2024夏越しの祓え 茅の輪 @筑波山神社


早くも今年も半分が終わりました~汗
いやー、早い早い。毎年、早い早いと言ってますが(笑)。


さて先日の6/29(土)、筑波山神社に行きました。

随神門の前に、夏越しの祓(なごしのはらえ)茅の輪がありました。

早速、茅の輪くぐりをして、今年全半のけがれを祓って、後半の無事を祈願してきました♪ちょき






この日は昨日から今朝までの雨雨だったせいか、午前中はそれほど人出も多くなく、境内も拝殿前も落ち着いた雰囲気でした。

気温もそれほど暑くなく、曇りくもりのお陰で日射しも強くなく、しっとりした空気が気持ち良かったです笑






さて、こちらは筑波山神社の西側、神社駐車場を挟んで西に隣接する、護持院別院の大御堂。
(写真は今年の3月初旬撮影)

2020年に新たな本堂が完成して、御本尊千手観音菩薩もいつでも拝めるようになりました。

新しい本堂の完成に合わせて、京都で金箔を貼られたとのことで、神々しくなって戻られました。
いやあ、まばゆいばかりの金色の菩薩様ですキラキラ


【強運の千手観音菩薩像】

こちらの千手観音菩薩像は、江戸時代までは、筑波山神社の拝殿の位置にあった中禅寺の本堂に祀られていた中禅寺の御本尊でした。

明治の廃仏毀釈で中禅寺の破壊からの難を逃れ、東京の護国寺に運ばれ、同寺の護摩堂に安置されたといいます。
明治15年に、再び筑波山に戻り、筑波山神社東の千手沢のほとりの古通寺に安置されました。

まずここで驚きなのは、前年まで安置されていた護国寺の護摩堂が明治16年に火災で炎上したとのこと。
これまた、千手観音像は、火の難を逃れたのです。

更に時代が下って昭和13年。豪雨による筑波山の土石流で、今度は古通寺が流され、堂宇もろとも観音像も流されてしましました。

しかしながら、土砂の中から無傷で救出され今に到っておられるのが、大御堂の御本尊の千手観音菩薩。

考えてみると、リアルに強運の千手観音様なわけです!!

そう思って大御堂でお姿を拝見すると、本当に手を合わせたくなります。

※ 大御堂の歴史(=筑波山の仏教の歴史)は、『護国寺別院 筑波山大御堂小史』(坂本正仁 著 真言宗豊山派大本山護国寺 発行)に詳しいです。


筑波山に行ったら、筑波山神社 と 大御堂、両方ともお参りしてこその、筑波詣りです笑

  

Posted by かるだ もん at 22:07Comments(0)地域・お出かけ 日々・季節
郷土菓子11 川越のいもせんべい


さつまいものお菓子と云えば、絶対的に 『干し芋(乾燥芋)』 だと信じて疑わっていなかった茨城県民の私。

だって、茨城の干し芋の甘さ と 柔らかさといえば、もう別格。
下手なスイーツなど、しゃらくさい!と言いたくなるくらいの力強さ。

最近こそ、この茨城の干し芋タイプが世の中を席巻していますが、私の出身地の神奈川では、私の若いころ(昭和から平成はじめ)は、干し芋と言えば、静岡の、棒状の固いタイプが一般的でした。

なので、茨城に来て、茨城の干し芋を食べた時の衝撃といったら!です。

…という、干し芋礼賛は、置いておいて、
最近の私の衝撃のさつまいものお菓子、埼玉・川越のいもせんべい についてです。



小江戸として有名な川越。
今も古い町並みが残り、国内外から観光客で賑わう街。

そして、川越のさつまいも・スイーツは、とてもオシャレでインスタ映えする見栄え。いつもマスコミで紹介されていて、非常に有名。

…茨城県民としては、「フン!」てな反発心しかありませんでした~。

でもごめんなさい。
先月GWに、電車に乗って川越へプチ旅行をしてきましたが、先の反発心は本当に偏見でした。

昨今とオシャレでSNS映えしているさつまいもスイーツと一線を画する、さつまいもの伝統菓子が川越にあることを、知りました。

GWのある日の川越。すごい人出で歩くのもままならない、川越の有名なメイン通り。


そこから脇道に曲がり、川越市立博物館へ行きました。
この辺りは、グッと人通りも減り、落ち着いた雰囲気グッド

この辺りは川越城のあった敷地で、近くには川越城本丸御殿もあったり、『とうりゃんせ』の歌の発祥の地とされる三芳野神社もあります。






さて、川越市立博物館の展示の一つに、伝統菓子の 『いもせんべい』 を作る道具や作り方の展示がありました。

大変な技術を伴うすごい伝統菓子の存在に感動。

さつまいもを極薄切りにし、それをワッフル型のような鉄器で挟んで焼く。
全て手作り!

均一な薄切りにするのに大変な技術がいるキラキラ
そしてパリパリと 香ばしく美味しく焼く技術キラキラ

川越市立博物館の展示にすっかり感銘を受け、伝統のいもせんべい、食べてみたいハートと想いながら、大勢の人で賑わう大通りを避けて、大通りと並行してある道を歩いていると、和菓子の老舗と思しき風情あるお店が。

よく見ると「いもせんべい」の看板が!!

いもせんべいの神様が 『豆電球ここだよ~』 と導いてくれたとした思えない♪ハート

いもせんべいの専門の東洋堂さん。
明治35年創業とのこと!

もちろんお店に入って、いろいろ買ってしまいました!




東洋堂さんでは、『いもせんべいのしおり』 も置かれていて1部頂きました。
歴史や、作り方が漫画で書かれていて分かりやすいし、とっても良いしおり豆電球

こういうのってとっても大事だと思います。







帰宅後、早速、いもせんべいの味比べ笑

いもせんべい、想像していたものと違って、全然固くなくて、歯触りが軽いのです。

砂糖がけにするのが伝統的のようですが、何もかけずに素のままに、大きなチップスのようにしたものもあります。





特に、この、素焼きタイプのいもせんべいは、本当にパリパリ軽くて美味しいハート

先に川越市立博物館での展示を見ていたので、一口ずつ噛む毎に、この驚異的な薄さと、香ばしい焼き具合の素晴らしさに感動します。
知ることって大事ですグッド






砂糖がけでない、素焼きタイプのいもせんべい、横から見ると、この驚きの薄さびっくり

カンナがけのように手作りで、薄くスライスしているのです。
本当、びっくり!!

なぜ、伝統菓子の「いもせんべい」、もっと知られて良いです。
SNS映えしないからか、あの大通りで食べ歩き出来ないからか?

いや、これは、おうちで美味しいお茶とともに、ゆっくり頂きたいお菓子です。

とにかく、私は、川越の伝統菓子 『いもせんべい』、絶対推し!!です。

  

これ、欲しかった! 筑波山登山記念地形図



先日、国土地理院 地図と測量の科学館の売店で見つけ、早速購入しました。

国土地理院刊行の2万5千分1地形図 「筑波」を、ミウラ折り で加工した地図です。
 ミウラ折とは、人工衛星の太陽電池パネルの格納方法でも使われている折り畳み方式で、
 広げやすく、折りたたみしやすいのが特徴グッド

サイズも 折りたたみ時が、約11.7cm × 16.4cm、厚さ約3mm の ポケットサイズなのも素晴らしい!

価格も税込み500円でお手頃。



裏面に登山記念スタンプの台紙もついています笑
旅の思い出にもバッチリ対応ちょき

この登山記念地形図、発行している 一般財団法人 日本地図センター の HP>登山記念地形図の販売について
https://www.jmc.or.jp/2023/05/mtmaps/
によると、

5/19に新発売されたばかり!
現在は高尾山登山記念地形図(「八王子」「与瀬」) と 筑波山登山記念地形図(筑波)の2つのみとのこと。



折りたたみ時がポケットサイズで、しかも折り方が『ミウラ折り』の地図というのが、ポイント高い。
携帯しやすい上に、すぐに広げて見やすいですから。

筑波山だけでなく、その山麓や周辺のエリアの地形・地勢も詳しいのも嬉しい。
国土地理院2万5千分の1 地図ですから当然キラキラ

こういう地図、もっと早く出して欲しかった!!


上記の日本地図センターHP によると、筑波山登山地図の販売取扱店は、
 ・丸善丸の内本店
 ・ぶよお堂 日本橋売店
 ・未来屋書店イオンモールつくば店
 ・リブロエキュートつくば店
 ・コーチャンフォーつくば店
 ・くまざわ書店イーアスつくば店
 ・つくばエクスプレス「つくば駅売店」
 ・地図と測量の科学館「ミュージアムショップ」

つくばエクスプレスに乗ってきた人は、つくば駅売店で購入できると思うのですが、
登山客は自家用車で来たり、サイクリングの人も多い。
そういった皆さんがすぐに帰る場所はまだなさそう・・・汗

そして、残念ながら現時点では、筑波山の観光案内所等では扱っていない模様ですが、
一番ニーズがあるのが、筑波山の観光案内所と、サイクリングの方だとサイクリングステーションなわけですから、そちらの方でも取り扱いがあると絶対良いはずです。

関係者の方、ご検討とご善処、お願いいたします笑





  

取手で江戸を味わう~長禅寺三世堂・取手宿本陣 ・大師弁当などなど


報告が遅れました汗が、先日4/18(木)、取手の長禅寺三世堂が4年ぶりに一般公開とのことで、行ってきました笑

午前中早い時間に行きましたが、既に見学の人で大賑わいびっくり
なんといっても、コロナ禍以来、4年ぶりの一般公開、しかも年一回の公開ですから。


八重桜が満開で、華やかハート

三世堂は、いわゆる 『さざえ堂』 と呼ばれる建造物です。
『さざえ堂』 は江戸時代に流行った建築とのことで、上り階段と下り階段が重ならないように設計されたもので、
現在では国内に5つしか残っていないとのことびっくり

福島県会津若松の『さざえ堂』が有名ですが、ここ取手にも残っているのが、この長禅寺境内の三世堂。

以前、やはり一般公開の時に見学したことがありますが、2回目となると、また見方、感じ方も違ってきますね。
(というか、私が年を重ねたせいかもですが^^;)。


入り口で、三世堂についての説明資料を頂きましたグッド

お堂の中の通路に、坂東三十三観音、秩父三十四観音、西国三十三観音のそれぞれの小さな御像が安置されていて、通路に沿ってぐるぐると巡って参拝しながら上の階まで上がります。

3階最上階の御像を巡った後は、今度は上ってきた階段と別の階段で降りながら参拝し、また1階に戻って来ます。

以前来た時は、建物の構造にばかり興味がいきましたが、今回は、観音像の一つ一つの造形に見入りました。
どれもとても繊細で綺麗な御像で、時間があればじっくり拝見し参拝したいところでしたが、とにかく4年ぶりでたった年に1日だけの一般公開で押すな押すなの大混雑汗
じっくり参拝もままならなかったのが残念でした汗

しかし、こちらを一周すると、坂東・秩父・西国の各観音様(全部で百観音)を巡って参拝したことになるキラキラわけで、考えてみると大変ありがたいお堂です。




窓からの絶景。
八重桜のピンクと新緑の明るい緑のコントラストは、この季節ならでは(^O^)。

建築構造の妙や、窓の外の景色(利根川を望む絶景)も楽しめて、特に昔は、旅もままならない庶民にとっては、とてもありがたい仏教ワールドの、ある意味テーマパーク(テーマハウス?)なんだと感じますキラキラ





参拝後は、甘茶サービスもありました。
実は甘茶は初めて頂きました。
甘茶美味しい♪

三世堂の中の1階の正面には、小さな仏陀像(誕生仏というそうです)に甘茶を注ぐところ(花御堂というそうです)があり、私も注がさせて頂きました。
甘茶サービスで頂いた甘茶と同じなのかもなぁと、ありがたく頂きました。



