覧ください(^^)v

餅については、上記のページでも詳しく解説しましたが、
昔、筑波山で出されていたのは五平もちのような扁平型の餅だったようなので、
それを意識して作りました。

また
昔から茨城の各地の家庭で作られていたという、残りご飯を使った
焼きもち
のレシピも取り入れてみました。

豆電球※筑波山の『夫婦餅(餅でんがく)』の再現につきましては、
この記事の最後に記載した参考文献1~6を基に、作りました。


【材料】

・ご飯
・小麦粉
・木綿豆腐

 ※堅豆腐、水切り豆腐が手にはいったらその方が楽です。
・くるみ味噌 (くるみは筑波山産のオニグルミを使用)


【作り方】

1.木綿豆腐は電子レンジで600wで2分ほど加熱して、出てきた水を捨てて、キッチンペーパーに挟んで水分を取る。
 水分がまだ抜けないようなら、再度1~2分程度加熱して、同様の作業をする。

 (木綿豆腐が厚めなら、2回目は1回目とは逆に、上下ひっくり返して加熱すると良いです)
 ※堅豆腐や水切り豆腐が手に入ったら、このプロセスは要りません。

2.フライパンに薄くサラダオイルを敷き、適宜カットした1の豆腐を並べて、焼き目がつく位に、両面を焼く。

3.ご飯に小麦粉をまぶして、まんべんなく混ぜてから、軽くこねて、団子を作る。
それを掌で平たく形を整えて、オーブントースターで焼き目がつく位に焼く。

※これを昔から『焼き餅』と呼んで、家庭で食べていたそうです。
 (文献6より)

4.焼き上がった、豆腐と餅に、くるみ味噌を塗って出来上がり。
 ※ここで再度、オーブントースターか魚焼きコンロで、軽く味噌に焦げ目が出来る程度に焼くと、より香ばしくなります♪


ホームメイドなので、串は使ってません。
串に刺すと、より気分は出ますね(^^) お好みで。

昔の筑波山頂の茶屋で出されていたという夫婦餅。
団子(平たい餅だったという記述あり)と豆腐を並べて、
『夫婦餅』
と呼んでいたそう笑
古の『夫婦餅』を想い、筑波山頂で串餅と味噌田楽を食す。 参照)



ホームメイドの夫婦餅も、
味噌を塗った『焼き餅』と、豆腐田楽を、夫婦に見立てて。

くるみ味噌を塗ってから、もう一度、軽く焦げ目が付く位に焼いてます。

形は違っても、くるみ味噌で一緒、餅と豆腐の味のコンビネーションも良く、味わい深いちょき
・・・夫婦とはこんなものかもしれませんね(^m^)





こちらは、おしゃれなカフェ風ハートに、ワッフル型で焼きました。
下のやや広がっているのが、ワッフルお餅。さっくさく(*^^*)
上が、焼き豆腐。こちらはどーんと食べ応えアリ!

餅は普通の切りもち。
豆腐は水切り豆腐(水切りした木綿豆腐でもOK)。

切りもちは、水にぬらして、かるく電子レンジで加熱(1分程度)してから、ワッフル型で焼いています。
塗っているのは同じく、くるみ味噌。

ワッフルにすると、おしゃれにメープルシロップやらフルーツソースやらをかけたくなりますが、
ここは、やはりくるみ味噌が断然美味しいです。
(もとは、お餅と味噌ですから)ハート

切りもちをワッフル型で焼くのは『モッフル』と呼ばれていて、かなり一般的ですよね。
簡単でおいしい♪ サクサクの食感がまた良い。

お豆腐も、ワッフル型でそのまま焼けて簡単です。
(焦げ付きが心配なら、表面に薄くサラダオイルを塗って焼いても良いです)

筑波山に登る時のお弁当に良いかなぁとも思うのですが、
やはりアツアツが一番なので、おうちで、昔の筑波山頂の茶屋気分を想像して味わうのが良いかも(^^)。

また『夫婦餅』なので、ここぞという勝負時などにも!?

お試しください(^^)


--------------------------------------------------------------------------------------

参考文献

1. 『筑波山名跡誌 安永期の貴重な地誌再現 (ふるさと文庫)』 上生庵亮盛 著 桐原光明 解説 筑波書林

2. 『筑波山』 岩上長作 (東京交通世界社発行の復刻版) 崙書房

3. 『春の筑波山』 (桂月全集 第2巻 紀行1)大町桂月 著  日本図書センター
 ※茨城県立図書館にあります。

4. 『長塚節 歌集』 長塚節著   春陽堂
 ※茨城県立図書館にあります。

5.『筑波誌<筑波山神社版>』  杉山友章 著 崙書房

6.『日本の食生活全集8 茨城の食事』 農山漁村文化協会(農文協)














同じカテゴリー(家庭で堪能!おいしい 茨城&つくば)の記事画像
(87) 結城&福井の郷土食コラボ♪ すだれ麩ときゅうりの胡麻からし酢味噌和え
(86)蕎麦の実(そば米)のリゾット 平茸とチキンのラグー添え
(85)さつまいもの葉の おひたし
(84)初秋のエディブルフラワー、ニラの花 と 花オクラ を味わう
(83)枝豆餅のシソの葉包み
(82)薬味たっぷり 土用しじみの冷や汁ごはん
同じカテゴリー(家庭で堪能!おいしい 茨城&つくば)の記事
 (87) 結城&福井の郷土食コラボ♪ すだれ麩ときゅうりの胡麻からし酢味噌和え (2018-07-28 14:35)
 (86)蕎麦の実(そば米)のリゾット 平茸とチキンのラグー添え (2017-09-15 23:03)
 (85)さつまいもの葉の おひたし (2017-09-11 20:31)
 (84)初秋のエディブルフラワー、ニラの花 と 花オクラ を味わう (2017-09-07 21:26)
 (83)枝豆餅のシソの葉包み (2017-08-29 20:49)
 (82)薬味たっぷり 土用しじみの冷や汁ごはん (2017-08-18 20:40)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
コメントフォーム
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
プロフィール
かるだ もん
かるだ もん
徒然なるままに、興味のあることを気ままに書いています。好きなことばは「中途半端も、たくさん集まればいっぱい!」(ドラマのセリフ)

地元つくばや茨城の話題を中心に、茨城の食材を使った家庭料理、民俗学もどき、国際交流、旅の話題など、趣味の記事を掲載中。

特に自分の勉強も兼ねて、
★民話・伝説紹介と、それにちなむ土地めぐり
★茨城を中心に、全国の郷土料理と食材(世界の料理も含む)の話題
の話題が多いです。

・ヒッポファミリークラブ(多言語自然習得活動と国際交流)
・観光ボランティア
・郷土食研究会うまかっぺ!茨城



オーナーへメッセージ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 4人
アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE