絵解きに挑戦!筑波山神社境内社の装飾彫刻4 ~春日神社(1)


筑波山神社の境内社(厳島神社・日枝神社本殿・春日神社本殿・日枝春日両社拝殿)の装飾彫刻の意味の読み解きにトライするシリーズ。

今までの記事

第1回: 厳島神社(前編・後編)
  豆電球絵解きに挑戦! 筑波山神社 境内社装飾彫刻1~厳島神社(前編)
  豆電球絵解きに挑戦!筑波山神社 境内社装飾彫刻1~厳島神社(後編)

第2回: 春日神社日枝神社両社拝殿 
  豆電球絵解きに挑戦!筑波山神社境内社の装飾彫刻2 ~春日神社日枝神社両社拝殿

第3回:日枝神社(1)(2)(3)
  豆電球絵解きに挑戦!筑波山神社境内社の装飾彫刻3 ~日枝神社(1)
  豆電球絵解きに挑戦!筑波山神社境内社の装飾彫刻3 ~日枝神社(2)
  豆電球 絵解きに挑戦!筑波山神社境内社の装飾彫刻3 ~日枝神社(3)



双子のように同じ形のお社がなかよく並んでいる、日枝神社と春日神社。

向かって右が日枝神社で、向かって左、筑波山神社拝殿に近い方が春日神社です。
春日神社本殿も日枝神社本殿同様に『三間社流造』 で、寛永十年(1633年)に建立されたもので、茨城県指定文化財です。

前回までの日枝神社同様、春日神社本殿の彫刻を、3回に分けて見ていきます。

今回は、春日神社本殿の向拝の蟇股彫刻についてです。


(4)-1 春日神社 向拝の3つの蟇股の彫刻

春日神社の向拝の3つの蟇股には、それぞれ『鹿』の彫刻があります。
『鹿』は、春日神社の神様の神使とされているため、選ばれたのでしょう。
これは、厳島神社の向拝蟇股の『蛇』や、お隣の日枝神社の向拝蟇股の『猿』と同じです。


① 向かって左の蟇股の『鹿』


紅葉(モミジ)=楓(カエデ)の葉と一緒に彫られています。

花札にもあるように、『鹿とモミジ(カエデ)』は定番の組み合わせ。
カエデの葉は赤いので、まさしく紅葉(もみじ)。

鹿は体ごと向かって右、中央の方を向いています。






ちなみにこちらの蟇股は、後ろ側からも見ることができます。
後ろ側は全面カエデの葉の彫刻。








② 中央の蟇股の『鹿』


こちらの鹿は体は向かって左の方を向いていますが、首を大きく曲げて、向かって右の方に向けています。
一緒に彫られているのは、やはりカエデ(モミジ)。
良く見ると、赤色以外にも、黄色や緑色だったらしい葉もあるように見えます。

彩色が残っていたら、赤・黄・緑と、あでやかな色遣いだったように思いますキラキラ






③ 向かって右の蟇股の『鹿』


こちらの鹿は体ごと向かって左を向いています。
飛び跳ねているようで、躍動感を感じますねグッド

こちらも楓(かえで)/紅葉(もみじ)が一緒に彫られています。
赤っぽい葉に交じり、こちらも黄色か、もしかしたら緑色だったらしい葉もあるように見えます。


さて文献1によると、鹿の彫刻は一般には『角が生えた雄鹿』を彫るそうです。

さらに春日神社の総本社の奈良の春日大社には、春日の神は白い鹿に乗って常陸国の鹿島神宮からやってきた・・・という伝説が伝わり、大きな角を持った白い鹿に乗った神様の図『鹿島立ち神影図』が所有されています(文献3)。
大きな角があるのですから、大人の雄の鹿です。

しかし、こちらの春日神社の鹿の彫刻は、3体とも角らしいものは見当たりません。
雌の鹿か、角がまだ生えていない子鹿ということですよね。

神使の動物の図像としては、雄鹿だけか、つがい(雄鹿&雌鹿)だったり、日光の猿の彫刻のように母子だとまだ納得できるのですが、こちらの春日神社の彫刻では雄鹿ではなく、雌鹿だけもしくは子鹿だけというのは、何か意図があったのでしょうか?(← つい、深読みしてしまう(^^;))

他の社寺彫刻(特に『鹿』が神使である春日神社や鹿島神社と名付けられたお社)でも、雌鹿のみ、子鹿のみの例があるのでしょうか?
追々調べてみたいと思います。

さて、この三体の鹿の構図は、先に見た日枝神社の本殿の方の蟇股の山鳥の構図に似ています。
山鳥の方は、『つがいに近づく別のオス』みたいな印象がありましたが(←勝手に私がそう見ている^^;)、こちらは、3体とも雌鹿か子鹿なので、ちょっと違うストーリーがありそうな?

①の鹿: 腰を高くし、体の前半分は低くして、これからジャンプしそうな姿勢。
②の鹿: 左の鹿に近づこうした時、後ろから(右から)近づいてきた鹿に気づいて見る。(“ん?何?”という表情)
③の鹿: 跳ねながら近づいてくる。(何か伝えたそう?)

・・・またまた妄想がいろいろ浮かびます♪グッド

次回は、春日神社の本殿の3体の鳥の蟇股彫刻を見ていきます。
絵解きに挑戦!筑波山神社境内社の装飾彫刻4 ~春日神社(2)



***************************************************************************
【参考文献】

1. 『図説 社寺建築の彫刻 東照宮に彫られた動植物』  高藤晴俊 著 東京美術

2. 『日光東照宮の謎』 高藤晴俊 著 講談社現代新書

3. 『国宝 大神社展』 図録 東京国立博物館・九州国立博物館 編集 NHK・NHKプロモーション発行








同じカテゴリー(茨城&つくば プチ民俗学・歴史)の記事画像
常陸大宮に伝わる 頑張った犬の伝説2つ(後編)
常陸大宮に伝わる 頑張った犬の伝説2つ(前編)
筑波山麓の『しっぺい太郎』伝説(後編) ~ 『しっぺい太郎』の姿を訪ねて
筑波山麓の『しっぺい太郎』伝説(前編)
『おでにちさま』の飾り
筑波山神社 観月祭
同じカテゴリー(茨城&つくば プチ民俗学・歴史)の記事
 常陸大宮に伝わる 頑張った犬の伝説2つ(後編) (2018-12-13 22:46)
 常陸大宮に伝わる 頑張った犬の伝説2つ(前編) (2018-12-06 00:31)
 筑波山麓の『しっぺい太郎』伝説(後編) ~ 『しっぺい太郎』の姿を訪ねて (2018-11-07 23:18)
 筑波山麓の『しっぺい太郎』伝説(前編) (2018-11-04 20:36)
 『おでにちさま』の飾り (2018-10-09 23:45)
 筑波山神社 観月祭 (2018-09-25 20:31)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
コメントフォーム
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
プロフィール
かるだ もん
かるだ もん
徒然なるままに、興味のあることを気ままに書いています。好きなことばは「中途半端も、たくさん集まればいっぱい!」(ドラマのセリフ)

地元つくばや茨城の話題を中心に、茨城の食材を使った家庭料理、民俗学もどき、国際交流、旅の話題など、趣味の記事を掲載中。

特に自分の勉強も兼ねて、
★民話・伝説紹介と、それにちなむ土地めぐり
★茨城を中心に、全国の郷土料理と食材(世界の料理も含む)の話題
の話題が多いです。

・ヒッポファミリークラブ(多言語自然習得活動と国際交流)
・観光ボランティア
・郷土食研究会うまかっぺ!茨城



オーナーへメッセージ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 5人
アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE