シリーズ「筑波山名跡誌に書かれた場所を訪ねて」 (4)亀之岳


江戸中期の”ガイドブック” 『筑波山名跡誌』(上生菴亮盛 著)に書かれた名所・旧跡を訪ね、興味のおもむくまま♪ 関連する話題も調べるシリーズです。
(筑波山名跡誌に記載されている順ではありませんので、その点、ご了承ください)


今までのお話
豆電球シリーズ『筑波山名跡誌に書かれた場所を訪ねて』 (1)常陸帯宮(前編)
豆電球 シリーズ『筑波山名跡誌に書かれた場所を訪ねて』 (1) 常陸帯宮(後編)
豆電球シリーズ「筑波山名跡誌に書かれた場所を訪ねて」 (2)男女川(水源)
豆電球シリーズ「筑波山名跡誌に書かれた場所を訪ねて」 (3)夫女之原、夫女石


第4回の今回は、『亀之岳』についてです。





文献1の『筑波山名跡誌』では、『亀之岳』と書いて『かめがをか』とルビを振っています。

同書によると、
夫女が原の東の方にあり。山の形亀の甲に肖(に)たるゆへに、亀が岳(かめがをか)と名づく
とのこと。
『岳』というと、峻嶮な山を想像しますが、ルビは『をか(おか)』です。

ちなみに、文献2の『筑波山』では、『亀(※)之岡』と記載しています。
(※『亀』の字は、旧字の『龜』)
なお解説内容は、筑波山名跡誌とまったく同じで、筑波山名跡誌の引用だけで終わっています。

さて話を『筑波山名跡誌』に戻しますと、
亀が岳には名産があったとのことで、
此岳蓍(めどぎ)の名産にて・・・
続いて
一株百茎(きやう)の下には必ず亀ありて負うと。依って亀が岳と号すと。一株百茎は稀にして得がたし
とあります。

続いて同書は、

・丹波の亀山と、この亀之岳は、日本蓍の名産で、易の占い師が信用する品
・毎年(旧暦)7月7日の夜、地元の人は、このメドギを採り、夫女石の上に晒し、これを易占い使う


旨が書かれています。

一株百茎の下には必ず亀ありて負う・・・がどういうことを指すのかよく分かりませんが、
たぶん、亀の甲のような地形に密集して茂るメドハギ(=めどぎ)は珍しく、そこに昔の人(特に占い師の世界で)は神秘を感じ、より占いの道具の材料としての格を感じたのかもしれません。

ちなみに、古代は亀の甲を使って占いをしたと言います。
丹波(今の兵庫県東部)の亀山も『亀』の字がありますし、吉祥の動物『亀』に似ている土地というのも、聖なる土地の表れだと、昔の人は感じたのかもしれませんね。


【名産の蓍(めどぎ)とは?】

『蓍(めどぎ)』は、メドハギという植物を指すそうです。
『ハギ』の名がつくので分かる通り、メドハギは、秋に咲く萩(はぎ)の仲間です。

メドハギは、日当たりのよい晴れ草地に生える芽雑草で痩せた土地でも育つそうで、我が家の庭にも、夏になるとメドハギが生えてきます(← 庭が痩せ地ってことですね汗

『蓍(めどぎ)』はまた、メドハギの茎を乾燥させて作った筮竹(易占という占いの道具)のことも指したよう。
なお現在は、占いに使われる筮竹は、一般的は竹製だそうで、竹ひごっぽく見えます。

豆電球筮竹は、長谷川町子原作の『サザエさん』の漫画(アニメでなくて原作の方)にしばしば登場していた町の易者のおじさんの道具として描かれていましたっけ。

豆電球ちなみに『当たるも八卦、当たらぬも八卦』の『八卦』は易占から来た言葉です。

その筮竹の材料として、丹波(現在の兵庫県東部)の亀山と、この筑波山麓『亀之岳』で産する『日本蓍』が、易者の人々に信頼されていた旨と、筑波山名跡誌の著者、上生庵亮盛 は書いています。


【亀之岳(かめがおか)はどこ? 】

文献3の『筑波誌』では、『裳萩津』の項で、
裳萩津(もはぎつ) 又 妹背(いもせ)ヶ原(はら) 夫女原(ぶじょがはら) 亀(かめ※)ケ岡(をか)等の名あり』(※『亀』の字は、旧字の『龜』)
として、前回紹介した夫女原の別名と記載しています。

以上、文献1~3を総合すると、

・夫女ケ原の東にある
・夫女ケ原の別名でもある。→ 夫女ケ原に隣接するか、ほぼ同じエリアか?
・蓍(めどぎ)がたくさん生えている。蓍は筑波山の名産とされた。
・『亀の甲』のような形の丘なので、『かめがおか』と呼ばれたという。
・亀之岳に生えているメドギを、(旧暦)7月7日の夜に刈り取って、夫女石(ぶじょいし/ぶじょがいし)の上で晒したものが、易占に使われたという。

ということのようですね。


7月7日の夜、刈ったメドギを晒したという、夫女石。










夫女が原の東は、谷と言いますが、沢になっています。
上流には、古くから修行の場だったという白滝と、不動尊を祀る白滝不動があります。

写真は、夫女ケ原の東側よりも下流の、六所の滝付近。
上流はもっと急な沢になっていると思います。






最初、私は、『岳』という字があてられているのもあり、夫女ヶ原の東側の谷を挟んだ向こうの山(現在はゴルフ場)を、『かめがおか』と呼んでいたのかと思いました。

しかし、刈り取ったメドギを『夫女石の上で晒した』とあります。
そうすると、作業効率からいっても、谷を渡って刈り取ったメドギを運んだとは考えにくい。

やはり、『かめがおか』は夫女が原に隣接するエリア もしくは、夫女が原が含まれる一帯と考えた方が自然だと考えます。

地形図を見ると、夫女が原一帯から東のエリアはゆるくなだらかな尾根になっています。
草原状態ならば、『亀の甲』に見えそう。




上の地図は、筑波山麓フットパスの一部です。
豆電球詳細は、つくば市ホームページでダウンロードできます。
 → つくば市フットパスマップ


現在、夫女ケ原一帯は、前回でもふれたように、つくば市の宿泊・学習施設『筑波ふれあいの里』の敷地となってます。

筑波ふれあいの里の敷地内の、長いローラー滑り台があるあたり。
一帯がゆるやかな下り坂の岡だというのがお分かりになるかと。
今は木がたくさん生えていますが、江戸中期の頃は草原だったのですね、きっと。





こちらは、キャンプ場・ロッジがあるあたり。
夫女石の北東にあたります。

私は、たぶんこの辺りから南の、なだらかな下り坂の岡が、
『かめがおか』=亀之岳/亀ケ岡
ではないかとニラんでいます笑






【なぜ、筑波山の蓍(めどぎ)が珍重されたのか?】

さて、蓍(めどぎ)ことメドハギは、日当たりのよい草地でよく見られる雑草。それ自体は珍しい植物でないです。

筑波山名跡誌が書かれた江戸中期、メドハギは珍しい植物だったかどうかは不明ですが、多分、現在と同じく雑草としてよく見られるものではなかったでしょうか。

そうすると、どうして、『筑波山のメドギ』は占いの道具として重宝されたのでしょうか。

理由の1つは、先にも書いた、亀の甲に似た土地に繁茂する姿が珍しいとされたことでしょう。

あともう1つの理由は、ここからは私の想像ですが、前回 の『夫女之原、夫女石』にも書いた様に、

古代から 『筑波山の二神』が現れていると畏敬された聖なる岩 『夫女石』 がカギなのではないかと思います。


二つで一つの、夫女石。

その聖なる岩のある土地の近くで採取され、聖なる岩の上で干されたメドギだからこそ、神が宿っているメドギとして尊重されたのではないか。

筑波山名跡誌には、
(旧暦)7月7日の夜に、メドギを採り、夫女石の上に晒したとあります。
7月7日といえば、七夕の節句!キラキラ 

夫婦神のおわす筑波山のふもとにある、夫婦神の姿に似た2つの巨石『夫女石』の上で、七夕の夜に刈られ、一晩置かれた蓍(めどぎ)。

確かに、特別な力を持ちそうです!グッド


この辺りは、夫女石の他にも、大小の転石がたくさんあります。
筑波山頂付近の斑レイ岩が、風化して割れて大きな石となり、土石流などでここまで落ちてきたと考えられるそうです。








【現代にも復活させて、是非、縁結び占いやグッズに♪】

もし、今もこの一帯でメドギ=メドハギ が採れるとしたら。
夫女が原は、現在は林となっている場所も多く、草地の部分はあまり多くないように見えます。
でも、日当たりのよい草地ならば、メドハギは生えていそう。

そんなメドハギを、七夕の夜に刈って夫女石の上で一晩置いて恋占いや縁結びのグッズとして使えるのではないか♪ハート
と、ちょっと妄想しています(^^)。

 豆電球恋占い・縁結び・・・と言えば、このシリーズ第1回に書いた、男体山山頂そばにある、常陸帯宮 も連想しますね。

おみくじの棒のような使い方でも良いし、クラフト的なチャームを作っても良いしハート
いかがでしょう(^^)v

とりあえず、来年の夏ごろ、うちの庭に生えたメドハギを刈って干して、何か作ってみようかなちょき

続きます♪

シリーズ「筑波山名跡誌に書かれた場所を訪ねて」 (4)亀之岳


************************************************************
【参考文献】

1. 『筑波山名跡誌 安永期の貴重な地誌再現』 上生庵亮盛 著 桐原光明 解説 (ふるさと文庫) 筑波書林 

2. 『筑波山<交通世界社版>』 岩上長作 著 崙書房

3. 『筑波誌 <筑波山神社版>』 杉山友章 著 崙書房

4.『ヤマケイポケットガイド① 野の花』 木原浩 著 山と渓谷社







  

シリーズ「筑波山名跡誌に書かれた場所を訪ねて」 (3)夫女之原、夫女石



江戸中期の”ガイドブック” 『筑波山名跡誌』(上生菴亮盛 著)に書かれた名所・旧跡を訪ね、興味のおもむくまま♪ 関連する話題も調べるシリーズです。
(筑波山名跡誌に記載されている順ではありませんので、その点、ご了承ください)


今までのお話
豆電球シリーズ『筑波山名跡誌に書かれた場所を訪ねて』 (1)常陸帯宮(前編)
豆電球 シリーズ『筑波山名跡誌に書かれた場所を訪ねて』 (1) 常陸帯宮(後編)
豆電球シリーズ「筑波山名跡誌に書かれた場所を訪ねて」 (2)男女川(水源)


第3回の今回は、『夫女之原、夫女石』についてです。

『筑波山名跡誌』の文章をそのまま引用しますと(文献1)、

夫女之原(ぶじょがはら) 夫女石(ぶじょいし) 筑波町の東に曠々(こうこう)たる芝原あり。原の離附(みなみより)に方五六丈の奇石二つあり。其形男女の並たる如くなれば、夫女石とも、夫婦石とも、陰陽石とも名付(なづく)。此石に依て夫女が原といふ。』

春と秋の年に2回行われる、筑波山の『御座替祭』。
明治以前は、御座替祭で、お神輿は必ず、この夫女石に立ち寄ったとのことです(文献2)。

この写真の二つ1組の巨石が、その夫女石です。




和銅六年(713年)に編纂が命ぜられ、養老五年(721年)頃成立したと考えられる(文献2)、古代の地誌である『常陸国風土記』。
また天平宝字三年(759年)成立したという、現存する最古の歌集『万葉集』。

これらの文献に出てくるのが、『筑波峰之会(つくばのかがい)』(常陸国風土記)、『嬥歌会(かがい)』(万葉集)。
『歌垣(うたがき)』とも呼ばれる集まりで、男女が集まって歌を交わしたり踊ったりと、要は合コン・出会いの会だったようですキラキラ

その古代の合コンが行われたのが『裳羽服津(もはきつ)』と呼ばれる場所で、筑波山のどこにあったかは候補地はいくつもあるようですが、有力な候補地に、先に書いた『夫女之原』が挙げられます。
(文献2では、裳羽服津は夫女之原だと言い切っていたりします)


夫女石のある一帯、つまり夫女ヶ原は、現在はつくば市が運営する宿泊・キャンプ場施設『筑波ふれあいの里』となっています。










施設内の案内図。










広い敷地の一角の木立の中に、2つの巨石が寄り添うようにたたずんでいます。
夫女石の説明板あり。


『筑波山名跡誌』によると、
当時、それぞれの石の上に桜の木生えていたようで、それを描いた挿絵も同書にあります。

同書の文を引用しますと、
二木相対して、枝を交(まじ)ゆ。斯(かか)る非情の木石までも、陰陽不離の理(ことはり)を顕(あら)はす。皆是二柱(ふたばしら)の神徳なるべし

当時はこの辺りは草原で、その中に、それぞれ桜の木が生えた夫女石が佇んでいたようです(山の上の方から夫女石が見えた旨の記載も同書にあります)。

その姿が、まるで『筑波山の夫婦神二柱の姿を現している』と考えられたのですねハート

聖なる夫婦の巨石がある、草原。
確かにこういう草原なら、嬥歌会を行いたくなりますねグッド

今は林の中にある夫女石。
これはこれで、趣があります。
(森の中でこっそり逢っているようなハート




別の角度から。

『筑波山名跡誌』が書かれた江戸時代の中頃、この辺りは草原で、なおかつ、この岩に桜の木が生えてたとは、ちょっと想像できないですね~。






さて、万葉集で歌われる『筑波山』を題材にした歌の多くは恋の歌で、かなり赤裸々な内容だったりします。
(文献3)


筑波ふれあいの里に敷地内に建てられた、りっぱな石碑には、万葉集にある『鷲の住む・・・』で始まる 
高橋虫麻呂の有名な歌(巻第九・千七五九)とその反歌(巻第九・千七六十)が、原文(万葉仮名)で!書かれています。

この偉そうな汗万葉仮名でめまいを起こしてはいけません(笑)
この高橋虫麻呂の歌も、赤裸々なというか情熱的なというか、夫婦で嬥歌会に参加して(既婚者も参加していた模様びっくり)、お互い、別の人と楽しんじゃっても、今夜は特別な夜だからOK!という歌なのです。

こういう歌が多いので、『嬥歌会(かがい)』と聞くと、いろんな妄想が飛び交うわけです(^m^)
※その内容を考えると、この威風堂々として石製(たぶん、筑波山系の花崗岩)に、漢字が並んだ万葉仮名で、すんごい内容の歌を掲げている、愉快な石碑なのではないかな、この石碑グッド


ところで、明治41年に書かれた 『筑波誌 <筑波山神社版>』(文献3)の『裳萩津(もはぎつ』の項には
又 妹背ヶ原(いもせがはら) 夫女原(ぶじょがはら) 亀ヶ岡(をか)等(とう)の名あり
とあり、
神社に伝わる古い書籍にある(『舊記(きうき)に見えたり』)として、
上代に、毎年2月8月の両月のそれぞれ2日間に、
裳萩津の東西に引き幕を張り(『幄(あく)をはり』)、
西には『童男』を東には『童女』を集め、
その間に『歌垣と称し垣を結い』、
童男が先つ掛歌(かけうた)を同音に歌ふ、次に童女が和歌(こたへうた)を同音に歌ふ、これを嬥歌の祭りといふ


なお『童男は十三歳以下、童女は十二歳以下
だったそうで、『此の祭り、絶えたるはいつ頃なるか定かならず
だそうです。

これを読むと、万葉集にある恋の歌とは趣が違う、子供達の神事のような感じです。


そうすると、現在の、夫女ヶ原=つくば市筑波ふれあいの里 は子供たちの合宿所・研修所として、ぴったりな気もしますちょき
そば打ち、草木染めなどの体験もできる施設もあり。

うちの子供達も、市のイベントで泊まったことあります。

またバーベキュー施設もあるので、婚活イベントも出来そうキラキラ
(実際、やっていそう♪)

どちらにしても、古代から現代に至るまで、夫女ヶ原は、生きている土地という気がします笑

続きます♪


************************************************************
【参考文献】

1. 『筑波山名跡誌 安永期の貴重な地誌再現』 上生庵亮盛 著 桐原光明 解説 (ふるさと文庫) 筑波書林 

2. 茨城県立歴史館 企画展図録『特別展 筑波山―神と仏の御座す山―』

3. 『万葉集にいきる筑波山』 宮本千代子 著 常陽新聞新社出版局 発行 新幹社 発売

4. 『筑波誌 <筑波山神社版>』 杉山友章 著 崙書房



















  

あこがれの!日光東照宮の『うぐいす笛』


書こう書こうと思って、今になってしまいました。


今年の7月、日光に行きました。

修繕中の輪王寺を見た後、東照宮の入り口に行くと・・・

ホーーーー ホケキョ♪』 の妙なる音。







おられました! 
手作りうぐいす笛を売るおじいちゃんが!

小さい頃(もうウン十ウン年前のこと)、親と日光観光に来て東照宮に来た時、
ホーーー ホケキョ♪
とうぐいす笛を売っておられました。
すごく欲しかったけど、買ってもらえず泣・・・。

小学6年の時、修学旅行で日光に来ました。
その時も、うぐいす笛を売っておられました。
でもお小遣いが少ないので、買えず・・・泣
(あの頃は、『おじいちゃん』でなく、もっと若い『おじちゃん』ですね♪)

大人になり、子供を連れて東照宮に来ると。
昔と同じように、参道前で売っておられました!

ホーーー ホケキョ♪』の音に惹かれた子供にねだれて、
1つ買いました。
今から15年ほど前のことです。

その後、子供はうぐいす笛にそろそろ飽きたころだと思い、『おかあさんに頂戴』と訊いてみましたが、
『だめ、これは私の!』とくれませんでした・・・(笑)
ちなみに、娘は今もこのうぐいす笛を手放しません~。


そして、今年の7月、大人の一人旅(というか、日光ウルトラマラソンに出た連れ合いの応援)で、日光に行きました。


昔からと同じく、おじいちゃんは、そこで
ホーーーー ホケキョ♪
と妙なる笛の音を吹きながら、
東照宮の大きな参道入り口前の傍らに座っておられました!

これは、もう、絶対、自分の為に、うぐいす笛を買う!!グッド

『・・・昭和30年から あなたをお待ちしていました・・・』という手書きのポスターに、
ワクワク感がさらに高揚ハート

おじいちゃんのそばに駆け寄って走る、『笛、下さい!』と声をかけました。

おじいちゃんは、ニコニコ笑しながら、
『口の動くのが700円、動かないのが500円、どちらにしますか?』
と聞かれる。

それは、もう、絶対、口が動くのが欲しい!
(そして、私は今、大人で、700円は軽く出せちゃう♪)

『口の動く方を下さい!』
と、ウン十ウン年来念願の、うぐいす笛を買いました!\(^o^)/

おじいちゃんは、吹き方を簡単に教えてくれました。


ああ嬉しい!
しばらく、ニヤニヤ、笛を眺め、吹いてみたり。

可愛いよね~ハート

そして、私でも
ほーーーー、ほけきょ!
と吹けちゃうグッド

私もうぐいすになった気分ハート
(ちなみに、この笛を購入した時の7月のつくばは、早朝など時々、まだうぐいすの声が聞こえました)

でもおじいちゃんのように、のびのびとした、空に抜けるような音にはならない。
・・・やっぱり年季と修行だよね。


豆電球その後、雑誌『暮らしの手帖』(NHK朝ドラ『とと姉ちゃん』のモデルになったあの有名雑誌)の、第79号(2015年12-2016年1月号)に、
日光東照宮参道前で うぐいす笛を売る、あのおじいちゃんの特集記事があるのを知り、
図書館で借りました。

ひきだし第11回 うぐいす笛の丸茂さん』という記事。
丸茂さんとおっしゃるんですね、うぐいす笛のおじいちゃん。

すべて完全な手作りとのことキラキラ
半生のこと、ご家族のことが、優しい文章で綴られた記事。
外国のお客さんにも、それぞれの国のことばでお話をされている・・・とは、お近くのお土産物屋さんの談。
かっこいいハート

2015年末の記事では84歳とのことなので、今年2017年では、86歳!びっくり
どうぞ、お体にお気をつけて。

うぐいす笛、買えて良かった!
酉年の今年、買えたのも、ちょっと運命を感じたり♪

素敵なうぐいす笛が、世界中の人に愛でられますように。

来年の春は、このうぐいす笛で、
家の近くで鳴く うぐいす と勝負!
しようと思ってますグッド



【おまけ】


ちなみに、15年ほど前に娘に買ったうぐいす笛には、緑色の薄いプラスチック製の羽がついていています。
今回、買った私のには羽はありません。
年とともに、バージョンがちょっと変わるっぽいですちょき






*****************************************************
【参考文献】

『暮らしの手帖』 第79号(2015年12-2016年1月号) 暮らしの手帖社






  

プロフィール
かるだ もん
かるだ もん
徒然なるままに、興味のあることを気ままに書いています。好きなことばは「中途半端も、たくさん集まればいっぱい!」(ドラマのセリフ)

地元つくばや茨城の話題を中心に、茨城の食材を使った家庭料理、民俗学もどき、国際交流、旅の話題など、趣味の記事を掲載中。

特に
★民話・伝説紹介と、それにちなむ土地めぐり
★茨城を中心に、全国の郷土料理と食材(世界の料理も含む)の話題
の話題が多いです。

・ヒッポファミリークラブ(多言語自然習得活動と国際交流)
・観光ボランティア
・郷土食研究会うまかっぺ!茨城



オーナーへメッセージ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人
アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE