筑波山神社 ご神橋の修理工事


筑波山神社のホームページ( http://www.tsukubasanjinja.jp/ )には記載はない(H30年8月19日現在)ようですが、
茨城県指定文化財でもある、ご神橋が修理工事中です。


掲示された看板によると、工事期間は、
平成30年5月23日~平成31年10月31日
とのこと。

ということは、1年以上後の
来年の11月1日の秋の御座替祭に
きれいになった姿キラキラが見られる
ということですね。





脇に寄せられた、橋の周りの奉納の石柱の数々。










・・・でもせっかく筑波山神社に行ったのに、来年の秋まで見られないじゃないの泣
・・・という方、工事施工の看板に注目!

工事をしているのが、『金剛組』!

こちらの会社、寺社建築専門であり、創業が飛鳥時代 西暦587年!
 詳細: 金剛組ホームページ http://www.kongogumi.co.jp/index.html

578年といえば、聖徳太子の時代ですよっ!びっくり

上記の同社ホームページによると、2006年からは『株式会社高松コンストラクショングループの一員とのことですが、それにしても、日本最古の、一説によると世界最古の会社。

さすが、茨城県指定文化財の修繕工事です。

ご神橋の姿は来年2019年(11月は『平成』ではありませんね)の秋までお預けですが、この看板は一見の価値がある!かもしれませんちょき



でも工事中の覆いに囲まれた姿はさみしいので、
工事の2か月程前、今年2018年3月上旬撮影した ご神橋の写真の掲載しますね笑

まずは鳥居をくぐって見えてくる姿。
(この記事冒頭の、工事中の写真と見比べてみて下さいね♪)








正面から近づいて、天井方向を見たところ。
(2018年3月上旬撮影)











脇から見た姿。
こうやって見ると綺麗ですねハート
(2018年3月上旬撮影)








このご神橋は、
寛永十年(1633年)三代将軍 徳川家光が寄進
元禄15年6月(1703)五代将軍綱吉が改修

(筑波山神社ホームページ 「みどころ」ページ http://www.tsukubasanjinja.jp/guide/midokoro.html より)
とのこと。 

修繕工事が終わったら、きっと江戸時代初期から中期の頃のような、鮮やか姿になってお目見えするのかなキラキラ

その時を楽しみにしていましょう♪







  

茨城こんなもの見つけた♪(40) 筑波実験植物園のガイドブック

国立科学博物館別館の筑波実験植物園は、広い園内に様々な植物が植えられているので、見どころのポイントなどのガイドブックあると良いなぁと思っていたら、ありました!


植物園の歩き方 筑波実験植物園のガイドブック

全64ページにコンパクトにまとめられているので、見学のポイントの入門編として、とっつきやすいと感じます。
(いきなり、専門的な話をたくさん載せられても、多くの人は引いてしまいますものね)

各エリアの見どころとか、代表的な植物のポイント・特徴など、分かりやすいですグッド

また切り口も、例えば『環境の適応』で、『気にのぼる』とか『水に潜る』とか、そういう見方、考え方があるんだ!と面白い豆電球


でもやはり、栽培されている植物1つ1つを説明している図鑑があると、見学しながら調べられて良いなぁと、私は思うのですが。

もちろん、筑波実験植物園の公式サイトには、『植物図鑑』として、検索機能付き園内の植物の詳しい紹介が掲載されています豆電球
 → 筑波実験植物園サイト 『植物図鑑』 http://www.tbg.kahaku.go.jp/recommend/illustrated/

パソコンがあると、これでバッチリ調べられますキラキラ
園内でも、スマホなどで、このサイトで植物を検索しながら見る・・・という方法も可能でしょう。

でも、やはり、(´-`).。oO(紙媒体や書籍として栽培されている植物一覧(簡単な図鑑)があると良いなあ…と思うのです。
スマホなどは、電波状態が悪かったり、バッテリー消耗もあったりで、屋外ではやはり使いにくいですから。

書籍は難しいのでしょうかねぇ汗・・・(お金もかかる?)。

しかしまあまずは、このガイドブック『植物園の歩き方』は、例えばこの季節は夏休みの自由研究のヒントにもなったりしそうですし、読んでいると、普段の身の回りの植物の見方も変わってきて勉強になるので、1冊持っていると良いです♪ちょき

  

【家庭で堪能!おいしい 茨城&つくば(87)】 結城&福井の郷土食コラボ♪ すだれ麩ときゅうりの胡麻からし酢味噌和え


先日、NHKの『歴史ヒストリア』で、『戦国の不死鳥』ということで、なんと!小田氏治が取り上げられましたよねキラキラ

『戦国の不死鳥』(『戦国最弱の大名とも…^^;)と呼ばれるもとになった、小田氏の居城だった小田城は、つくば市の小田地区にあります。
国指定遺跡の小田城址(『小田城址歴史ひろば』)につきましては、以前、書いた記事
 → “ 小田城跡歴史ひろば ” の歩き方(入門編)
もご参照ください(^^)ちょき

さて小田氏治は、最後は城を取られて、結城の結城秀康の所に身を寄せて(氏治の娘が秀康の側室だったらしい)、結城秀康の越前(今の福井県)移封に伴い、福井に移ってそこで没しています。

Wikipediaによると、結城秀康は越前への移封後は、越前北ノ庄藩初代藩主となり。越前松平家宗家初代となったとのこと。
その縁で、現在、茨城県結城市と福井県福井市は友好都市になっています。
 豆電球詳細:結城市ホームページ http://www.city.yuki.lg.jp/page/page000826.html

越前に移った後の小田氏治の詳細は不明のようですが、70歳前後でその地で没したことだけは分かっているようです。


・・・前置きが長くなりました(^^;)


先日、福井県福井市方面に行く機会があり、宿の朝食に
福井の郷土料理 胡瓜と角麩の辛子和え
があって、食べると美味しくてびっくり!ハート
『家でも作りたい!』と思いました。

写真は宿の朝食に出た 『きゅうりと角麩の辛子和え
お麩が大きいのが分かりますね。
これが『角麩』のようです。

この『角麩』が決め手なのですが、これは茨城では手に入りません泣…。



一方で、
福井市の友好都市キラキラ 茨城県結城市にも独特の『麩』があります。
その名も『すだれ麩

これを使うと、二つの土地の郷土料理コラボが出来るではありませんか!!

結城では、このすだれ麩を使った『すだれ麩の ごま酢和えは、冠婚葬祭の料理の定番だそうです。
同様に、福井の『胡瓜と角麩の からし和え(からし味噌和え)』も冠婚葬祭の料理の定番だそう。





そこで!
結城秀康と共に越前(福井)に移った小田氏治の出身地小田があるつくば市在住の私めが、この二つの市のコラボ料理を作っちゃおう!ということで、

すだれ麩 と きゅうり の 胡麻からし酢味噌和え

を作ってみましたちょき
『胡麻』 『からし』 『酢』 『味噌』 と、ちょっと欲張りなタレですが、美味しそうでしょハート? 暑い夏に食欲湧くこと、請け合いです!グッド



【材料】 量は適宜

・(結城のすだれ麩

胡瓜

たれ: 酢、味噌、砂糖、からし粉、すりごま
   市販の『からし和えのもと』を使う場合は、塩味、甘味は既についているので、味噌と砂糖は味見しがら減らて下さい
   (味噌は隠し味、あとは酢とすりごまだけで大丈夫です)。


【作り方】

1. すだれ麩は、水に3時間ほど漬けて塩抜きした後、
  食べやすい大きさにカットしてから、沸騰したお湯で1分程さっと茹でて水切り。

2. 胡瓜は薄切りにして軽く塩もみしたあと、洗って絞って水切り。

3. からし酢味噌を作って、そこに すり胡麻 をお好みの量を加えて混ぜて、たれを作る。

4. 1、2、3を一緒に和えて出来あがり。

  冷蔵庫で半日~1日置いておくと味がなじんで美味しいです(ただし水が出てきますが)。

からし酢味噌あえは、特に夏の食欲のない時に、元気が出る味です!グッド
(ちなみに、このページ冒頭の写真は、すりすり胡麻を入れてないバージョン)

すだれ麩は、ちょっとハムみたいな口当たりで、辛子(マスタード)にも合って、とても美味しいですグッド
お試しください(^o^)




各郷土料理のレシピは、
●福井の『麩のからし和え』 : 福井どっとこむ https://www.fuku-e.com/
 トップページ > 福井の和食 > 季節と食 > 今月の福井ふるさとの味10月簡単レシピ 麩のからし和え
 http://www.fuku-e.com/files/wasyokusyoku/2015/7/appendsel_hkcr3eue3emkb4loh6dep90ua3_20150701090501.pdf
『からし和え』と名付けられてますが、レシピに味噌も入っているので、当ブログでは『からし味噌和え』としました。

●結城の『すだれ麩のごま酢和え』 
 『いばらきの味―郷土料理献立集 食・彩・百・景』 茨城県衛生部成人病対策課 編集・発行

を参考にさせて頂きました。


【『すだれ麩』いろいろ】
ネットで『すだれ麩』と検索すると、圧倒的に石川県金沢の『すだれ麩』がヒットします。
金沢は加賀百万石の地にして有名な観光都市なので、発信される情報量は敵いません(T_T)。

しかし金沢のすだれ麩 と 結城のすだれ麩は
・製法と材料が少々違う
・金沢のすだれ麩は生麩。結城のすだれ麩は乾燥させたものを更に塩漬け。

ということで、食材としてはかなり違うのです豆電球


【おまけ】

結城の すだれ麩 を使ったオリジナル創作料理は、以前書いた記事
 
 豆電球 【家庭で堪能!おいしい茨城&つくば(29)】 結城のすだれ麩と胡瓜の柿酢味噌マヨネーズあえ

 豆電球→ 【家庭で堪能!おいしい 茨城&つくば(69)】すだれ麩の包み蒸し 韓国風

もご覧ください笑








  

プロフィール
かるだ もん
かるだ もん
徒然なるままに、興味のあることを気ままに書いています。好きなことばは「中途半端も、たくさん集まればいっぱい!」(ドラマのセリフ)

地元つくばや茨城の話題を中心に、茨城の食材を使った家庭料理、民俗学もどき、国際交流、旅の話題など、趣味の記事を掲載中。

特に自分の勉強も兼ねて、
★民話・伝説紹介と、それにちなむ土地めぐり
★茨城を中心に、全国の郷土料理と食材(世界の料理も含む)の話題
の話題が多いです。

・ヒッポファミリークラブ(多言語自然習得活動と国際交流)
・観光ボランティア
・郷土食研究会うまかっぺ!茨城



オーナーへメッセージ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 4人
アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE