家庭で堪能! おいしい 茨城&つくば (18) 十五夜を愛でる 魯山人風?イナゴの佃煮


先週までの暑さが信じられないくらい、朝夕、急に秋めいてきました。

 もうすぐ十五夜、仲秋の名月。

 農産物直売所で、イナゴの佃煮を見つけました。
 私の実家の方では、丘陵地帯のためか畑作が多く田んぼがほとんどありません。したがってイナゴを食べる習慣がなく、イナゴの佃煮も見たことがありませんでした。

 ここ、茨城では特に秋になると見かけるイナゴの佃煮。最初はビビりましたが、食べてみると美味しいですね! 魚介類の佃煮と違い、臭みが全くありません
 サクサク感も快く、スナック感覚で食べられますね。発見
 佃煮で甘辛い味つけなので、もちろんご飯や日本酒にも、ばっちり合います。

 イナゴの佃煮を食べていて、思いついたのが、
「イナゴの佃煮 魯山人風?」 。

 芸術家の北大路魯山人。 
 茨城の笠間にある笠間日動美術館 分館に「春風万里荘」という、北鎌倉にあった魯山人の別荘がありますね。魯山人の生活していたそのままを再現しているそう。
 (笠間日動美術館 WEBサイト:http://www.nichido-garo.co.jp/museum/ )

 先日、NHK(「美の壺」だったか「日曜美術館」だったか)を見ていたら、魯山人の焼いた器に、「魯山人だったら、こう料理を盛り付けるのでは」というのをやっていました。 
 自分の焼いた皿と食材を、絵画に見立てて盛り付けていくものです。

 ということで、仲秋の名月を愛でるお供に、このように盛り付けてみました。

・卵の黄身の味噌漬け
・落花生の塩ゆで
・イナゴの佃煮
   
 ★ 卵の黄身の味噌漬け は「十五夜の月」、
 ★ 落花生の塩ゆで は色合いから「萩の花」に見立て、
 イナゴの佃煮にあしらってみました。

 今が旬、生産地茨城ならでは手に入る「生落花生」。これを30-40分ほど塩ゆでにしました。美味しいですよ。
 卵も、地元産、超新鮮な卵の黄身を味噌に1~2日漬けるだけ。

 器は我が家の安い器で、下手な盛り付けですが、「なんちゃって魯山人風」ですから、愛嬌で。

 でも、これ、意外とどこかの料亭で出てそうな気がしています。

 日本酒が合いますよ。
 お酒が飲めない方は、黄身の味噌漬けは、ご飯にももちろん非常に合います。

 今度の十五夜や、来月の十三夜、おうちでいかがでしょう?
 晴れて、きれいなお月さまが見られるといいですね。

(初出 『つくば市民レポーター』サイト 2010年9月18日 11時36分)


同じカテゴリー(家庭で堪能!おいしい 茨城&つくば)の記事画像
(88)サルナシ
(87) 結城&福井の郷土食コラボ♪ すだれ麩ときゅうりの胡麻からし酢味噌和え
(86)蕎麦の実(そば米)のリゾット 平茸とチキンのラグー添え
(85)さつまいもの葉の おひたし
(84)初秋のエディブルフラワー、ニラの花 と 花オクラ を味わう
(83)枝豆餅のシソの葉包み
同じカテゴリー(家庭で堪能!おいしい 茨城&つくば)の記事
 (88)サルナシ (2018-10-20 09:46)
 (87) 結城&福井の郷土食コラボ♪ すだれ麩ときゅうりの胡麻からし酢味噌和え (2018-07-28 14:35)
 (86)蕎麦の実(そば米)のリゾット 平茸とチキンのラグー添え (2017-09-15 23:03)
 (85)さつまいもの葉の おひたし (2017-09-11 20:31)
 (84)初秋のエディブルフラワー、ニラの花 と 花オクラ を味わう (2017-09-07 21:26)
 (83)枝豆餅のシソの葉包み (2017-08-29 20:49)
Posted by かるだ もん at 11:36│Comments(0)家庭で堪能!おいしい 茨城&つくば
コメントフォーム
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
プロフィール
かるだ もん
かるだ もん
徒然なるままに、興味のあることを気ままに書いています。好きなことばは「中途半端も、たくさん集まればいっぱい!」(ドラマのセリフ)

地元つくばや茨城の話題を中心に、茨城の食材を使った家庭料理、民俗学もどき、国際交流、旅の話題など、趣味の記事を掲載中。

特に自分の勉強も兼ねて、
★民話・伝説紹介と、それにちなむ土地めぐり
★茨城を中心に、全国の郷土料理と食材(世界の料理も含む)の話題
の話題が多いです。

・ヒッポファミリークラブ(多言語自然習得活動と国際交流)
・観光ボランティア
・郷土食研究会うまかっぺ!茨城



オーナーへメッセージ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 5人
アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE