ネパールの渡辺謙!? JICA筑波研修員の方の1泊2日ホームステイ!(1)

(初出:2010年1月11日 22時14分


1月9日(土)~10日(日) 我が家にネパールのプリスヴィさんがステイされました。

 プリスヴィさんは、地震学の研究者で、昨年9月から1年間の予定で、つくば市内某研究所に通われています。
お国には、同じ職場に勤める地震学者の奥さんと10歳の息子さんがいるそうで、写真を見せてもらったら、すごい美人とかわいい息子さんでした笑


 9日(土)10:30~ゲストとホスト家庭との対面式が、JICA筑波の会議室でありました。今回はつくばの各研究所に通う5人の皆さんが、私の所属するヒッポファミリークラブのメンバーの家庭にそれぞれ、ホームステイしました。
 (これは毎年2~3回 JICA筑波さんのご協力の下、ヒッポファミリークラブの茨城のメンバーが主催しているホームステイプログラムです)

 我が家は前日8日夜の、JICA筑波での新春の集い で既にお会いしていましたし、他の4人の研修員の皆さんは、昨年11月の幼稚園児とJICA研修員交流会にも参加されていた方ばかりで、ヒッポのメンバーとは、ほぼ顔なじみとなっており、「また会えたね!」という感じで非常に和気あいあいとしたものでした。
 
 我が家のゲスト、プリスヴィさんを見て、「(俳優の)渡辺謙に似ているハート」と日本人たちは盛り上がっておりましたグッド。それを言ったら、本人はテレまくりでしたが。

 
 プリスヴィさんはヒンドゥー教徒で、豚肉と牛肉は食べられません。食事はその点だけ気をつけないといけません。


 外で食事(竹園のベンベラのトマトラーメン!ベジタリアンでも安心のラーメンです)の後、家に帰り、お茶を飲みながら、うちの下の娘(高校生)が、今度の春にホームステイ交流でインドに行く話をすると、「ヒンディー語を僕が教えましょう!」ということになりました。


 プリスヴィさんの母語はネパール語とのことです。ネパール語はヒンディー語とは多少近いことばだそうですが、基本的には別の言語とのことです。

 ネパール人はヒンディー語を勉強する人が多く、ヒンディー語を理解でき、読み書きもできる人が多いそうです。逆にヒンディー語を話すインド人は、まずネパール語は分からないそうで、「これは結局、国の力や経済力の違いなんですけどね・・・」とのことでした。


 そういったわけで、午後の2時間ほど、娘は「英語による基礎ヒンディー語会話講座」をみっちり受けておりました。
 ついでにヒマラヤ山脈にあるGPS装置の写真を見せられて、「これはGPSです。GPSとは何でしょうか。何を測定しているのでしょうか」と、地震学まで教わっておりました(← 理解できたかどうかは別として汗)。
 普段は根性がない娘ですが、お尻に火が付いていると、一生懸命になるようで、とても良い経験だったようです。





皆でゲーム中


 毎週土曜日の夜は、ヒッポの定期活動があるので、プリスヴィさんと一緒に行ってきました。

 ゲームで盛り上がった後、今日の午後に鍛えられたヒンディー語で、娘は自己紹介をなんとか、やっていました。多言語をみんなでやっているクラブなので、何語でもみんな聞いてくれるし、一緒に言ってくれるしで、貴重な場です。

 
 帰宅して、家でちょっと遅い夕食を食べました。

 日本の冬と言えば鍋! プリスヴィさんでも食べられる、鶏肉のみぞれ鍋をしました。

 食事を作るのが大好きというプリスヴィさんは、「おいしい!どうやって作りましたか?材料は?」と熱心に聞いていました。 材料的にはネパールでも近いものが作れそうです。

 鍋の最後にきりたんぽを入れました。これも作り方を聞かれましたが、ネパールのお米はインディカ米のようなので、ちょっと作るのは難しいかもしれませんね。




やっぱり日本酒でしょう!


鍋と言えば日本酒! 酒好きの連れ合いは、地元つくば 浦里酒造店の「霧筑波 うすにごり初しぼり」を購入。

勧めると、「おいしい。おばあちゃんが昔作っていたお酒(どぶろくみたいなもの?)にも少し似ている笑」と、くいくい飲んでくれて、みんなで一緒に良い気持ちになっておりました。

 

ネパールの小銭入れとコイン



これはお土産として子供たちが頂いた ネパールの小銭入れ です。
 生地の色合いといい、一見日本の巾着袋と同じに見えますが、黒い紐を引っ張ると口が閉まり、赤い紐を引っ張ると口が開くのです!

 「ネパールでは、小銭入れをプレゼントする時は、中に小銭を入れるのです」ということで、キラキラの新品コイン(1ルピーと2ルピー)を入れてくれました。

 数字は算用数字でなく、ネパール文字の数字ですキラキラ


 翌日の話は、次回で。
 → ネパールの渡辺謙!? 1泊2日ホームステイ(2)




掲載当時頂いた* コメント
ネパール人で常総市在住の友人スレスさんにご紹介したかったのですが、現在ネパールに一時帰国中なんです。残念!
by RICMANIA at 1月13日 11時49分


RICMANIAさま
 コメントありがとうございます。プリスヴィさんは、今年9月までつくばにいるとのことなので、ご友人の方が一時帰国から戻られたら、お会いする時間が取れるかもしれませんね。「JICAにネパールの人がいないから、ネパール料理を作る気がしない」とさみしそうでしたので。
by かるだもん at 1月13日 21時28

同じカテゴリー(国際交流)の記事画像
たまごの形のお菓子いろいろ
今年も続々と、国際理解授業♪
つくば市立柳橋小学校の国際理解教室のボランティア
今年も、涸沼のシジミの貝殻で、ストラップ作り
時と場所を越えて続く、子どもたちのつながり
ミダワスィー!幼稚園児とJICA研修員の皆さんとの交流会
同じカテゴリー(国際交流)の記事
 たまごの形のお菓子いろいろ (2015-03-25 19:53)
 今年も続々と、国際理解授業♪ (2014-11-18 19:54)
 つくば市立柳橋小学校の国際理解教室のボランティア (2014-07-09 23:02)
 今年も、涸沼のシジミの貝殻で、ストラップ作り (2013-07-13 16:48)
 時と場所を越えて続く、子どもたちのつながり (2012-09-13 20:35)
 ミダワスィー!幼稚園児とJICA研修員の皆さんとの交流会 (2010-12-08 20:24)
Posted by かるだ もん at 22:14│Comments(0)国際交流子育て
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
コメントフォーム
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
プロフィール
かるだ もん
かるだ もん
徒然なるままに、興味のあることを気ままに書いています。好きなことばは「中途半端も、たくさん集まればいっぱい!」(ドラマのセリフ)

地元つくばや茨城の話題を中心に、茨城の食材を使った家庭料理、民俗学もどき、国際交流、旅の話題など、趣味の記事を掲載中。

特に自分の勉強も兼ねて、
★民話・伝説紹介と、それにちなむ土地めぐり
★茨城を中心に、全国の郷土料理と食材(世界の料理も含む)の話題
の話題が多いです。

・ヒッポファミリークラブ(多言語自然習得活動と国際交流)
・観光ボランティア
・郷土食研究会うまかっぺ!茨城



オーナーへメッセージ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 4人
アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE