【家庭で堪能!おいしい 茨城&つくば(86)】蕎麦の実(そば米)のリゾット 平茸とチキンのラグー添え


最近、そばの実がブームらしく、時々、そばの実の袋詰めを見かけます。

近所の農産物直売所で、なんと、常陸秋そばの実!!があったので、購入♪
(時期的にはまだ、今年の新そばでないと思いますが、『常陸秋そば』のそばの実は珍しいですよね)。

今流行りの食べ方は、スムージーにするとかのようですが、やっぱりそばの実のぷちぷち感を楽しみたい。


和風の雑炊も考えましたが、今回は、イタリア風にリゾットにして、平茸とチキンの煮込み(ラグ―)を添えてみましたちょき

鶏がらスープでそばの実を茹でるので、『そば湯』のチキンスープも出来ちゃいます♪



あと、キノコは、お手軽なのにとっても美味しい平茸(ひらたけ)をたっぷりキラキラ使いました。


『ひらたけ』は、ひと昔前までは『しめじ』としてスーパーで売られていた、あの黒っぽいキノコです。

今の市販の『しめじ』は ぶなしめじ が殆どですが、ひらたけ(平茸)の方が美味しいハートので、こちらを使います。
※マッシュルームでもとても美味しいのですが、マッシュルームはちょっとお高いので、たっぷり使いたいときは是非ひらたけで笑





最近は、新潟産で『霜降りひらたけ』という、写真のような大きいタイプも見かけますね♪









【材料】 3~4人分 野菜・肉類は、茨城県産でまかなえますね♪

<リゾット用>


・(殻をむいた)蕎麦の実   ※今回は常陸秋そばの実 300g
  殻をむいた蕎麦の実は、『そば米』とも呼ぶそうです。








<ラグー用> ちょっと多めになりますが、パン等に乗せても美味しいので是非たくさん作って!

・平茸 2〜3パック
・鶏挽肉 300g
・にんじん 1/2本
・玉ねぎ 1/2個
・にんにく 2/3かけ
・トマトペースト 200g
・白ワイン 100cc
・塩
・胡椒
・(あれば)ナツメグ
・(あれば)シナモン
 ※ナツメグとシナモンが入ると味も風味もぐっと深みが増しますのでお勧めです。


<スープ 兼 蕎麦の実の煮込み用>

・鶏手羽元 6個
・玉ねぎ 1/2個
・にんにく1/3かけ
・水
・塩
・胡椒



【作り方】



1. 蕎麦の実を煮るためのスープを作る。
鶏手羽元がかぶる位の水に刻んだ玉ねぎ、にんにくを入れ、水から具を煮る。3時間くらい煮る。

(保温調理器が便利で経済的で楽です)

※鶏手羽元の肉が骨から簡単に外れるくらい柔らかく煮ると美味しい。





2. ラグー(煮込み)を作る。
 油をひいたフライパンに、みじん切りに刻んだにんじんと、たまねぎを弱火で蓋をしてじっくり炒める。 20分程度。









3. 2に鶏挽肉を入れて軽く炒めた後、蓋をして弱火で5分ほど炒め煮。
挽肉に火が通ったら、みじん切りにした平茸を加え、再び、一度さっと炒めた後、蓋をして弱火でじっくり5分ほど炒め煮(焦がさないように注意)。

※ひらたけは、たっぷりが美味しい♪









4. 平茸もしんなりして火が通ったら、トマトペーストと白ワインを、加え、塩、胡椒、シナモン、ナツメグで味を整え、再び蓋をして弱火で10分ほど煮込んで 出来上がり。
 豆電球シナモンとナツメグが加わると、味と風味に深みが増しますので、あったら是非入れてみてください。







5. 1のチキンスープが出来たら、蕎麦の実(そば米)を入れて18分〜20分ほど煮て、スープから上げる。
  ※スープはそばも茹でたので、『チキンスープ&そば湯』で、美味しく滋味豊か。食事の時のスープとしてご一緒に豆電球








こちらはアルデンテに煮た蕎麦の実。
爽やかな緑色がそのまま生きていますね♪









6、皿に、5の蕎麦の実のリゾットを盛り、5のラグ―を添える。
 加えて、2で出来た、茹でた鶏手羽元も添えて出来上がり。









 
スープも一緒にどうぞ笑
※スープは、いわゆる「そば湯」のチキンスープバージョンで、こちらも滋養たっぷりです♪ 
後でお好みの野菜を加えても良いですね♪






チキンスープの旨みをたっぷり含んだ、アルデンテの蕎麦の実のリゾット。
平茸とチキンと野菜の旨みたっぷりのラグーがよく合いますハート

このラグーはトーストに乗せてもとっても美味しいので、たくさん作り置きすると便利ですちょき。 
お弁当のおかずに添えても美味しいキラキラ


これから、新そばが出てくる季節。
新そばの常陸秋そばの実で作ったリゾットも作れるかな♪ 
楽しみですハート












同じカテゴリー(家庭で堪能!おいしい 茨城&つくば)の記事画像
(88)サルナシ
(87) 結城&福井の郷土食コラボ♪ すだれ麩ときゅうりの胡麻からし酢味噌和え
(85)さつまいもの葉の おひたし
(84)初秋のエディブルフラワー、ニラの花 と 花オクラ を味わう
(83)枝豆餅のシソの葉包み
(82)薬味たっぷり 土用しじみの冷や汁ごはん
同じカテゴリー(家庭で堪能!おいしい 茨城&つくば)の記事
 (88)サルナシ (2018-10-20 09:46)
 (87) 結城&福井の郷土食コラボ♪ すだれ麩ときゅうりの胡麻からし酢味噌和え (2018-07-28 14:35)
 (85)さつまいもの葉の おひたし (2017-09-11 20:31)
 (84)初秋のエディブルフラワー、ニラの花 と 花オクラ を味わう (2017-09-07 21:26)
 (83)枝豆餅のシソの葉包み (2017-08-29 20:49)
 (82)薬味たっぷり 土用しじみの冷や汁ごはん (2017-08-18 20:40)
Posted by かるだ もん at 23:03│Comments(0)家庭で堪能!おいしい 茨城&つくば
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
コメントフォーム
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
プロフィール
かるだ もん
かるだ もん
徒然なるままに、興味のあることを気ままに書いています。好きなことばは「中途半端も、たくさん集まればいっぱい!」(ドラマのセリフ)

地元つくばや茨城の話題を中心に、茨城の食材を使った家庭料理、民俗学もどき、国際交流、旅の話題など、趣味の記事を掲載中。

特に自分の勉強も兼ねて、
★民話・伝説紹介と、それにちなむ土地めぐり
★茨城を中心に、全国の郷土料理と食材(世界の料理も含む)の話題
の話題が多いです。

・ヒッポファミリークラブ(多言語自然習得活動と国際交流)
・観光ボランティア
・郷土食研究会うまかっぺ!茨城



オーナーへメッセージ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 5人
アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE