2024夏越しの祓え 茅の輪 @筑波山神社


早くも今年も半分が終わりました~汗
いやー、早い早い。毎年、早い早いと言ってますが(笑)。


さて先日の6/29(土)、筑波山神社に行きました。

随神門の前に、夏越しの祓(なごしのはらえ)茅の輪がありました。

早速、茅の輪くぐりをして、今年全半のけがれを祓って、後半の無事を祈願してきました♪ちょき






この日は昨日から今朝までの雨雨だったせいか、午前中はそれほど人出も多くなく、境内も拝殿前も落ち着いた雰囲気でした。

気温もそれほど暑くなく、曇りくもりのお陰で日射しも強くなく、しっとりした空気が気持ち良かったです笑






さて、こちらは筑波山神社の西側、神社駐車場を挟んで西に隣接する、護持院別院の大御堂。
(写真は今年の3月初旬撮影)

2020年に新たな本堂が完成して、御本尊千手観音菩薩もいつでも拝めるようになりました。

新しい本堂の完成に合わせて、京都で金箔を貼られたとのことで、神々しくなって戻られました。
いやあ、まばゆいばかりの金色の菩薩様ですキラキラ


【強運の千手観音菩薩像】

こちらの千手観音菩薩像は、江戸時代までは、筑波山神社の拝殿の位置にあった中禅寺の本堂に祀られていた中禅寺の御本尊でした。

明治の廃仏毀釈で中禅寺の破壊からの難を逃れ、東京の護国寺に運ばれ、同寺の護摩堂に安置されたといいます。
明治15年に、再び筑波山に戻り、筑波山神社東の千手沢のほとりの古通寺に安置されました。

まずここで驚きなのは、前年まで安置されていた護国寺の護摩堂が明治16年に火災で炎上したとのこと。
これまた、千手観音像は、火の難を逃れたのです。

更に時代が下って昭和13年。豪雨による筑波山の土石流で、今度は古通寺が流され、堂宇もろとも観音像も流されてしましました。

しかしながら、土砂の中から無傷で救出され今に到っておられるのが、大御堂の御本尊の千手観音菩薩。

考えてみると、リアルに強運の千手観音様なわけです!!

そう思って大御堂でお姿を拝見すると、本当に手を合わせたくなります。

※ 大御堂の歴史(=筑波山の仏教の歴史)は、『護国寺別院 筑波山大御堂小史』(坂本正仁 著 真言宗豊山派大本山護国寺 発行)に詳しいです。


筑波山に行ったら、筑波山神社 と 大御堂、両方ともお参りしてこその、筑波詣りです笑

  

取手で江戸を味わう~長禅寺三世堂・取手宿本陣 ・大師弁当などなど


報告が遅れました汗が、先日4/18(木)、取手の長禅寺三世堂が4年ぶりに一般公開とのことで、行ってきました笑

午前中早い時間に行きましたが、既に見学の人で大賑わいびっくり
なんといっても、コロナ禍以来、4年ぶりの一般公開、しかも年一回の公開ですから。


八重桜が満開で、華やかハート

三世堂は、いわゆる 『さざえ堂』 と呼ばれる建造物です。
『さざえ堂』 は江戸時代に流行った建築とのことで、上り階段と下り階段が重ならないように設計されたもので、
現在では国内に5つしか残っていないとのことびっくり

福島県会津若松の『さざえ堂』が有名ですが、ここ取手にも残っているのが、この長禅寺境内の三世堂。

以前、やはり一般公開の時に見学したことがありますが、2回目となると、また見方、感じ方も違ってきますね。
(というか、私が年を重ねたせいかもですが^^;)。


入り口で、三世堂についての説明資料を頂きましたグッド

お堂の中の通路に、坂東三十三観音、秩父三十四観音、西国三十三観音のそれぞれの小さな御像が安置されていて、通路に沿ってぐるぐると巡って参拝しながら上の階まで上がります。

3階最上階の御像を巡った後は、今度は上ってきた階段と別の階段で降りながら参拝し、また1階に戻って来ます。

以前来た時は、建物の構造にばかり興味がいきましたが、今回は、観音像の一つ一つの造形に見入りました。
どれもとても繊細で綺麗な御像で、時間があればじっくり拝見し参拝したいところでしたが、とにかく4年ぶりでたった年に1日だけの一般公開で押すな押すなの大混雑汗
じっくり参拝もままならなかったのが残念でした汗

しかし、こちらを一周すると、坂東・秩父・西国の各観音様(全部で百観音)を巡って参拝したことになるキラキラわけで、考えてみると大変ありがたいお堂です。




窓からの絶景。
八重桜のピンクと新緑の明るい緑のコントラストは、この季節ならでは(^O^)。

建築構造の妙や、窓の外の景色(利根川を望む絶景)も楽しめて、特に昔は、旅もままならない庶民にとっては、とてもありがたい仏教ワールドの、ある意味テーマパーク(テーマハウス?)なんだと感じますキラキラ





参拝後は、甘茶サービスもありました。
実は甘茶は初めて頂きました。
甘茶美味しい♪

三世堂の中の1階の正面には、小さな仏陀像(誕生仏というそうです)に甘茶を注ぐところ(花御堂というそうです)があり、私も注がさせて頂きました。
甘茶サービスで頂いた甘茶と同じなのかもなぁと、ありがたく頂きました。



さて、取手宿本陣 染谷家住宅 も同日公開とのことで、こちらも見学しました。

内部の入り口土間には、説明パネルも充実して、取手の歴史も含め分かりやすい展示。






こちらも2回目の見学なのですが、以前(かなり以前)来た時よりも説明のパネルや、室内要所の説明張り紙が増えて、
見ていて「そーなんだ!」と、改めて学ぶことが多くて、大変興味深く見学しました。






そして! お昼ご飯は、江戸時代から続く老舗蕎麦店の伊勢利さん。
どうしてもこちらで、名物の 『大師弁当』 を頂きたくて。

ゆっくり時が流れる、レトロな店内で待つことしばし。








そして、念願の大師弁当がハート
アド街ック天国や雑誌等で紹介されている大師弁当。

まずビジュアルが良い!!

達磨の形の二段の丸いおひつに、上の段は、野菜の揚げたて天ぷらと甘く煮つけた煮物のおかずにご飯。
そして下の段には具だくさんのお蕎麦。お餅まで乗ってます!
ボリュームたっぷり。




細い麺のお蕎麦も、麺のおつゆも、おかずの煮物も、遠い昔に食べたような懐かしい味。

揚げたて天ぷらが、アツアツでサクサクと、食感にメリハリを付けてくれるのも良き哉笑

ばっちり完食しました(^^)vちょき





写真手前は、やはり江戸時代から続く酒造所の田中酒造店さん、
そして写真奥は、明治元年創業の新六本店さん。

田中酒造店さんの店先に置かれた 防火用水 の桶が、往時の雰囲気を感じさせてくれます。

奈良漬で有名な新六本店さんで、お漬物も購入。
また地酒『君萬代』で有名な田中酒造店さんの醸造のお酒は、『純米酒 陸前浜街道 取手宿』の看板に惹かれ、その近くの藤澤商店さんで購入。
(お漬け物とお酒の写真は、このページの最後で♪)


最後に、取手八坂神社にお詣り。
こじんまりした静かな境内ですが、お社の見事な彫刻も含め、利根川の水上交通が栄えていた江戸時代の頃の雰囲気を残しています。







個人的には、取手八坂神社の入り口の、まるで小さな富士塚を思わせるような岩山と、そのてっぺんに安置された二体の狛犬が、気になっています。

ここは利根川の岸辺にあり、天気が良いときは富士山も見えるかと思います。
なので江戸時代、富士信仰もあって、こちらも、富士塚も意識されて作られたのではないかという気がするのですが、どうなんでしょう?
詳しい方、ご教示頂けると幸いです。


この日は午後から仕事だったので、ゆっくり出来ませんでしたが、もし時間があったら、
取手八坂神社の先にある、小堀(おおほり)の渡し でプチ船旅もおすすめですグッド

 小堀(おおほり)の渡しについては、以前書いた記事もありますので、良かったら♪
 豆電球利根川の『小堀の渡し』に乗ってみた

食、見学、船旅…取手は、トータルでコンパクトに江戸を楽しめる、貴重な場所 だと思いますグッド


【おまけ】


地酒とお漬け物で一杯♪

奈良漬で有名な新六本店さんの『しその実入りきざみ』(きざみ奈良漬)と、
取手の酒造所 田中酒造店さん醸造藤澤商店さん販売の、『陸前浜街道 取手宿』
です。










  

落語『紋三郎稲荷』 の舞台を訪ねて (三)


茨城県南西部から千葉県北部が舞台の落語 『紋三郎稲荷』 (文献1)。
紋三郎稲荷とは、笠間稲荷の別名です。

主人公は、笠間藩牧野家の家臣 山崎平馬。
その話の舞台を訪ねる旅です。

豆電球以前書いた記事
→ 落語『紋三郎稲荷』 の舞台を訪ねて (一) 

→ 落語『紋三郎稲荷』 の舞台を訪ねて (二) 


さて、落語『紋三郎稲荷』では、江戸道中前半の笠間から取手までの話はありません。
ですので、シリーズ最終回の今回は、笠間から取手までの道のり について、平馬の旅をキラキラ妄想キラキラしてみました。


(5)想定:笠間から取手までのルート

まず、笠間藩の参勤交代ルートは、2つありました(参考サイト1、2)。

① 笠間藩 江戸東道中
   笠間~府中(現在の石岡市)~<水戸街道> → 江戸へ   

② 笠間藩 江戸西道中
笠間~<小山・日光街道経由>~岩瀬(現在の桜川市岩瀬)~真壁(現在の桜川市真壁)~結城~杉戸(現在の埼玉県杉戸市)→ 江戸へ

基本は2泊3日の行程だったそうですが、②の西道中の方が11km長いので、3泊になることもあったそうです。
また参勤交代のルートは幕府に届け出て許可されたルートなので、これ以外のルートは使えなかったといいます。

さて、落語『紋三郎稲荷』の平馬ですが、これは江戸勤番のために行くとはいえ、個人の旅なので、参勤交代のルートは使わず、脇街道を使ったと考えます。
というのも、参勤交代ルート、例えば①の東道中にしても、かなり遠回りですから、個人の移動ならなるべく短い距離を歩くのではないかと思うからです。

落語では平馬は『水戸街道を西へと向かい』ということなので、水戸街道で取手から川を渡り松戸に向かっています。が、これはルート松戸までのルート後半。

では、(話は出てこない)ルートの前半については、どう行くのが一番もっともらしいかと考えると、距離がなるべく短い、

 笠間 → 柿岡(石岡市柿岡地区)→ <水戸街道> → 土浦 → 取手

まで行くルートが一番自然ではないでしょうか。

で、どのあたりから水戸街道に乗ったかというのは、中貫宿(現在の土浦市中貫)あたりかなと想定します。


現在の中貫宿付近。
(2024年2月下旬撮影)
府中(石岡)に出てから水戸街道を歩くより合計の距離が短くなるので、やはり中貫宿あたりで水戸街道に乗るのが自然かと。

ところで、江戸時代、徒歩旅で、成人男性は1日に30~40km歩いたといいます。
笠間~中貫宿まではちょうど35kmくらい。



中貫宿の本陣跡
なお、距離的にも笠間~取手間で一泊するかと思いますが、落語ではその話は出てきません。

距離的には、平馬は、初日は中貫宿(※)で一泊したと考えたい・・・のですが、どうも中貫宿は旅籠があまりなかったようなのです(文献2)。
そうするとあと4kmほど歩いて、土浦宿で宿泊したと想定した方が良さそうです。

当時の土浦は水運・陸運の要所として大変栄えていたので、宿も多かったであろう土浦宿に一泊したと考えましょう。

それにしても、平馬さん、病み上がりなのに健脚ですよね!?

土浦宿には本陣が2つあったといいます(文献2)。



そのうちの1つ、大塚家のあった場所が現在、土浦商工会議所のあたりとのこと。
(2024年2月下旬撮影)

土浦宿の本陣跡の解説も書かれたポールがあるはずなのですが、最初はなかなか見つからず・・・?






(2024年2月下旬撮影)
すると、訪れた日、そのポール碑に「土浦の雛まつり」の立て看板が立てられていて、「本陣跡」の文字も説明文も見えない状態・・・泣

いくらイベント中とはいえ、立て看板の置く場所、もう少し考えた方が良いかと思いましたがーん…


ここにほど近い場所に、昔の建築が並んで風情のある、土浦中城通りがあります。
この日は都合が合わずに行けなかったので、また後日行ったら、追加でこちらのページにもアップしたいと思っています。


さてさて、『落語 紋三郎稲荷』 に描かれていない、平馬が歩いたであろう前半のルートは、
私かるだもん の妄想で、

 笠間 → 柿岡(石岡市柿岡地区)→ 中貫宿 →<水戸街道>→ 土浦宿(宿泊) → 取手

としますちょき


(6)想定:土浦宿での料理は?
 
平馬が初日の宿を土浦宿だとすると、宿での食事はなんだったのかなと、またまたキラキラ空想キラキラしてみました。

まず霞ヶ浦沿岸なので、魚は出たでしょうちょき

参考サイト3によると、当時の旅籠の食事は、香の物を加えた『一汁三菜』で、
汁、飯、焼き魚か煮魚、野菜の煮物、香の物』 が一般的だったそうです。

そこで、想像するに、やはり霞ケ浦の幸の魚は出たでしょうキラキラ
江戸時代から霞ヶ浦は鯉も名産(文献3:参考文献は北浦の資料ですが霞ヶ浦もほぼ同じかと想定)。

落語では、平馬は冬の時期に旅しています。
冬の時期で美味しいのは、やはり鯉(これは話の中では翌日の松戸宿で食べます)か、鮒(寒鮒)か(文献3,4)。

とすると、鯉か鮒は土浦の宿で出たのではないでしょうかグッド

今回、松戸では川魚も地酒も頂けなかったので、主人公の平馬の初日の宿泊場所の土浦宿の夕食を、以下のように想定して用意しました。


一汁三菜』の三菜は、

・魚 : 贅沢に、鯉の旨煮(霞ヶ浦産)。
・野菜の煮物 : ごぼう、にんじん(※1)、干し椎茸とこんにゃく(※2)の煮もの 
・香の物 : 干しだいこんの酢漬け、大根の葉添え
 (野菜は全て茨城県内産)


そして、お酒は
地酒 (残念ながら土浦には日本酒の地酒がないので、落語の中で通過する 取手 の地酒)
を用意。

旅の楽しみは、今も昔も、宿での名物の食事ハート

お酒は、冬の旅ですし、平馬は風邪からの病み上がりなので、温まるために熱燗とっくり&おちょこで飲んだことでしょうが、私は冷や酒が好きなので、時代考証無視で(笑)冷や酒で頂きました。

当時の土浦宿の宿の食事を思いながら一杯やりましたキラキラ
美味しかったです(^^)ハート

※1:江戸時代のにんじんですので、今回は市販で手に入りやすい西洋にんじんではなく、東洋系にんじんの金時にんじんを使いました。

※2:江戸時代、こんにゃくは水戸藩の専売でした(参考サイト4)。
土浦は、江戸時代は土屋氏が藩主だった土浦藩ですが、水戸藩の領地にほど近い場所です。
もしかするとこんにゃくも食べられていたのではないかなと想像して、生こんにゃくいもから作られた手作りこんにゃく(茨城産)を使いました♪


*****************************

【参考文献】

1.『古典落語大系 第5巻』 江口滋 他編 三一書房

2.『新編旧水戸街道繁盛記』 山本鉱太郎 著 崙書房出版

3.『水戸藩 玉里御留川 ―近世 霞ヶ浦の漁業と漁民―』
小美玉市玉里古文書調査研究会 編集・発行

4.『聞き書 茨城の食事』 「日本の食生活全集 茨城」編集委員会 編集
農山漁村文化協会 発行


【参考サイト】

1.笠間市HP  文化・歴史
広報かさま 2022年8月号 かさまのれきし 第67回
https://www.city.kasama.lg.jp/data/doc/1659490140_doc_203_0.pdf

2.笠間の歴史探訪 vol.61-70
https://www.city.kasama.lg.jp/page/page012632.html

3.歌舞伎座 『江戸食文化紀行-江戸の美味探訪』 No.86 旅籠の食事
https://www.kabuki-za.co.jp/syoku/2/no86.html

4.大子町公式ホームページ 『こんにゃく』
https://www.town.daigo.ibaraki.jp/page/page000035.html#:~:text=%E5%8F%A4%E3%81%8F%E3%81%8B%E3%82%89%E3%81%93%E3%82%93%E3%81%AB%E3%82%83%E3%81%8F%E6%A0%BD%E5%9F%B9%E3%81%8C,%E3%81%84%E3%81%9F%E3%81%A0%E3%81%8F%E3%81%93%E3%81%A8%E3%81%8C%E3%81%A7%E3%81%8D%E3%81%BE%E3%81%99%E3%80%82





  

落語『紋三郎稲荷』 の舞台を訪ねて (二)


茨城県南西部から千葉県北部が舞台の落語 『紋三郎稲荷』 (文献1)。
紋三郎稲荷とは、笠間稲荷の別名です。
その舞台を訪ねる旅です。

前回 は、主人公の笠間藩牧野家の家臣 山崎平馬が、取手から利根川を渡り、渡った跡から駕籠に乗って、駕籠屋の誤解を利用しながら、途中の茶屋で稲荷寿司など食べるところまで、たどりました。

豆電球以前書いた記事
→ 落語『紋三郎稲荷』 の舞台を訪ねて (一) 

今回は、話の後半の松戸宿までをたどります車
(このページの写真は全て、2024年1月上旬に撮影)

(3)小金宿

さて、我孫子宿跡を後にして、駕籠ならぬ車車で一路、小金宿=JR常磐線 小金駅に向かいます。

落語 『紋三郎稲荷』 では小金宿は出てきませんが、通過地点(もしくは立ち寄った茶屋があった場所?)ということで、立ち寄りました。


小金はあのドラッグストアチェーンのマツモトキヨシの発祥の地ですキラキラ

小金宿』の碑の背景に、マツモトキヨシの店舗があるのが、さすがですキラキラ

ちなみに、マツモトキヨシの店舗はこのすぐ近くにももう1件ありました。
さすが、発祥の地♪びっくり





宿場町の通り沿いに名刹の東漸寺。
境内の大きな木々が、ここが宿場町だったという歴史を感じさせてくれます。

凜とした佇まいに惹かれて、境内に入ってお参りさせて頂きました。
浄土宗の関東十八檀林の一つとのこと。

広い境内なる風格ある建物に身が引き締まりながらも、山門までの参道には、ところどころ、とても可愛らしいお地蔵様がおられて、ほっこり優しい気分になるのも素敵ハート




東漸寺も面する旧道は、旧水戸街道です(文献2)。

そしてこの通りに沿って、歩道に灯りが点在して並べられていました。
夜に点灯すると、とても趣きがありそうハート





小金宿の本陣跡は、旧道から入った住宅街にありました。

江戸時代、東漸寺敷地の一角だっだそう。





さて、この落語のお話の最終地点、松戸宿に向かいます車




(4) 松戸宿

落語では、松戸に到着した駕籠屋は、『笠間稲荷のお使い狐である』平馬を一番良い宿、つまり陣屋に案内します。

笠間稲荷を深く信心している主人の高橋清右衛門、大変喜んで平馬を迎え、粗相があってはならぬと自ら、平馬をもてなします。

平馬は内心焦りながらも、笠間稲荷のお使い狐を演じ続けます。

お稲荷様ということで、夕食に油揚げ稲荷寿司を出そうとする主人に、平馬は『自分は身分が高いキツネなので、油揚げなど食べず、鯉こくや鯰なべなどが良いと、美味しいお酒と一緒に所望します。

そのうち、噂を聞きつけた近所の人たちが、一目ありがたい笠間稲荷のお使いを拝もうと、閉まっている襖の隣の部屋に集まって来て、拝み出したり、襖を細めに開けてお賽銭のおひねりをどんどん投げ込んできます。

だんだん困ってきた平馬は・・・


ネタをバラすのは野暮というもの。
あとは本物の落語でお楽しみ下さいちょき

さて聖地巡りも終盤。
松戸宿=JR常磐線の松戸駅周辺に来ました。


松戸本陣跡

明治2年、松戸本陣から出火し、折からの風で、宮前町、角町など、丸焼けになったとのこと(文献2)。
消失した本陣は、すぐに立て直されたものの明治維新になり、本陣として使われることはなかったとのことです(参考文献3、参考サイト2)。

その建物も個人のお宅として残っていたそうですが、2004年に老朽化のため取り壊されたとのこと(参考文献3、参考サイト2 より)。
今は写真のような説明書きのある石碑があるのみです。泣

落語 『紋三郎稲荷』(文献1)では、松戸本陣の主人は『高橋清右衛門』となっています。
本サイトで参考にした『新編 旧水戸街道繁盛記』(文献2)では、『松戸市史』からの引用として、松戸村の最初の本陣は吉岡隼人という人の屋敷に設けられたそうです。吉岡家は宝暦三年(1753年)まで代々本陣と名主・問屋を兼務していたそうですが、何らかの理由で罷免され、その後は伊東宗蔵という人が人々に推挙されて本陣経営し、宝暦末(1760年)以降は、『名主と問屋は、宗蔵と倉田次郎右衛門の二名で運営されたという』(文献2)とのこと。

・・・本陣はまた別の人が経営した用に読めますが、伊東家がそのまま経営したのか、落語にあるように高橋家が経営したのか?



松戸神社

落語では松戸神社は出てきませんが、本陣跡近くにある大きな神社です。
今回は駆け足旅だったので、松戸神社にお詣り出来ませんでした。

松戸神社は江戸時代までは『御岳大権現』と呼ばれていた、仏教の影響を受けた信仰の場だったそう。修験道系だったのでしょうか。

ところで、この御岳大権現(現 松戸神社)をはじめ、松戸にはいくつか水戸光圀さんが関わる伝説が残っているとのこと(参考サイト3)。
・・・いろいろ出かけては、何かやらかしている黄門さんであります(^^;)。




松戸駅周辺も開発されて、当時の趣もほとんどありませんが、それでもそれでも時代を感じさせる建物も点在しています。


本当なら松戸のあたりで、ランチで、鯉こくや鯰なべなど食べられる川魚料理のお店が見つけられたら良かったのですが、見つけられず…残念泣

また調べると、松戸でも最近、地酒が売り出されていることを知りました。
この時は買えなかったので、また近いうちに購入出来たら、松戸付近ではありませんが、茨城の自宅で、鯉やナマズ料理を食べながら、松戸の地酒で一杯やりたいと目論んでますグッド

さて、次回は、落語では語られていない笠間から取手までの道中を考えてみます。

続きます。
 → 落語『紋三郎稲荷』 の舞台を訪ねて (三)


*****************************
【参考文献】

1. 『古典落語大系 第五巻』 江國茂・大西信行・永井啓夫・矢野誠一・三田純一 編著
  三一書房
   p.156~ 『紋三郎稲荷』

2.『新編 旧水戸街道繁盛記』 山本鉱太郎 崙書房出版
 
3.『松戸宿の今と昔』 松戸よみうり 2022年10月25日


【参考サイト】

1. 松戸市観光協会 サイト
松戸本陣跡

2.WEB松戸よみうり
NEWS / WEB松戸よみうり / 歴史 / 第854号(2020年10月25日)
松戸宿の今と昔
https://www.matsudo417.com/matsuyomi/?p=4629

3.WEB松戸よみうり
NEWS / WEB松戸よみうり / 歴史 / 第849号(2020年5月24日)
松戸の黄門伝説




  

落語『紋三郎稲荷』 の舞台を訪ねて (一)


紋三郎稲荷とは、笠間稲荷の別名。

その笠間稲荷に絡んだ落語があります。
その名もスバリ 『紋三郎稲荷』。

以下、『古典落語大系 第五巻』(文献1)にある 『紋三郎稲荷』 を基に話を見ていきます。

この落語の主人公は、笠間藩牧野家の家臣 山崎平馬。

江戸勤番を命じられたが、風邪を引き寝込んだため、一行より3日遅れて出立するところから始まります。

寒い時期で体調も完全ではなかった平馬は、裏地に狐の毛皮(尻尾付き)を縫い付けた胴着を身につけ、更にその上に背割り羽織を着て、江戸に向かいました。

そして水戸街道に出て、途中、とって(取手:当時は『とって』と呼ばれた)で、渡しに乗って川を越えましたが、天気は時雨てきて北風も寒く、病み上がりには辛い状況。
そこで平馬は、松戸まで駕籠に乗ることにしました。

この駕籠を担ぐ二人の勘違いが第一の面白いところ。
平馬はその勘違いを利用していきます笑

松戸の陣屋に到着すると、駕籠かきから事情を聴いた陣屋当主の勘違い、そして近所を巻き込んでの騒動が第二の面白いところグッド

・・・しかしここで話のあらすじを細かく書くのは、野暮ってもの。

今はYoutubeなどで名人の話芸が聞けますので、是非そちらで、話をご堪能下さい笑

さて、この『紋三郎稲荷』は、紋三郎稲荷こと笠間稲荷のある笠間は、実はほとんど出てきません。
現在の茨城県・千葉県北東部辺りかが舞台の落語です。


写真は、笠間稲荷の参道から、笠間稲荷の楼門を望む(2021年2月撮影)。

狛犬ならぬ、お狐さまの石像があります。
お狐さまは、神社のご祭神 宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)の眷属でお使いです。

落語『紋三郎稲荷』の主人公 山崎平馬は、この笠間稲荷のある常陸国笠間藩(現在の茨城県笠間市)藩主 牧野氏の家来という設定。

今回、笠間は訪ねませんでしたが、この愉快な落語の聖地巡りということで、主人公の山崎平馬がたどった道に想いを巡らせて、車旅車ですが、回ってみました。

まず1回目の今回は、この話のメインが始まる、とって(取手)の渡しから、利根川を渡り、平馬が途中の茶屋に立ち寄るところまでです。


(1) とって(取手)の渡し

笠間を出て、どこの地点からから水戸街道に合流して歩いてきた山崎平馬は、当時『とって』と呼ばれてたという取手に到着。
そこから利根川で向こう岸まで渡ります。

落語の中では、取手についたのは 『八つ時を過きたあたり』 ということで、午後2時過ぎでしょうか。

江戸時代の頃、利根川を渡るため、街道筋にあたる取手にはいくつか渡し船があったようです(文献2)が、現在は、『小堀(おおほり)の渡し』 が残っています。

『小堀』と書いて『おおほり』と読みますびっくり
難読地名です!

小堀(おおほり) 地区は、大正時代に利根川の改修事業で、茨城県の川向こうの千葉県側に位置することとなり、取手市の飛び地となりました。


小堀(おおほり)の渡し』は、現在取手市が運営しており、取手市の中心付近の2カ所の乗り場と小堀地区をを繋いています。
(写真は2024年1月撮影)

 詳細:
 ● 取手市HP  小堀の渡し(おおほりのわたし) 
    https://www.city.toride.ibaraki.jp/mizutomidori/bunkakatsudo/kanko/kankomesho/ohorinowatashi.html

 ● 取手観光協会HP  小堀の渡し
   https://www.toride-kankou.net/page/page000009.html


ということで、まずは、 『小堀(おおほり)の渡し』 に乗ってみましたちょき

その体験については、先日書いた記事をご参照ください。
 → 豆電球 利根川の『小堀の渡し』に乗ってみた



(2)駕籠に乗った平馬が立ち寄る茶屋

落語『紋三郎稲荷』の話に戻りましょう。

とって(取手)から舟に乗り川を渡った平馬は、北風が病み上がりの身体に辛いために、ちょうど近づいてきた駕籠に乗ることにします。


写真は、茨城県側から利根川を渡った所にある、『小堀(おおほり)』地区付近(2024年1月撮影 以下同じ)。
先にも書いたように、茨城県取手市の飛び地です。

よく見ると、写真左奥に、利根川が蛇行していた時の名残の三日月湖である 『古利根沼』 が見えます。
小堀(おおほり)地区は、江戸時代後期は高瀬舟、明治初期は蒸気船通運丸の停泊する河岸として賑わったといいます(文献2)。

取手からの渡し船は複数あったそうです(文献2)。

この小堀(おおほり)地区は、江戸時代の頃はまだ川向こうではなかったので、平馬が渡ってきた場所候補にはなりません。
しかし今に残る渡し船でも行ける地ということで、訪れました。

さて平馬は、八つ時(午後2時)過ぎに取手に到着し、それから舟に乗って利根川を渡ったということで、午後3時過ぎに川向こうに到着し、それから駕籠に乗って出発したと想定。
当時、篭籠は一里(4km)を40~60分で走った走るといいますので、その平均で50分で走ったとして時速4.8kmくらいで走ったことにしましょう。

気前の良い平馬の様子に加え、防寒用の狐の毛皮の尻尾が見えることから、この籠屋が平馬を狐が化けている!!と思い込んでしまいます。

この駕籠屋と平馬のやりとりが、この落語の第一の山場?というか、面白いところちょき

水戸街道で江戸に向かう駕籠の中、駕籠かきの2人が自分をキツネだと勘違いしていることを知った平馬は、いたずら心豆電球を出します。

2人から訊かれるままに、笠間稲荷のお使いのキツネだと答え、途中に立ち寄った茶屋では稲荷寿司ばかり食べて、キツネのフリをします。

立ち寄った茶屋はどの辺りだと想定すると良さそうでしょうか。

当時、街道では、宿場町周辺はもちろんのこと沿道に茶屋があったといいます。

まず取手から我孫子までは(川も含めて?)、約7km。
我孫子宿から小金宿までは約8km。
小金宿から松戸宿までは、約9km。

落語では、どの辺りで茶屋に入ったかは触れられていませんが、まあ、我孫子宿から小金宿の間で茶屋に入ったとするのが自然でしょう。


我孫子宿の本陣跡。
JR常磐線 我孫子駅南口から南東へ500~600mあたり、道路に面したマンションの入り口付近に、本陣跡地の碑があります。









本陣跡からほど近い所に、我孫子宿の説明板がありました。

この辺りはほとんど宿場町の雰囲気は残っていないようで、この説明版で当時に想いを巡らすしかないのが残念泣





想定より手前ですが、そこからほど近い交差点のコンビニ(現代の茶屋♪)で、稲荷寿司とお茶を購入して食べましたちょき

落語の主人公の平馬の気分をちょっぴり感じられた・・・かな?(笑)笑

さて、次回は、我孫子宿を出て、小宿宿から、話の終盤で最大の山場の松戸宿を訪ねます車

続きます。

落語『紋三郎稲荷』 の舞台を訪ねて (二)



*****************************
【参考文献】

1. 『古典落語大系 第五巻』 江國茂・大西信行・永井啓夫・矢野誠一・三田純一 編著
  三一書房
   p.156~ 『紋三郎稲荷』

2.『新編 旧水戸街道繁盛記』 山本鉱太郎 崙書房出版
 


【参考サイト】

● 取手市HP  小堀の渡し(おおほりのわたし) 
    https://www.city.toride.ibaraki.jp/mizutomidori/bunkakatsudo/kanko/kankomesho/ohorinowatashi.html

 ● 取手観光協会HP  小堀の渡し
   https://www.toride-kankou.net/page/page000009.html











  

プロフィール
かるだ もん
かるだ もん
徒然なるままに、興味のあることを気ままに書いています。好きなことばは「中途半端も、たくさん集まればいっぱい!」(ドラマのセリフ)

地元つくばや茨城の話題を中心に、茨城の食材を使った家庭料理、民俗学もどき、国際交流、旅の話題など、趣味の記事を掲載中。

特に自分の勉強も兼ねて、
★民話・伝説紹介と、それにちなむ土地めぐり
★茨城を中心に、全国の郷土料理と食材(世界の料理も含む)の話題
の話題が多いです。

・ヒッポファミリークラブ(多言語自然習得活動と国際交流)
・観光ボランティア
・郷土食研究会うまかっぺ!茨城

別館: 夢うつつ湯治日記 https://note.com/carfamom/

オーナーへメッセージ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 39人
アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE