常陸国風土記1300年記念! 常陸国風土記の楽しみ方 『握り飯持ってどこへ行こう?』前編 
お腹がすく常陸国風土記 古代を味わおう!


※2013年11月16日(土)朝9:15-30 ラヂオつくば『つくばね自由研究クラブ』での放送内容を、再構築したものです。


 常陸国風土記は、奈良時代の初め、「各地の風俗地理をまとめて提出せよ」という勅令が出てまとめられた文書の一つで、当時55ほどあった国(地域)の中で、現在残っているのはたった5つの国の風土記のみ。
 その中の一つが常陸国風土記。近畿、東日本で、唯一残っている文書なのです!

 常陸国風土記の特色は、美しく格調高い「べんれい体」という文章で書かれている等、難しい話もありますが、1300年前の生活も見えてくる楽しい資料でもあります。
 今でいうピクニックや宴会のシーンが何箇所か出てきます。(歌ったり、踊ったり、お酒を飲んだり)びっくり


とうことで、ワタクシ的、常陸国風土記の楽しみ方!を2回に分けてお送りします。
題して 「握り飯持ってどこ行こう?」
その前篇「おなかがすく常陸国風土記。古代を味わおう!」です。


*******************************************************

1300年の昔から、この我が常陸国は海の幸・山の幸の食材が豊富だと、格調高くキラキラ書かれています。


それでは具体的にどんなものがあるかというと・・・


【常陸国風土記の記載から】

水産物: 
魚いろいろ(総記、行方郡、多珂郡)、鯉(香島郡 沼尾 寒田)、鮒(香島郡 沼尾 寒田)、
年魚(あゆ 久慈郡 山田)、鮭(久慈郡 助川)、
白貝(おう、行方郡 板来)、辛螺(にし、行方郡 板来)、蛤(うむぎ 行方郡 板来)、津白貝/いろいろな貝もの(つのう くさぐさのかひつもの 行方 板来の南の洲)、蜃(うむき はまぐり 那賀郡)、鰒魚(あわび 多珂郡)
塩(総記、行方郡(塩を焼く藻))、海苔(信太郡 乗浜)、海松(みる 行方郡)、海藻(め 多珂郡 藻島)

鳥獣: 
鹿(信太郡 葦原、多珂郡)、猪(行方郡 当麻)、鴨(行方郡)、馬(行方郡…多分、食用でない)

農作物:
蓮根(はちす 香島郡 沼尾)、粟(筑波郡 筑波山「新粟(わせ)の新嘗(にいなめ)」)、米(行方郡(開墾))
※「筑波」の枕詞は、「握飯(にぎりいい)」 「握り飯(にぎりいい)筑波の国」!

果実:
橘(行方郡、香島郡 沼尾)、椎(行方郡)、栗(行方郡 当麻)、竹(行方郡)、ハハソ(ナラ・クヌギ類?(行方郡 当麻)、 桑の実?(桑 総記)

薬草: 
麦門冬(やますげ 薬草?行方郡)、伏苓(まつほど 薬草 香島郡 軽野里~若松浜)、
伏神(ねまつほど 薬草 香島郡 軽野里~若松浜)、


(香島郡、行方郡ほか)、久慈の味酒(うまさけ 久慈郡)


【遺跡からの出土】
・25種類以上確認
イネ、アワ、ヒエ、キビ、オオムギ、コムギ、ソバ、ダイズの一種、マメ科、ササゲ、エゴマ、シソ科、サンショウ、ヤマブドウ、カキ、ウメ、モモ、カボチャ、クリなど


【その他】

・味噌、醤油、穀物酢は、常陸国風土記の編纂の頃(奈良時代初め)、一部の上流階級が高級食材として、宴会の時などに具されていただけとのこと。庶民の口に入ることはなかったようです。

 ※ただし、発酵が簡単な果実酢のようなものは、作られていたのではないかと考えます。

・野菜: 大根・蕪、
 奈良時代初期には、食べられていたそうです。葉をメインに食べていたようです。
 『日本書記』にも、蕪について言及されている文章があるそうです。


**************************************************************

以上のことを考えて、家で簡単に作れて美味しい、『なんちゃって古代食♪』メニューです。

『なんちゃって』ですが、常陸国風土記、日本書記等の資料や、遺跡の出土などを考慮してますので、それほどはずれてないのではないかな~♪ と思ってます。



味付け
塩、酢(柿酢)、かんきつ類果汁


 ※塩は、市販の『藻塩』が手に入ると、より気分が出ますし、美味しいです。

 ※柿酢は柿の実を自然に発酵させて作る酢で、比較的作りやすいと聞いたことがあります。
   遺跡からも柿の種が発見されているとのことなので、古代の人も、秋に柿の実を取って柿の果実酢を作っていたのだろうと想像して、
   柿 酢(市販品)を使いました。

 ※かんきつ類果汁は、常陸国風土記にも記載のある『橘』をヒントに。


メニュー

豆電球お弁当用

・玄米と粟のおむすび シソの葉(大葉)包み

 味付けは塩(藻塩)のみ。シンプルですが、玄米が香ばしくて美味しいです。大葉の香りもgood♪

 ※汚れた手でも食べられるように、葉っぱで包んで。今回は食べられるシソの葉で包みました。柏餅の感覚♪
  ホウの葉、柏の葉、サルトリイバラ等(もし当時もあったら)、使われていたのではないかなと思います。  
  逆に、包む葉は毒がないものを選ぶ必要があります。 

  写真は、黒米も加えたものです。 玄米は30~40分、水に浸してから焚いて下さい。


豆電球おうちごはん用 (レシピは近日中に随時公開)

鮭の蒸し焼き(カブの葉包み焼き)、ふくれみかん風味 ← 12/3 作成しました♪ 
 
貝と大根のスープ と 玄米&粟ごはん (スープご飯)  ← 12/5 作成しました♪

豚肉(猪の代わり)とレンコン 柿酢煮 ← 12/11 作成しました♪


次回は、「握り飯持ってどこ行こう? 常陸国風土記の楽しみ方 後篇 お出かけの場所編」です。
ワタクシ的、おすすめのお出かけプランをお教えします。お楽しみに!


---------------------------------------
●参考文献

1. 『常陸国風土記 全訳注』  秋本吉徳 著 講談社学術文庫
2. 『常陸風土記の世界』 江原忠昭 著  筑波書林 ふるさと文庫
3. 『常陸国風土記の世界』 茂木雅博 著 同成社
4. 『理想郷とよばれた常陸国 -古代茨城の魅力と実力』 かすみがうら市郷土資料館
5. 『ひたちなか 埋文だより 31』 ひたちなか市埋蔵文化財調査センター 
6. 『ひたちなか 埋文だより 35』 ひたちなか市埋蔵文化財調査センター 


●参考ホームページ

キッコーマンHP 『しょうゆのすべて』
第一三共株式会社 食彩辞典
山梨県埋蔵文化センターHP 『遺跡トピックスNo.0178』 
(独)畜産産業振興機構HP 『かぶ』
(独)畜産産業振興機構HP 『だいこん』
 
























同じカテゴリー(茨城&つくば プチ民俗学・歴史)の記事画像
筑波山神社 ご神橋の修理工事
茨城こんなもの見つけた♪(39)  鹿島の帯占い
茨城こんなもの見つけた♪(38)  東国三社守
絵解きに挑戦!筑波山神社境内社の装飾彫刻4 ~春日神社(3)
絵解きに挑戦!筑波山神社境内社の装飾彫刻4 ~春日神社(2)
絵解きに挑戦!筑波山神社境内社の装飾彫刻4 ~春日神社(1)
同じカテゴリー(茨城&つくば プチ民俗学・歴史)の記事
 筑波山神社 ご神橋の修理工事 (2018-08-19 10:29)
 茨城こんなもの見つけた♪(39) 鹿島の帯占い (2018-07-22 17:19)
 茨城こんなもの見つけた♪(38) 東国三社守 (2018-07-18 21:51)
 絵解きに挑戦!筑波山神社境内社の装飾彫刻4 ~春日神社(3) (2018-06-28 20:38)
 絵解きに挑戦!筑波山神社境内社の装飾彫刻4 ~春日神社(2) (2018-06-20 00:08)
 絵解きに挑戦!筑波山神社境内社の装飾彫刻4 ~春日神社(1) (2018-06-12 22:11)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
コメントフォーム
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
プロフィール
かるだ もん
かるだ もん
徒然なるままに、興味のあることを気ままに書いています。好きなことばは「中途半端も、たくさん集まればいっぱい!」(ドラマのセリフ)

地元つくばや茨城の話題を中心に、茨城の食材を使った家庭料理、民俗学もどき、国際交流、旅の話題など、趣味の記事を掲載中。

特に自分の勉強も兼ねて、
★民話・伝説紹介と、それにちなむ土地めぐり
★茨城を中心に、全国の郷土料理と食材(世界の料理も含む)の話題
の話題が多いです。

・ヒッポファミリークラブ(多言語自然習得活動と国際交流)
・観光ボランティア
・郷土食研究会うまかっぺ!茨城



オーナーへメッセージ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 4人
アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE