2018年09月25日

筑波山神社 観月祭

筑波山神社 観月祭


2018年9月23日(日)秋分の日の宵、筑波山神社で観月会が行われていました。
今年で3回目だそうです。


暗闇に浮かぶ、筑波山神社拝殿。
趣きがありますね。

拝殿の中で、お琴と尺八の合奏が2時間ほどありました。
邦楽は苦手で2時間耐えられるかと・・・と内心心配でしたが、全十曲、選曲もバラエティに富み、司会をされたお琴の先生及び尺八の先生のお話も軽妙洒脱で面白く、2時間があっというまでした。



拝殿の外からは秋の虫の音が賑やかに聞こえてきて、尺八や琴の旋律とともに、秋の風情たっぷり堪能しましたハート



拝殿の正面に、秋の花草が大変美しく活けられていました。
お供えは、それぞれ三宝に載せられた、梨、お団子、そして(多分)アケビの実!









筑波山境内から見る、おぼろ月夜。
薄い雲に月の光に滲んで、その光がわずかに七色がかって美しかったです。

今年2018年は奇しくも、本日の秋分の日の翌日が、中秋の名月でした。
この日もほぼ満月。


境内のご神木の大杉(向かって右の木)の上にかからんとする、おぼろ月。
(写真はピンボケですが、雰囲気は伝わっているかと)


帰りは関東平野の夜景を見ながら山を後にしましたキラキラ



すっかり秋の風情の筑波山。
明るい時の秋の風情の景色の写真も載せますね。


同日夕方に撮った彼岸花と筑波山。西山地区にて。
向かって左の男体山、右の女体山。

彼岸花の赤い色が、木々や草の緑に映えます。







こちらは反対方向、コスモス越しに見る関東平野。同じく西山地区にて。
秋風を感じる写真かと笑

湿度が低くなってきたせいか、やや霞みながらも、東京都心のビル群やスカイツリーも見えました。





この日、三連休の中日で好天に恵まれ、筑波山は登山・観光客ですさまじい大混雑。
道路は駐車場待ちの車が連なり車車車、午後まで大渋滞でした。
午後2時過ぎで、つくば駅から筑波山まで2時間かかると、バスを乗る時に言われたと聞きました。
また、アリのような長い行列で、細い登山道を登る登山者の様子を、SNSの写真でも見ました・・・。

しかし夜はそんな人間達の喧騒も静まり、静かな宵でしたキラキラ


【おまけ】

筑波山中禅寺の僧侶 上生庵亮盛による江戸時代中期の書『筑波山名跡誌』(文献 )には、『つくば』の語源となった伝説が書かれています。
曰く(以下書き下し文は、文献1による)

昔時(むかし)日神(にのかみ)、父母の二神を慰諭(なぐらめんが)為め故に、山上に於て(ことを)弾ず。
水波の曲に至て、鹿島の海潮、逆騰(げきとう)して山の頂にひたし(※註)著(つ)く。故に、著波と名づく。
筑(ことの)音を以(もって)海波を動ずる。故に又筑波と号也。

 ※註: 『ひたし』の字は、さんずいに、つくりは『極』の左側と同じ。

つまり、昔、神代の頃、日の神様が、父母の二神を慰めるために、山の上で『こと』(『』と書くのですね)を奏でたら、鹿島の海から潮が遡ってきて、山頂まで海の水が来た。それが『筑波』の名前の起源になった
・・・という伝説です。

』という楽器はどんな楽器だったのでしょう?
wikipediaによると、
『筑(ちく)』は、
『筑(ちく)は、古代中国の打弦楽器。現在は使われていない。 筑の形は琴に似ていたが、弾奏するのではなく、竹(「竹」と「筑」は同音)の棒で弦をたたいて音を出す
とのこと(註※※)。

文献1では、『こと』とルビを振っていますが、現在の『琴』とはかなり違う楽器のようですね。
棒でたたいて言を鳴らす・・・と、結構ワイルド?!

伝説とはいえ、鹿島の海から波が遡って(逆騰)というのは、311を経験した身として怖くなるのですが汗、現代の琴とは明らかに違う楽器ですし大丈夫ですよね、もちろんにこにこ

 註※※: 『筑状弦楽器』と呼ばれるものが、国内の古墳や遺跡でも発掘されているようです。
      中には筑状弦楽器を弾く埴輪もあるようです。
      古代の楽器、調べると面白そうですグッド


*********************************************

【参考文献】

1. 『筑波山名跡誌 安永期の貴重な地誌再現』 上生庵亮盛 著 桐原光明 解説 (ふるさと文庫) 筑波書林 
















  

【家庭で堪能!おいしい 茨城&つくば(84)】初秋のエディブルフラワー、ニラの花と、花オクラ を味わう


今のほんの短い時期に出る、晩夏~初秋のエディブルフラワー
ニラの花 と 花オクラ


庭にいつのまにか生えて増えてきたニラ。
近くの畑から種が飛んできたのでしょう♪

9月に入る頃、つぼみをつけます。このつぼみが美味しいのですハート
私の中では一番好きなエディブルフラワーハート








ちなみにニラの花は、上の写真のようなつぼみからいくつもの小さな花が出てきて、こんな毬のような花になりますキラキラ










花オクラは、近所の農産物直売所にて購入。
以前は1つ1つ袋に入って売られていましたが、最近は数個が1袋に入って値段は同じくらいで、リーズナブルに♪

黄色くて大きくて、ドレスを思わせるような華やかさキラキラ





【食べ方】

●ニラの花は、花の下の茎を10cmほど残して、熱湯でさっと茹でます(1分間程度)
※それより下の茎の部分は、硬くて筋っぽくて美味しくないです・・・。


●花オクラは、生と、茹でたものを食べ比べ。

花オクラはガクを切り取って、花弁だけを食べます。
(ガクにはトゲがあるので注意)

生のものは、花弁を縦に手で裂いてみました。

茹でたものは、熱湯で10秒ほど茹でました。



左から、茹でたニラの花、茹でた花オクラ、生の花オクラ

タレは、テッパンの だし醤油の他に、梅とかつお節のノンオイルドレッシング、そしてマヨネーズを試してみました。


ニラの花は、噛みしめると、柔らかいニラの風味以上に、甘みが素晴らしい!

生の花オクラは、サクサクした歯触りで、オクラと同じような粘りと味が軽~く味わえます。

茹でた花オクラ。色がうっすら緑色がかりますね。
粘りと甘みが増します。


上記の3種のタレでの味の比較。
左上:梅とかつお節のノンオイルドレッシング
右上:だし醤油
下:マヨネーズ

ニラの花はどれも合います。

生の花オクラは、だし醤油が一番合うかな。

茹でた花オクラは、だし醤油はもちろんですが、梅とかつお節のノンオイルドレッシングもいけました。
でもマヨネーズはイマイチ。。。


花の時期はほんの一瞬。
今年も初秋のエディブルフラワーが味わえましたハート






  

Posted by かるだ もん at 21:26Comments(0)日々・季節
筑波山南麓 なごりのヤマザクラと、見頃のヤマツツジ・ヤマブキ


先週4/23(日)、筑波山南麓のヤマザクラの様子を見に、行ってきました。

ヤマザクラはやはり先週位がピークだったのかと思いますが、この日もまだ咲いている木が結構ありました。
ヤマザクラは、ソメイヨシノと違って一斉に咲くわけでないので、開花にばらつきがあります。でもそれが全体的に見頃を長くするので、良いものです♪



4月下旬、新緑も目立ってきて、パッチワークのような景色が春を感じさせる 筑波山南麓。

国松の県道付近から見える、筑波山南西部分の中腹一帯。
筑波山梅林がある付近からちょっと上の一帯に、この時期に開花するヤマザクラが集まっているようです。


ということで、筑波山梅林に行ってみました。

梅の季節から1カ月後の4月下旬の筑波山梅林は、人出もぐっと少なく、落ち着いて自然を感じられますグッド

豆電球ご参考→ 今年2017の梅まつりの頃の梅林の様子。
     「筑波山梅林 梅まつり 2017年3月5日



でも今度は早咲きヤマツツジが見頃を迎えていて、鮮やか。

近くに遠くに、ヤマザクラハート







つぼみをたくさん付けたツツジも多いので、これからがツツジの本番ですね。
(GW頃はツツジ見物のお客さんでいっぱいになるかな)

筑波山男体山を望む。
1カ月前位までは、梅の花が香っていた木々も新緑の葉。

豆電球筑波山のツツジについては、詳細は、
筑波山ケーブルカー&ロープウェー ホームページ > 2017筑波山のつつじ開催 
つくば観光コンベンション協会 ホームページ (ライブ交通情報もあり)


満開のヤマザクラもあちこちに。

新緑の葉を伸ばし始めたアジサイもたくさんありますので、5月下旬ごろから今度はアジサイが楽しみになりますね。









工事中の見返り台近くから、市営第一駐車場へ下りる細い山道には、ヤマブキがたくさん開花していました。










この白い花は、何という名前の植物の花でしょうか。










市営第一駐車場へ降りてきた道の入り口を見ると、「筑波山 四季の道」の案内板が。
「健脚者向き」の立て看板。特に、ここから四季の道入口までは道は急なので、健脚でないと登れませんね~。









筑波山梅林駐車場(市営駐車場でなく昔からある、梅林入り口の駐車場)の敷地の傍らに引きは水量の多い湧水があり、
小さな石像や石碑などがあります。

説明板より、
・蟾(ヒキ)神社(ガマ神社)の小さな石碑
・六茂(ロクモ)稲荷
・六茂(ロクモ)湧水
・水掛ボケ除け地蔵
とのことにこにこ


さて筑波山を降りて、今度は北条大池の方にも行ってみました。



桜で有名な北条大池も、すっかり花は終わって新緑の季節。
池の向こうに見えるのは、宝篋山(小田山)。










でも宝篋山(小田山)の中腹にも、ところどころヤマザクラが咲いていました。

特に訪れた日の頃は、北条大池の方向の宝篋山の中腹の一部に、ヤマザクラがまとまって見える場所がありました。

昔は筑波山には松が多く、ヤマザクラはほとんどなかったそうです。
しかし昭和の終わり頃、松枯れ病で松が多く枯れると、野鳥が食べた実の種を運んできたのか、枯れた松の跡にヤマザクラが生えてきて、現在のようにヤマザクラが多く見られるようになったと、以前聞きました。
これも自然のサイクルなのでしょう。


この数日後4/29に、上記の場所に行ってみると、もう山桜はすっかり花期は終わり、筑波山も宝篋山(小田山)も、新緑が眩しくなっていましたキラキラ


【おまけ】


筑波山梅林のおもてなし館で飲んだ、ブルーベリースムージー。
ほどよい甘さで美味しかった!











お土産に、同じく梅林のおもてなし館で、つくば産の明日葉の辛味佃煮を購入。
筑波山麓で栽培した明日葉で作られているそうです。

明日葉が好きなので嬉しい♪ お弁当の付け合わせに入れようかな(^^)























  

Posted by かるだ もん at 21:53Comments(0)地域・お出かけ 日々・季節
茂木町のミツマタ群生地と、桜川市の桜



2週間ほど前の先日4/8(土)、思いがけず、満開のミツマタと、咲き始めたサクラの2つの春の花を愛でるドライブをしました。

茨城県側は桜川市のサクラ。
そしてそのすぐお隣、栃木県茂木町ではミツマタです。








最初は、桜川市に桜を観に行ってきました。

さくらまつりは開催されていましたが、この日(4/8)高峯付近の山桜はまだ咲いておらず…。汗
山桜は、翌週(4/16頃)くらいから見頃ではないか…と地元の方のお話。









臨時駐車場をされているお宅の方から、
高峯を越えて(隣接する)茂木(栃木県)の方に、ミツマタの群生地があるから、もしお時間があるならそこに行ってみると、良いですよ
』と教えて頂き、行き方を伺って行ってみることに。

不安になりながら山を越えて茂木に入り、山間の集落の道を走っていきます。
(道に時々立っている、手作りっぽい標語が、いろんな意味で味わいがあったり・・・)

教えて頂いた通りに、しかし思ったより かな~~り汗走っていくと、『ミツマタ群生地(やじるし)』と書かれた小さな看板を見かけるようになり、それを頼りに行くと・・・。
ひなびた山間に駐車場がありました。

人が何人か森の方へ歩いていきます。
人の流れに従って行ってみました。

・・・すると。


森の中に、低木のミツマタの群生が花を咲かせているではありませんか。
こんなに大量のミツマタのの木々は初めて!もうびっくりですびっくり

遠目にクリーム色の花が無数に咲いているのがわかります。








ミツマタはこんな花。
外側は白く、内側が黄色い小さい花が半円球状に集まって咲きます。
だから遠目にはクリームがかった花に見えます。
(なお園芸種には、内側がオレンジ色のものもあります)


我が家の庭にも1本ミツマタがあります。1本だけだと、香りはよくわかりませんが、
これだけ群生していると、ミツマタの花にも甘い良い香りがすることが分かりますキラキラ



雨の降った後で、斜面にある散策路はかなりすべって歩きにくいのと、道が狭いので、一方通行の指示に従って、おそるおそる歩きました。

人の背よりもずっと高く成長した、たくさんのミツマタの木々が一斉に花をつけている中にいると、不思議な浮遊感を感じます。

美しい!
そして、なんと幻想的なキラキラ


遊歩道の順路前半は土のままなので、雨の時は粘土っぽくて、かなり歩きにくかったです。
順路の後半は、木で整備されていて、だいぶ歩きやすくなって助かりました。


説明の看板によると、戦時中、和紙の材料にということでミツマタを植えたのが始まりだそう豆電球

針葉樹の森の中にあるので、神秘的でさえあります。
『妖精の森』のキャッチフレーズも、納得。







遊歩道の途中(一番奥の辺り)にある洞穴。看板によるとマンガン鉱の採取跡とのこと。びっくり
かなり古い採掘跡の印象。穴の奥は深くてよく見えませんでした…。










帰りがけ、駐車場のそばの地元ボランティアの方のおられるテントで、地元のお米でつくったおにぎり(鶏から揚げ付き)を購入。美味しかった!

素晴らしい景色を見させて頂いたハートので、保全のための寄付もちょっとだけ入れさせて頂きました。






いわゆるガイドブックは、県別になっているので、隣接している(県外の)見どころの情報は全くありません。
地域の情報発信も、自治体のエリア単位がほとんど。
だから、見どころなど知らないことが多いです。

でも生活している人にとっては、隣接地は県境を越えて生活圏内なわけで、こういった嬉しい情報も教えて頂けるグッド

こういった『“県境”エリアの観光情報』は大事ですよねキラキラ


【おまけ】

帰りは山を越えず、下の道(広い♪)で楽々、桜川市に戻りちょき
桜川の磯部稲村神社や、近くの磯部桜川公園の桜を観てきました。



磯部稲村神社
境内では深緑の針葉樹を背景に、光が当たったように桜色が映えます。
これから咲き始める桜の種類も多いようです。








磯部桜川公園の桜の木々。
訪れた4/8は、木によって開花はまちまちで、一番咲いていてもまだ五分咲きぐらいでした。









桜川磯部神社の糸桜。
儚げなのに艶やかな桜。

「さくらまつり」開催中で、桜川磯部神社では、地元の名産品も売られていました。








この日はあいにくの曇りでしたが、晴れていて、ヤマザクラが見ごろの時だったら、こんな景色が見える・・・とのことで、神社の近くには写真が貼ってありました。

これが見られたら、どんなに素晴らしいことでしょうハート







【本日のお土産】


茂木では、ミツマタ群生地に行く途中で、偶然見つけた和菓子屋さんがありました。
山間のお店なのに、車がたくさん停まっていて、人が並んでいました。

幸運にも、名物という『羽二重苺』と『鯉もなか』を購入。







『鯉もなか』は、
ゆずあん と つぶあん の2種類。
私はゆずあんが好き♪








そして行列の出来ていたのは
『羽二重苺』。
中の小豆あんと生クリームと大きなイチゴももちろん美味しいのですが、驚くのは
周りのおもちが口の中で溶ける♪ 
すごく美味しい!ハート








桜川では、最初行った高峯の近くの臨時駐車場のお宅(茂木のミツマタを教えて下さった)のブースで、桜の花のラスクを購入。
春っぽいですよねハート
他にもセリなど野菜も購入♪

桜川の磯部稲村神社では、さくらまつりのイベントで、地元の物産を売るブースがあり、
桜の花の形をした、地元のおせんべいを購入。

昨年の、山桜の時期の高峯の写真付き。
また今度、是非、高峯の山桜が観たいです。


おもいがけず、2種類の春の木の花の群生を満喫したプチ旅でしたグッド







  

Posted by かるだ もん at 23:04Comments(2)地域・お出かけ 日々・季節
桜の季節の前哨戦!雨引観音の河津桜2017


先日3/12(日)に、桜川市にある雨引観音(雨引山楽法寺)に行ってみましたキラキラ

豆電球雨引観音 公式サイト
http://www.amabiki.or.jp/

豆電球桜川市観光協会サイト
http://www.kankou-sakuragawa.jp/page/page000008.html


広い境内に約3000本!の桜があるという雨引観音。

587年(用明天皇2年)に、梁(中国の江南地方)から帰化した法輪独守居士によって開山としたと伝わる、大変歴史ある古刹キラキラ
(頭の中に、山岸凉子『日出処の天子』の話が浮かびますハート ←大ファン♪)

上記の同寺のサイトによると、3月上旬から4月下旬にかけて、
河津桜から始まって、江戸彼岸桜、染井吉野、山桜、里桜(ぼたん桜)
と順次開花していくという、桜の名所ハート

先日行きましたが、その『The 桜の季節』の前哨戦ともいえる河津桜が、既に見事でしたハート


駐車場付近の河津桜
期待が高まります♪









古刹の建物に生える河津桜










参拝客で賑わう境内。
安産・子育て』の御利益で有名なお寺のためか、お子さん連れ、赤ちゃん連れがとても多い。

これからこの境内の中で次々に桜が咲いて行くのですね(*^^*)







桜が終わったら、今度は紫陽花の季節。
今は一見冬枯れの様子の紫陽花も、着々と開花に向けて待機中といった感じ芽


この日は残念ながら、境内に放し飼いだというクジャクには会えませんでした・・・残念~泣
人出が多いので、山の方に隠れてしまったか・・・走る
(売店の方に訊いたら『朝はその辺にいたのですが・・・』だそうです)





境内から筑波山もよく見えましたグッド

ソメイヨシノの頃はめっちゃ混みそう・・・。
ヤマザクラの頃に、また来たいです笑
奇祭で有名なマダラ鬼神祭も一度見てみたいグッド






【本日のお土産】


★純米酒『雨引山』 延命水込み
 
桜川市真壁町の西岡本店のお酒。
 豆電球西岡本店さんについては、以前、蔵で行われたアート展について当ブログで報告しましたので、良かったら。
 → 木とひょうたんの精の供宴 in 酒蔵&神社お参り

美味しいです!しかもリーズナブルなお値段。
雨引山の湧き水『延命水』仕込みというのがまた、ありがたさを増しますハート

 豆電球ちなみに、真壁のお酒にまつわる昔話についても、以前ブログに書きましたので、こちらも良かったら。
 → 大人の♪いばらきおとぎ話3~酒にまつわる茨城昔話その2-(1) 仏像も思わず飲んでしまう、茨城のお酒!?


★『雨引観音名物 ぬれ焼
 ぬれ煎餅ですが、これも美味しい。味付けが丁度良いのです。
 ぬれ煎餅があまり好きでない家族達が『これは旨いっ』と一気に食べてしまいました~。
 桜川市真壁町の まるせん米菓さん製造。

★『雨引山土産 みそかりんとう
 これも美味しい。程よい甘さの上に、味噌の風味がしっかりとする。
 桜川市真壁町の 鈴木醸造さんの製造。醤油・味噌屋さんだからこその味わいなのですね、納得。


右:ぬれ焼(ぬれ煎餅)
左:みそかりんとう









真壁のお土産、レベル高いです!
今度行ったら、また絶対買うぞちょき








  

Posted by かるだ もん at 21:26Comments(0)地域・お出かけ 日々・季節
プロフィール
かるだ もん
かるだ もん
徒然なるままに、興味のあることを気ままに書いています。好きなことばは「中途半端も、たくさん集まればいっぱい!」(ドラマのセリフ)

地元つくばや茨城の話題を中心に、茨城の食材を使った家庭料理、民俗学もどき、国際交流、旅の話題など、趣味の記事を掲載中。

特に自分の勉強も兼ねて、
★民話・伝説紹介と、それにちなむ土地めぐり
★茨城を中心に、全国の郷土料理と食材(世界の料理も含む)の話題
の話題が多いです。

・ヒッポファミリークラブ(多言語自然習得活動と国際交流)
・観光ボランティア
・郷土食研究会うまかっぺ!茨城



オーナーへメッセージ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 5人
アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE