茨城こんなもの見つけた♪(42) つくば街路樹マップ


つくば市の中心地区の道は、さまざまな街路樹が植えられていて、特に秋は美しいキラキラ

どの道に何の木が植えられえいるのか、手軽に持って歩ける地図があると良いなぁと以前から思っていましたら、見つけました!


つくば街路樹マップ
つくば市環境マイスターの会さんの作成・発行

手描きの絵がまた素敵ですハート

先日2018年11月10日(土)に、「つくばサイエンスコラボ2018科学と環境のフェスティバル」にて、つくば市環境マイスターの会さんのブースで見つけて購入しました。
A4サイズとA5サイズの2タイプ。
(両方とも購入♪)

同フェスティバルも、とても興味深く、楽しみながらいろいろ考えさせられました。
市内の小中高の学校の子供たちが参加しているのも素晴らしい。

同会のブースでもクイズがあって、知らなかったことも多く、勉強になりました。

例えばゴミを捨てる時の「分別」割合、茨城県は全国平均より低いのも情けない汗のですが、つくば市は、その茨城の平均よりも更に低く、本当情けない・・泣・。
つくば市民、何やってるの??パンチ  もっとちゃんとしましょうよ!(怒)ぷんぷん

そういうことも意識しながら、街路樹マップを持って、木々を愛でてウォーキング・ランニングしたいなぁと思いました走る芽





  
タグ :街路樹環境

Posted by かるだ もん at 23:21Comments(0)こんなもの見つけた!
茨城こんなもの見つけた♪(41) 矢中の杜の手ぬぐい


先日、つくば市北条地区を訪れた際、ちょうどその日が土曜日で矢中の杜(旧 矢中邸)が公開日だったので、初めて行ってみましたグッド



その時、購入したのがこの手ぬぐい

矢中の杜では、三種類のデザインの手ぬぐいが売られていて、どれも心惹かれたのですが、今回はこちらを選びました。

矢中の杜の建物に使われている意匠をデザインしたものとのこと。
どの意匠も、とても可愛いですよね(*^^*)

そしてこの温かみのある山吹色が、また良いのですハート





これを壁に飾ると、うちの和室もちょっとおしゃれキラキラに(^^)v

矢中の杜(旧 矢中邸)については、また後日報告します♪
旧 矢中邸、素敵でした。


参考: 国登録有形文化財 矢中の杜 ホームページ:
http://www.yanakanomori.org/











  

Posted by かるだ もん at 21:20Comments(0)こんなもの見つけた!
茨城こんなもの見つけた♪(40) 筑波実験植物園のガイドブック

国立科学博物館別館の筑波実験植物園は、広い園内に様々な植物が植えられているので、見どころのポイントなどのガイドブックあると良いなぁと思っていたら、ありました!


植物園の歩き方 筑波実験植物園のガイドブック

全64ページにコンパクトにまとめられているので、見学のポイントの入門編として、とっつきやすいと感じます。
(いきなり、専門的な話をたくさん載せられても、多くの人は引いてしまいますものね)

各エリアの見どころとか、代表的な植物のポイント・特徴など、分かりやすいですグッド

また切り口も、例えば『環境の適応』で、『気にのぼる』とか『水に潜る』とか、そういう見方、考え方があるんだ!と面白い豆電球


でもやはり、栽培されている植物1つ1つを説明している図鑑があると、見学しながら調べられて良いなぁと、私は思うのですが。

もちろん、筑波実験植物園の公式サイトには、『植物図鑑』として、検索機能付き園内の植物の詳しい紹介が掲載されています豆電球
 → 筑波実験植物園サイト 『植物図鑑』 http://www.tbg.kahaku.go.jp/recommend/illustrated/

パソコンがあると、これでバッチリ調べられますキラキラ
園内でも、スマホなどで、このサイトで植物を検索しながら見る・・・という方法も可能でしょう。

でも、やはり、(´-`).。oO(紙媒体や書籍として栽培されている植物一覧(簡単な図鑑)があると良いなあ…と思うのです。
スマホなどは、電波状態が悪かったり、バッテリー消耗もあったりで、屋外ではやはり使いにくいですから。

書籍は難しいのでしょうかねぇ汗・・・(お金もかかる?)。

しかしまあまずは、このガイドブック『植物園の歩き方』は、例えばこの季節は夏休みの自由研究のヒントにもなったりしそうですし、読んでいると、普段の身の回りの植物の見方も変わってきて勉強になるので、1冊持っていると良いです♪ちょき

  

茨城こんなもの見つけた♪(39) 鹿島の帯占い


以前、当ブログで、鹿島神宮の『常陸帯』と、筑波山神社の筑波山神社の『常陸帯宮』関係のナゾについて触れました。

豆電球参照:
シリーズ『筑波山名跡誌に書かれた場所を訪ねて』 (1)常陸帯宮(前編)
シリーズ『筑波山名跡誌に書かれた場所を訪ねて』 (1)常陸帯宮(後編)

もともと鹿島神宮の『常陸帯』には、どうも
『安産祈願』
『縁結び』
の二つの信仰があったようだということを、シリーズ『筑波山名跡誌に書かれた場所を訪ねて』 (1)常陸帯宮(後編) で考察しました。

そして現在の鹿島神宮では別々になって、
安産のお守りである、『常陸帯守
縁結びの占い『鹿島の帯占い
として、それぞれ社務所で授与されています
豆電球詳細:鹿島神宮ホームページ



鹿島神宮拝殿(2018年6月下旬撮影)

先日、鹿島神宮に行った際()、確かに、『常陸帯守』も『鹿島の帯占い』も社務所に並んでいるのを確認してきました♪







今回は、『常陸帯守』は購入しませんでしたが、『鹿島の帯占い』は購入しましたちょき

パッケージの色は何色かあるものから選べます。
私は淡い黄色のものを選びました。
(大きさの比較のため、十円玉を置いています)









帯占いの方法が書かれた看板。

お願いを神様にお祈りした後、三角のパッケージを閉じたまま、4本の紐の端を2本ひと組で結んで、それからパッケージを開けて紐を取り出して、結び目の形で占います。

良い結果のものはお守りとして持って置き、イマイチの結果の時は、神社内の結び所に結べば、願いが叶うようお祓いしてくれるとのことキラキラ


ということで、本来は占い用なのでその場で作法に従って紐を結んで占うのですが、私は結ばずに自宅に持ち帰って、家の神棚に置いております(^^)


さて、上述した以前の記事にも書きましたが、鹿島神宮の『常陸帯』と、筑波山頂上にある『常陸帯宮』には、どうも隠された関係がある?! ようキラキラで、ロマンとミステリーに勝手にワクワクハートしております。



筑波山頂上(男体山頂上付近)の一角にある、『常陸帯宮』の祠。

 豆電球『常陸帯宮』については、筑波山神社公式ホームページの 『筑波山神社とは 筑波山神社由緒』 、のページに記載があります。


加えて、江戸時代の文献(文献1)によると、常陸帯宮では江戸時代、『誓願つつじ、満願つつじ』と呼ばれて、良縁を願って周囲のつつじにした願掛けが人気だったキラキラというのも、大変興味深いです。




芽鹿島神宮と筑波山神社(常陸帯宮は筑波山神社の摂社)でコラボすると、パワースポット好き女子や縁結び祈願の女子に人気が出ると思うんですが、いかがでしょう?(女子は男子を連れてきますし)キラキラ

ただし、筑波山の上部は特別保護地区で、植物の採取はもちろん、傷つけるのも禁止されています。
なので、つつじに直接結ぶのはご法度なので、そこは人工のツツジを作って設置したりするとか、知恵の出しどころグッドかと。
拙ブログをご覧になった関係者の方、ご検討ください(^^)v


(ご参考)鹿島神宮参拝を含め、東国三社巡りについての報告は、前回の記事
 茨城こんなもの見つけた♪(38) 東国三社守
に書きましたのでをご覧ください笑


***********************************************************
【参考文献】

1. 『筑波山名跡誌 安永期の貴重な地誌再現』 上生庵亮盛 著 桐原光明 解説 (ふるさと文庫) 筑波書林 










  

茨城こんなもの見つけた♪(37) 地質標本館のミニタオル


この度の西日本豪雨の被害のニュースを見る度に大変胸が痛みます。
西日本豪雨により亡くなられた方々へのご冥福を心よりお祈り申し上げますとともに、被災された方に謹んでお見舞い申し上げます。
一日も早い復興と平穏な生活が戻られますことを切に願います。

*************************

日本国内唯一の地質専門の博物館である、産業技術総合研究所の地質標本館。

充実の本展示はもちろんですが、現在(7/12現在)、開催期間延長で、
2018年度特別展「関東平野と筑波山―関東平野の深い地質のお話―」
が8月中頃まで見られます。

会期:2018年4月17日(火)~2018年8月19日(日)

豆電球詳細:産業技術総合研究所 地質標本館ホームページ

特別展自体は小じんまりしたパネル展示ですが、子供たちの夏休みの自由研究のヒントもたくさんありそうグッド




掲示パネルの説明がそのまま1冊にまとめられた小冊子(文献1)も貰えるので、帰宅後も再度復習出来ますし、おすすめですちょき











この写真の左ページに掲載されているボーリング資料写真は実物が展示されていました。
産業技術総合研究所の構内で、深さ751.5mまでボーリングして採集された地質資料とのこと。

地表から222~225m下は浅い海だった頃を物語る砂質泥岩やカキの化石が採集され、ずっと深くなる613~615m下は、筑波山周辺で見られるものと同じ花崗岩、そしてホルンフェルス(砂岩や泥岩が熱で変質した変成岩)になっているそうです(文献1)。

やはり実物を見ると、違いますよ!びっくり


おまけ:
展示の最後に「一般参加型企画 わたしの街から見える筑波山」ということで、いろんな場所から望んだ筑波山の投稿写真も掲示されています。
私が投稿した写真もちゃんとありました(^^)v


さて、地質標本館入口そばのお土産コーナーでは、お手頃のグッズもありました♪


そこで購入したのが、ミニタオル
いくつか種類がありましたが、私はこれをチョイス。
日本近海に棲む貝類をモチーフにデザインされたとのこと。
私は貝(貝殻)が好きなので、ゴキゲンですハート

他にもナウマンゾウ柄、放散虫柄、アンモナイト柄があって、マニアにはこちらの方が珍しくてウケそうですちょき

豆電球詳細:産業技術総合研究所 地質標本館 ミュージアムショップのページ


手ぬぐいバージョンもありました。
手ぬぐいは、アート風に壁に飾るのも人気ですよねキラキラ
珍しい柄の手ぬぐいとして、こちらもお土産に良さそうです。
(近日中に、手ぬぐいも購入予定♪)


その他、地質標本館のお土産については、過去の記事
豆電球茨城 こんなもの見つけた(5) 鉱物トランプ
豆電球茨城こんなもの見つけた♪(27)超精巧な化石チョコレート(&手作り発掘チョコ作り)
もご参照ください笑
※現在も取り扱っているかどうかは、産業技術総合研究所 地質標本館(https://www.gsj.jp/Muse/ )の方にお問い合わせください。



**************************************************************
【参考文献】

1. 地質標本館2018年度 春の特別展パンフレット 「関東平野と筑波山 関東平野の深い地質のお話」 
産業技術総合研究所 地質調査総合センター発行



  

プロフィール
かるだ もん
かるだ もん
徒然なるままに、興味のあることを気ままに書いています。好きなことばは「中途半端も、たくさん集まればいっぱい!」(ドラマのセリフ)

地元つくばや茨城の話題を中心に、茨城の食材を使った家庭料理、民俗学もどき、国際交流、旅の話題など、趣味の記事を掲載中。

特に自分の勉強も兼ねて、
★民話・伝説紹介と、それにちなむ土地めぐり
★茨城を中心に、全国の郷土料理と食材(世界の料理も含む)の話題
の話題が多いです。

・ヒッポファミリークラブ(多言語自然習得活動と国際交流)
・観光ボランティア
・郷土食研究会うまかっぺ!茨城



オーナーへメッセージ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 5人
アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE