【家庭で堪能!おいしい茨城&つくば(41)】 <<常陸国風土記1300年記念! 家庭で作る なんちゃって!?古代食(1)>>鮭と蕪、蕪の葉の蒸し焼き ふくれみかん風味

※2013年11月16日(土)朝9:15-30 ラヂオつくば『つくばね自由研究クラブ』での放送内容を、再構築したものです。



常陸国風土記1300年記念! 家庭で楽しむ、常陸国風土記の食! なんちゃて古代食♪レシピですにこにこ

キャンプ等では、かなりワイルド料理が楽しめると思いますが、ここはご家庭の台所で楽しめる『古代からある食材を使った料理』です。

前回の記事にも書きましたが、常陸国風土記に記載されいる食材、遺跡で発掘された史料等をもとに作っていますので、当たらずとも遠かだずだと自負しておりますグッド
しかも、美味しいので、是非お試しくださいグルメ




その1つめは、鮭と蕪を使った料理。
油を使わず、水分で蒸し煮します笑

また1300年前の時代、蕪は、根以上に、葉が重要だったようです。
なので、葉が美味しそうな蕪をまず手に入れて下さいハート
この葉がまた美味しいのです♪





【材料】 量は適宜で♪

・鮭 今回は岩手県産秋鮭
・蕪 根も葉も全部使います 茨城県産
・福来(ふくれ)みかん 筑波山名物。 なければ、柚子でもスダチでも、お庭の酸っぱい柑橘類でもOK!
 市販されている『藻塩』だとより気分が出ますし、美味しいです。
水 少々


【作り方】

1.蕪の葉は食べやすい大きさに切ります。

2.蕪の根は、皮つきのまま、厚さ5mmくらいにスライス。
  皮がついていた方が、形がしっかりして食べやすいです。

3.ふくれみかんの果汁を搾り、みかんの皮を細く刻んでおく。


4.容器に蕪の葉を敷き、その上に蕪の根のスライスを並べ、その上に鮭の切り身を置き、さらにふくれみかんの皮を散らします。

5.全体に塩を軽く振り、ふくれみかんの果汁をかけます。

6.水少々(100cc位)を加え、ふたをし、中火程度で蒸し焼きにします。
 途中、水が足りなくなったら適宜足します。鮭に火が通るまで蒸し焼き。
 また途中、火の通り具合によっては、鮭をひっくり返して良いですが、形が崩れないようにご注意豆電球




7.鮭に火が通ったら出来あがりですべーっ

  お好みで、食べる時に、更にふくれみかんの果汁を加えてもOKです。

  そのままアツアツを頂いても良いですが、一度火を止めて冷ましてから、再度加熱すると蕪に更に味をしみこんで美味しいですちょき

 また、冷めたものを冷蔵庫で1日程度置くと、煮こごりになっていて、煮こごりと一緒に食べるのも大変美味しいですハート



 油を使わないので、ヘルシーですし、蕪の葉の苦みが、蕪の根と鮭の旨みを引き立てて、美味しいです。

 きっと、古代の人々も、鮭が取れた日には、こんなごちそうを食べていたんだろうな~キラキラと、思いをはせながら、召し上がってくださいませハート


 次回の、『家庭で作る なんちゃって!?古代食(2)』も、お楽しみに♪  






 

 



同じカテゴリー(家庭で堪能!おいしい 茨城&つくば)の記事画像
(87) 結城&福井の郷土食コラボ♪ すだれ麩ときゅうりの胡麻からし酢味噌和え
(86)蕎麦の実(そば米)のリゾット 平茸とチキンのラグー添え
(85)さつまいもの葉の おひたし
(84)初秋のエディブルフラワー、ニラの花 と 花オクラ を味わう
(83)枝豆餅のシソの葉包み
(82)薬味たっぷり 土用しじみの冷や汁ごはん
同じカテゴリー(家庭で堪能!おいしい 茨城&つくば)の記事
 (87) 結城&福井の郷土食コラボ♪ すだれ麩ときゅうりの胡麻からし酢味噌和え (2018-07-28 14:35)
 (86)蕎麦の実(そば米)のリゾット 平茸とチキンのラグー添え (2017-09-15 23:03)
 (85)さつまいもの葉の おひたし (2017-09-11 20:31)
 (84)初秋のエディブルフラワー、ニラの花 と 花オクラ を味わう (2017-09-07 21:26)
 (83)枝豆餅のシソの葉包み (2017-08-29 20:49)
 (82)薬味たっぷり 土用しじみの冷や汁ごはん (2017-08-18 20:40)
Posted by かるだ もん at 21:25│Comments(0)家庭で堪能!おいしい 茨城&つくば
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
コメントフォーム
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
プロフィール
かるだ もん
かるだ もん
徒然なるままに、興味のあることを気ままに書いています。好きなことばは「中途半端も、たくさん集まればいっぱい!」(ドラマのセリフ)

地元つくばや茨城の話題を中心に、茨城の食材を使った家庭料理、民俗学もどき、国際交流、旅の話題など、趣味の記事を掲載中。

特に自分の勉強も兼ねて、
★民話・伝説紹介と、それにちなむ土地めぐり
★茨城を中心に、全国の郷土料理と食材(世界の料理も含む)の話題
の話題が多いです。

・ヒッポファミリークラブ(多言語自然習得活動と国際交流)
・観光ボランティア
・郷土食研究会うまかっぺ!茨城



オーナーへメッセージ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 4人
アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE