【家庭で堪能!おいしい茨城&つくば(58)】 旧6月1日の角まんじゅう


いばらきの味―郷土料理献立集 食彩百景』(1995年 茨城県衛生部成人病対策課 編集発行)という料理の資料があります。
茨城県内の図書館や公民館とかに置かれている本(というかファイルの形)なので、ご覧になった方もいらっしゃるかと思います。

料理のカラー写真とともに、材料・作り方はもちろん、栄養素と栄養バランスの図表があるのが、成人病対策課発行らしい(^m^)

でも、『郷土料理献立集』と銘打ってるだけあり、
たとえば各料理には『伝えたいこと』の一文があります。

そこには料理にまつわる話、行事の説明が書かれていたりして、とても面白いのですキラキラ

さてこの中に、(当時)総和町食生活改善推進会からのレシピで、『角まんじゅう』というおやつのレシピがありました。(※旧総和町は、現在は古河市)



『伝えたいこと』には
旧暦の6月1日に作り、作神様にお供えとし、豊作を祈ったという茹でまんじゅうです
とのこと。

そして2015年の今年の、旧暦6月1日は、7月16日!昨日でしたちょきグッド

これは作るしかない♪ 笑ということで、作ってみました(^o^)



【材料】 『いばらきの味―郷土料理献立集 食彩百景』より転載

・小麦粉 200g
(薄力粉を使用)
・熱湯 適宜
・あん 320g

(今回、市販の缶詰の煮小豆を使用)
豆電球 小麦粉、小豆は、茨城産もありますので、手に入ったら是非それを使うと、ご利益ありそうな♪

【作り方】 『いばらきの味―郷土料理献立集 食彩百景』より転載

1.小麦粉を熱湯で耳たぶくらいのかたさにこね、5~6分ねかせる。
2.生地、あんを12個に分ける。生地は丸く広げ、あんをのせる。四方から生地をたたみ。四すみに角をつくる。
3.熱湯に入れて茹でる。浮いてきたら出来上がり。


で、上の作り方に従い、
アバウトに♪作ってみましたちょき




小麦粉に熱湯を少しずつ入れ、やけどに気をつけながらこねていく。
こねながら、硬さをみてお湯の量を加えていくと良いです。









耳たぶくらいの硬さになったら、12等分ときっちり分けませんでしたが、直径4cm程度のボールを作り、それを手のひらで平らに丸く広げる。









皮は薄~くしなくてもOK。
少々厚い方が良いかも?









あんを真ん中にのせる。多すぎないように注意。(量が多いと、閉じるとき、あんがはみでてしまいます)









まずこんなふうに、半月型に真ん中を合わせ、










半月の長い側も、真ん中に寄せて、合わせて











こんな風に、四つの「角」を作るように、形を整えます。










作ってると結構楽しい。
子供と一緒に作っても楽しそうです♪

写真には明らかな『失敗作』もありますが(笑)、茹でてしまえば、問題なく美味しい♪







沸騰したお湯に入れて茹でること数分。
投入時、鍋の下に沈んでたまんじゅうが、ぷか~と上に浮いてきたら出来上がり。
網ですくうと取り出しやすいです。







アツアツでも美味しいですし、荒熱を取ってラップして一晩冷蔵庫で冷やしたものも、美味しかったですハート

あずき餡の代わりに、かぼちゃ餡やさつまいも餡でも美味しそうですし、ずんだ風の餡や、ナッツ入り餡でも美味しそうですね。







『角まんじゅう』の『角』はたぶん、『つの』と読むのかな?
『かど』でも『かく』でもありな気がしますが、本当の読み方をご存じの方がいらしたら、ご教示くださいませ。


茹でるまんじゅう…といえば、結城の『茹でまんじゅう』を思い出します。
総和(古河)と結城は地理的にも近いですね。
昔から伝統的におまんじゅうを蒸かすのでなく、茹でる作り方だったりするのかな??
これも、ご存じの方、ご教示ください。

『作神様』は、豊作の神様キラキラ

旧暦6月1日ごろは、麦の収穫も終わり、田の稲がどんどん育っていく時期ですよね晴れ
美味しい食べ物が頂けることを感謝しながらキラキラ、角まんじゅう、頂きましょう♪ハート


【参考文献】
『いばらきの味―郷土料理献立集 食彩百景』 1995年 茨城県衛生部成人病対策課 編集発行 

豆電球この資料、とても良い本だと思います。
図書館や公民館用の資料だけでなく、ムック本のような形で多くの人に使ってもらったら良いのになぁと思います。










同じカテゴリー(家庭で堪能!おいしい 茨城&つくば)の記事画像
(86)蕎麦の実(そば米)のリゾット 平茸とチキンのラグー添え
(85)さつまいもの葉の おひたし
(84)初秋のエディブルフラワー、ニラの花 と 花オクラ を味わう
(83)枝豆餅のシソの葉包み
(82)薬味たっぷり 土用しじみの冷や汁ごはん
(81)ごいし豆とポークの煮込み メキシコ風
同じカテゴリー(家庭で堪能!おいしい 茨城&つくば)の記事
 (86)蕎麦の実(そば米)のリゾット 平茸とチキンのラグー添え (2017-09-15 23:03)
 (85)さつまいもの葉の おひたし (2017-09-11 20:31)
 (84)初秋のエディブルフラワー、ニラの花 と 花オクラ を味わう (2017-09-07 21:26)
 (83)枝豆餅のシソの葉包み (2017-08-29 20:49)
 (82)薬味たっぷり 土用しじみの冷や汁ごはん (2017-08-18 20:40)
 (81)ごいし豆とポークの煮込み メキシコ風 (2017-08-14 20:32)
Posted by かるだ もん at 18:46│Comments(2)家庭で堪能!おいしい 茨城&つくば
この記事へのコメント
これは気になります!
食べるの大好きですから!!(笑)
蒸しても美味しそうな…
確かに、手元に置いておきたい本ですね~
Posted by つくばちゃんねる at 2015年07月22日 09:52
つくばちゃんねるさま

いつもコメントありがとうございます!
『いばらきの味―郷土料理献立集 食彩百景』、本当に良い資料なので、ムック本みたいな形でお求めやすい書籍すると、いばらきの伝統の味が広く伝わると思います。
県の担当課で是非考えてもらいないかなぁと思います♪
Posted by かるだもんかるだもん at 2015年07月22日 21:24
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
コメントフォーム
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
プロフィール
かるだ もん
かるだ もん
徒然なるままに、興味のあることを気ままに書いています。好きなことばは「中途半端も、たくさん集まればいっぱい!」(ドラマのセリフ)

地元つくばや茨城の話題を中心に、茨城の食材を使った家庭料理、民俗学もどき、国際交流、旅の話題など、趣味の記事を掲載中。

特に自分の勉強も兼ねて、
★民話・伝説紹介と、それにちなむ土地めぐり
★茨城を中心に、全国の郷土料理と食材(世界の料理も含む)の話題
の話題が多いです。

・ヒッポファミリークラブ(多言語自然習得活動と国際交流)
・観光ボランティア
・郷土食研究会うまかっぺ!茨城



オーナーへメッセージ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 4人
アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE