雨引観音 紫陽花と巨木とクジャク 2017


紫陽花を見に、雨引観音に行ってきましたちょき


青紫色の紫陽花と、朱色の仁王門のコントラストが美しいこのお馴染の構図は、
自分でもやっぱり撮りたくなりますね♪








さて、今から3カ月半前に、雨引観音に河津桜を見に行った時の様子は、
 → 桜の季節の前哨戦!雨引観音の河津桜2017
で、報告しました。


上の楼門を別の角度から撮った写真を、
3か月半前(3月中旬)の様子と、現在(6月下旬)の様子を並べてみると・・・


★3月中旬
まだまだ冬枯れのアジサイの木。
(花が咲いていないと、“紫陽花” と漢字で書く気がしないので、“アジサイ” とカナカナで書きます(^m^))







★6月下旬

なんと、瑞々しい!キラキラ
季節の移ろいは、こんなにも景色が変えさせるのですねびっくり










こちらは、鐘楼と紫陽花。

落ち着いた墨の色の鐘楼と、木々の葉の鮮やかな緑と、青紫の紫陽花の組み合わせも、シックでしっとりと美しいハート









仁王門から本堂に向かう階段の途中には、スダジイの素晴らしい巨木があります。
『宿椎』と彫られた石の標識があります。










見ているだけで、清々しい気持ちになり、さらに、この樹の力強さが伝わってきて、こちらも力もみなぎってくるようですグッド









さて、境内、本堂に向かって右手、東照宮の祠堂の先、階段をちょっと上がったところに、りっぱな五輪塔や供養塔が並ぶエリアがあります。
そこに上がってみると、美しいクジャクが一羽ハート

これが、噂の、雨引観音境内にいるという、クジャクの一羽ですね!
前回、クジャクが見られず残念でしたが、今回は思いがけず、会えました
ハート



まるで、クジャクのためのお立ち台のようになっている、倒れた石造物の台。
そこにゆったりと立つクジャク。









五輪塔とクジャク
なかなか神秘的な組み合わせ。











何を思ったか、向こうを見て尾羽を広げるクジャク。
こっち向いて欲しかった~・・・でもクジャクのお尻が丸見えの、珍しいアングルです(^m^)。








近づいても全く逃げず、アップ写真を撮らせる余裕。
モデルさんなのですね!











紫陽花の季節ですが、柑橘類の実がなる木と、クジャク(羽づくろい中)。


あーんなクジャクや、こーんなクジャクの姿をたっぷり堪能ハート







境内の中は、参拝の人で大賑わい。
この日は大道芸もあったり、とても賑やかでした。



陽射しは暑かったのですが、吹きわたる風はとても爽やかキラキラ

涼風に吹かれて見渡す、初夏の関東平野。










降りてくる時は、上から紫陽花の群生が見渡しながら、駐車場まで紫陽花の爽やかな色を堪能しました笑









【本日のお土産】


延命水仕込みの純米酒を、今回も購入♪
「あじさいまつり限定」デザインでした。
(写真では、ちょっと左に偏って写っていますが、ご愛敬で・・・汗





















  

Posted by かるだもん at 21:29Comments(4)地域・お出かけ 
【家庭で堪能!おいしい 茨城&つくば(79)】 カフェご飯風 筑波山ジオプレート~基本形~


拙ブログでは、過去に何度か、『筑波山ジオパーク構想 勝手に応援企画♪』ということで、

  ・信仰とジオの意外な関係(1) ~つくばみらい 石饅頭~
  ・信仰とジオの意外な関係(2) ~土浦 カシャ(雷神)の爪・龍の爪~
  ・信仰とジオの意外な関係(3) ~磨崖仏に秘められた歴史と地球ロマン~前篇
  ・信仰とジオの意外な関係(3) ~崖の岩に彫られた仏像(磨崖仏)に秘められた歴史と地球ロマン~後篇


というのを書かせて頂きました笑

そして、めでたく、昨年2016年秋に、キラキラ筑波山地域がジオパークが誕生キラキラしたのは、ご存じの通りです\(^o^)/。

それで、筑波山ジオコロッケも生まれ、それについてのレポートは、先日書いてみました(^^)
茨城こんなもの見つけた♪(32) 縁結びの最強のアイテムの予感?! 筑波山ジオコロッケ


筑波山系を構成する岩石は、『斑レイ岩』、『花崗岩』が有名ですが、その他にも『筑波変成岩』と呼ばれる岩石もあります。

前の2つよりも、あまり知られていない『筑波変成岩』と呼ばれる岩石。
板状に割れる性質を利用して、古代から利用されていて、
例えば、霞ヶ浦周辺から千葉県のエリアにある古墳に見られる『箱形石棺』や、時代を下った中世の石碑などに、この『筑波変成岩』が使われているそうです。
※ 古代からの霞ヶ浦やその周りの河川の水運とも関係して、大変興味深いです。

・・・ということで、前置きが長くなりましたが、『筑波変成岩』も一緒に、筑波山の岩石を、特産のお肉で表現したいよね♪ハート
と思い、こんな料理を思いつき、何度か試作しております(^^)v

名付けて、
カフェご飯風 筑波山ジオプレートちょき
3種類のお肉の味も、それぞれ味わえちゃいます。

まずは、基本形。


筑波山型のハンバーグ。
山頂豚ひき肉(赤身肉)・・・黒っぱい斑レイ岩を表現
山麓は、鶏挽肉・・・白っぽい花崗岩を表現
★その脇に、薄切り牛肉ソテー・・・板状になる、筑波変成岩を表現

お肉の味わいの違いを楽しみたいので、味付けはシンプルに塩・胡椒だけ。
お好みで、筑波山名物、ふくれミカン入り七味を振りかけても、美味しい。
※鶏肉・豚肉・牛肉は、どれも筑波山近郊や茨城県でも特産。
予算が許せば、県内のブランド肉なども奮発して使うのも(^^)v

また、付け合わせのサラダは、山やその周りの豊かな緑を表現。
季節にあわせて、季節の野菜や食材が使えますね♪

さて、今回のサラダは、ベビーリーフとトマトのサラダ。
※今回ドレッシングは、写真には写っていませんが、新玉ねぎのマリネをドレッシング代わりにしました。
このドレッシングは、そのままハンバーグのソースにもなります♪

それにレンコン(霞ヶ浦近郊の名産)の酢漬けの周りをちょっとカットしたものを添えました。
これは、今の季節に見られる、筑波山だけに自生している『ホシザキユキノシタ』(つくば市の市の花でもあります)を表現しました。
※味付けは、酢と梅酢。梅酢は、筑波山梅林の梅もイメージしています。

酸味のあるソースがさっぱりしてて、お肉のそれぞれの味を引き立てて、とってもお勧めですハート

以上を基本形にして、季節の風景をお皿に作っていくシリーズを、少しずつやってみようと思います(^^)v

さしずめ、今回は、ホシザキユキノシタのイメージもあるので、『初夏バージョン』になるかな笑






  

ワラスボ と わらつと納豆



九州は有明海名物のわらすぼ
佐賀のお土産。


わらすぼの干物
味付けしてあって、そのままポリポリと食べられます。
香ばしい♪





Wikipediaによると、
『ワラスボ(藁素坊、藁苞)、学名 Odontamblyopus lacepedii は、スズキ目ハゼ科に分類される魚の一種。
日本では有明海のみに分布し、食用に漁獲される。』





さて、顔をアップ。


なんて、凶悪な!びっくり
地獄の使者のような、エイリアンのような・・・。
これを最初に食べた人は、エライ!

でもこの頭もパリパリ食べられちゃいましたハート
頭も胴体も美味しいです(^^)vハート


ワラスボは、漢字で書くと『藁素坊』、『藁苞』と書くようですね。

『藁苞』は、『わらつと』とも読みます。

『わらつと』と言えば・・・茨城県民なら、やっぱり納豆ですよね(^o^)v



ということで、わらすぼと わらつと納豆のツーショットキラキラ
こんなツーショット撮る人は、私ぐらいでしょう(^m^)ちょき

 豆電球わらつと納豆については、以前書いた記事
  → 茨城こんなもの見つけた♪(26) 懐かしい住所の! わら納豆
も良かったら。






【参考サイト】

佐賀県有明海漁業協同組合
トップページ > 有明海の海産物・レシピ > ワラスボ


また、佐賀市がこんなサイトも。
佐賀市 WRSB ワラスボ 公式サイト WARASUBO ALIEN OF ARIAKE













  

プロフィール
かるだもん
かるだもん
徒然なるままに、興味のあることを気ままに書いています。好きなことばは「中途半端も、たくさん集まればいっぱい!」(ドラマのセリフ)
地元つくばや茨城の話題を中心に、茨城の食材を使った家庭料理、民俗学もどき、国際交流、旅の話題など、趣味の記事を掲載中。
・ヒッポファミリークラブ(多言語自然習得活動と国際交流)
・郷土食研究会うまかっぺ!茨城


オーナーへメッセージ
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人
QRコード
QRCODE