さて、取手宿本陣 染谷家住宅 も同日公開とのことで、こちらも見学しました。

内部の入り口土間には、説明パネルも充実して、取手の歴史も含め分かりやすい展示。






こちらも2回目の見学なのですが、以前(かなり以前)来た時よりも説明のパネルや、室内要所の説明張り紙が増えて、
見ていて「そーなんだ!」と、改めて学ぶことが多くて、大変興味深く見学しました。






そして! お昼ご飯は、江戸時代から続く老舗蕎麦店の伊勢利さん。
どうしてもこちらで、名物の 『大師弁当』 を頂きたくて。

ゆっくり時が流れる、レトロな店内で待つことしばし。








そして、念願の大師弁当がハート
アド街ック天国や雑誌等で紹介されている大師弁当。

まずビジュアルが良い!!

達磨の形の二段の丸いおひつに、上の段は、野菜の揚げたて天ぷらと甘く煮つけた煮物のおかずにご飯。
そして下の段には具だくさんのお蕎麦。お餅まで乗ってます!
ボリュームたっぷり。




細い麺のお蕎麦も、麺のおつゆも、おかずの煮物も、遠い昔に食べたような懐かしい味。

揚げたて天ぷらが、アツアツでサクサクと、食感にメリハリを付けてくれるのも良き哉笑

ばっちり完食しました(^^)vちょき





写真手前は、やはり江戸時代から続く酒造所の田中酒造店さん、
そして写真奥は、明治元年創業の新六本店さん。

田中酒造店さんの店先に置かれた 防火用水 の桶が、往時の雰囲気を感じさせてくれます。

奈良漬で有名な新六本店さんで、お漬物も購入。
また地酒『君萬代』で有名な田中酒造店さんの醸造のお酒は、『純米酒 陸前浜街道 取手宿』の看板に惹かれ、その近くの藤澤商店さんで購入。
(お漬け物とお酒の写真は、このページの最後で♪)


最後に、取手八坂神社にお詣り。
こじんまりした静かな境内ですが、お社の見事な彫刻も含め、利根川の水上交通が栄えていた江戸時代の頃の雰囲気を残しています。







個人的には、取手八坂神社の入り口の、まるで小さな富士塚を思わせるような岩山と、そのてっぺんに安置された二体の狛犬が、気になっています。

ここは利根川の岸辺にあり、天気が良いときは富士山も見えるかと思います。
なので江戸時代、富士信仰もあって、こちらも、富士塚も意識されて作られたのではないかという気がするのですが、どうなんでしょう?
詳しい方、ご教示頂けると幸いです。


この日は午後から仕事だったので、ゆっくり出来ませんでしたが、もし時間があったら、
取手八坂神社の先にある、小堀(おおほり)の渡し でプチ船旅もおすすめですグッド

 小堀(おおほり)の渡しについては、以前書いた記事もありますので、良かったら♪
 豆電球利根川の『小堀の渡し』に乗ってみた

食、見学、船旅…取手は、トータルでコンパクトに江戸を楽しめる、貴重な場所 だと思いますグッド


【おまけ】


地酒とお漬け物で一杯♪

奈良漬で有名な新六本店さんの『しその実入りきざみ』(きざみ奈良漬)と、
取手の酒造所 田中酒造店さん醸造藤澤商店さん販売の、『陸前浜街道 取手宿』
です。










  

Posted by かるだ もん at 09:47Comments(2)地域・お出かけ 日々・季節

2024年04月21日

2024つくば牡丹園

2024つくば牡丹園


先日、つくば観光ボランティア298の勉強会で、つくば牡丹園Peony Garden Tokyoに行ってきました。

つくば牡丹園さんは『世界最大級のピオニーガーテンキラキラ
期間限定の貴重な開園期間です。
(今年2024年は4月6日~5月19日の期間の開園)
 
豆電球つくば牡丹園さんの公式サイト 
 → https://jp.peonygardentokyo.com/
 

訪れた日4/8の午前中は、まだ牡丹園周辺の桜は桜吹雪になりながらも、まだ見ごろでした。
(この日は午後から夏日になったので、この後、一気に葉桜になったかな…)

桜の満開の時期と牡丹の開花が重なるのは珍しいとのことを、園の方がおっしゃっていました。
そして、「特に白い牡丹の花と桜の満開が重なるのは貴重」とのことで、ラッキーでした。

写真は、満開の桜を背景に、早咲きの白い牡丹 『里の白雪』。
素敵ですハート



エントランス近くの花壇では、樹齢130年超の牡丹「太陽」も開花中キラキラ










また、トウカエデ『花散里』の芽吹きと、満開の桜が重なるのもなかなかないとのこと。
『花散里』は、牛久の確実園さんが作出したトウカエデの品種。
春の芽吹きの薄ピンクから新緑の薄緑、そして夏の濃い緑から秋の紅葉まで、葉の色がどんどん変化するトウカエデの品種です。

ということで、満開の桜と、トウカエデ『花散里』と、白い牡丹の花の写真。

この日は、園長の関博士から、土壌のこと、植物の生態のこと、造園についてお話を聞きながら見学しました。
大変、奥深い内容を分かりやすく説明して頂き、本当に勉強になりましたし、もっと知りたいと思いました。
(そして自宅の庭の土も、もっと手をかけてあげようかと反省しました(^^;))


説明を伺いながら、園内を見ると見え方や感じ方がぐっと違ってきますよね。
牡丹の色の作出の難しさなども、お話をきかないと知らないことばかり。
花の色のありがたみ感じながら、一輪一輪を見ました。

写真は開花中の牡丹 『写楽』。
確かに写楽の浮世絵を彷彿させるような、鮮やかで艶やかな花ですよね。
それぞれ名付けられた名前も興味深いです。




それにしても園内の道はどこもふかふか。
植物はみんな活き活き。
牛久沼の自然を生かしながらも、しっかり手入れが行き届いている園内を散策するだけでも
元気をもらいます。
こちらの造園も、全て園長の関さんがされたとのこと!!
すごいびっくり



4/8のこの日は、早咲き~中咲きの牡丹が開花中とのことで、シャクヤクはつぼみでした。
そして、これからはいよいよシャクヤクの開花が始まり、広い園内で華やかなシャクヤクの競演が見られます。
シャクヤクが咲き出すと、シャクヤクの花をたくさん浮かべた花筏も、楽しめそうハート

園内スタンプラリーの記念品に、綺麗な牡丹の花の絵葉書を頂きましたハート

2024年のつくば牡丹園の開園期間は、
2024年4月6日~5月19日まで。
1年でわずか1か月半ほど、貴重な開園日。
花好きの皆様、レッツGO!!笑

豆電球なお、過去につくば牡丹園に行った時の記事
 → つくば牡丹園2022

【おまけ】


つくば牡丹園に行った翌日の4/9、我が家のヤマシャクヤクも咲きました♪
(撮影時、風が吹いていて花が揺れていたのと、私の腕のせいで、写真がピンボケです・・・)

肥料が少ないせいか、3年ぶりの開花です汗
でも、清楚で大好きです。

ヤマシャクヤクは日本の固有種で、このヤマシャクヤクと、中国や西欧のシャクヤクを掛け合わせて、
現在の様々なシャクヤクが生まれたのだそうです。

そうやって見ると、ますますヤマシャクヤクも愛おしくなります。



  

Posted by かるだ もん at 20:00Comments(0)地域・お出かけ 日々・季節
プロフィール
かるだ もん
かるだ もん
徒然なるままに、興味のあることを気ままに書いています。好きなことばは「中途半端も、たくさん集まればいっぱい!」(ドラマのセリフ)

地元つくばや茨城の話題を中心に、茨城の食材を使った家庭料理、民俗学もどき、国際交流、旅の話題など、趣味の記事を掲載中。

特に自分の勉強も兼ねて、
★民話・伝説紹介と、それにちなむ土地めぐり
★茨城を中心に、全国の郷土料理と食材(世界の料理も含む)の話題
の話題が多いです。

・ヒッポファミリークラブ(多言語自然習得活動と国際交流)
・観光ボランティア
・郷土食研究会うまかっぺ!茨城

別館: 夢うつつ湯治日記 https://note.com/carfamom/

オーナーへメッセージ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 39人
アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE