家庭で堪能! おいしい 茨城&つくば (15) 千夜一夜物語ごはん 「そらまめのポロ」


旬のソラマメの緑色ってきれいですよね。

ソラマメを見ていて、鮮やかな緑と、豆の旨み生かしたく、緑あざやかなご飯 「ソラマメのポロ」にしてみました。
トルコ料理、ペルシャ(イラン)料理のお店などで、メニューによく見かける「ソラマメのポロ」

 ポロ(polou)はピラフと語源が同じと聞いたことがありますが、ポロの場合「炊き込みご飯」と訳される場合が多いようです。
 しかし今回のものは、炊き込みご飯というより混ぜご飯です。なので、気軽に作れます!

 お米は本場では違うタイプの米を茹でるようにライスを作るそうですが、ここは米どころ茨城ですから、当然、茨城のお米を炊いて使います。

 アラブのおとぎ話と言えば、「千夜一夜」物語。
 地元茨城産で、千夜一夜の世界へトリップ!


(材料)
・米(つくば産) 3合
・ソラマメ(つくば産など、旬の茨城産をどうぞ) 今回、20~30粒ぐらい
・ディルの葉(つくば及び近郊産が、農産物直売所で売られています。今回は我が家の庭の片隅に生えているフェンネルで代用。よって、つくば産) 15cmくらいのもの10枝ぐらい
・にんにく(茨城産の新物はまだなので、他県産) 1かけ
※ハーブの香りを生かすために、量は控えめが良いかもしれません。
・クミン(これは輸入物しかないですよね) 少々
・塩 (ソラマメ塩茹で用、及び、味付け用) 適宜

(作り方)
1. お米をかために焚いておく。
2. ディルの葉とにんにくを、それぞれみじん切りにする。
3. フライパンで、にんにくのみじん切りを油で炒め、良い香りがしてきたら、クミン、ディルの葉も加えて、さっと炒め、軽く塩を振って味をととのえる。
4. ソラマメの薄皮に切れ込みを入れて、熱湯で2~3分、塩茹でする。(ソラマメはすぐ火が通りますので、茹で過ぎに注意)
 火が通ったら、ソラマメは薄皮から出しておく。




5. 炊けたご飯に、3を加えて混ぜ、続けて4も加えて軽くまぜて、出来上がり。

 緑眩しいこの季節にふさわしい、緑鮮やかな一品です。
 ほのかなディル(今回はフェンネル)の香りも爽やか。※ディルとフェンネルは香りがちょっと違いますが、どちらも良い香りです。


 家族にも好評でリクエストがあったので、ソラマメがあるうちにまた作る予定です。
皆さまもどうぞ!

 数年前世界的にヒットした、トルコのTarkanという男性歌手の歌う「Simarik」というポップスがあります。
 別の女性歌手が歌う英語カバーが「Kiss kiss」というので、こちらで知っている方もいるかもしれませんね。
 旋律が「中近東」を感じさせて、エキゾチックです。

 最近、ベリーダンスも流行っていますし、あちらの音楽もポピュラーになりつつあるのかもしれません。
 音楽を聴きながら頂くのも、気分が出て良いものですね。


※なお、今回使ったハーブのフェンネルは丈夫な多年草で、我が家の庭の片隅に放置されていても、毎年、糸のように涼しげな葉を、フワフワと茂られてくれます。
 観賞植物としても、良いと思います。
 苗を買ってお庭やプランターでお試しください。

(初出 『つくば市民レポーター』サイト 2010年6月16日 21時45分)



* コメント

おいしそうですね。

フェンネルはないですね。ハーブは大量に植わっているのですが・・・シソとバジルとパセリは勝手に生えてくると言った感じです。ラベンダーとセージはジャングル状態ですし、タイムとミンとはどんどん広がって、退治している状態です。
うん、空き地にフェンネル入れても良いかもしれないですね。おいしそうだし・・・ポロですか。いつも楽しみです。
by カナメモチ at 6月21日 23時26分カナメモチさま
フェンネルは横に広がっていかないのでおすすめです! パセリとソラマメのポロも美味しそうな気がします。和風でシソもきっと美味しそう。ハーブがたくさんあるお庭うらやましい! 今度是非お試しくださいませ(報告も是非よろしくお願いします(^o^)/)。
by かるだもん at 6月22日 22時44分





同じカテゴリー(家庭で堪能!おいしい 茨城&つくば)の記事画像
(87) 結城&福井の郷土食コラボ♪ すだれ麩ときゅうりの胡麻からし酢味噌和え
(86)蕎麦の実(そば米)のリゾット 平茸とチキンのラグー添え
(85)さつまいもの葉の おひたし
(84)初秋のエディブルフラワー、ニラの花 と 花オクラ を味わう
(83)枝豆餅のシソの葉包み
(82)薬味たっぷり 土用しじみの冷や汁ごはん
同じカテゴリー(家庭で堪能!おいしい 茨城&つくば)の記事
 (87) 結城&福井の郷土食コラボ♪ すだれ麩ときゅうりの胡麻からし酢味噌和え (2018-07-28 14:35)
 (86)蕎麦の実(そば米)のリゾット 平茸とチキンのラグー添え (2017-09-15 23:03)
 (85)さつまいもの葉の おひたし (2017-09-11 20:31)
 (84)初秋のエディブルフラワー、ニラの花 と 花オクラ を味わう (2017-09-07 21:26)
 (83)枝豆餅のシソの葉包み (2017-08-29 20:49)
 (82)薬味たっぷり 土用しじみの冷や汁ごはん (2017-08-18 20:40)
Posted by かるだ もん at 21:45│Comments(0)家庭で堪能!おいしい 茨城&つくば
コメントフォーム
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
プロフィール
かるだ もん
かるだ もん
徒然なるままに、興味のあることを気ままに書いています。好きなことばは「中途半端も、たくさん集まればいっぱい!」(ドラマのセリフ)

地元つくばや茨城の話題を中心に、茨城の食材を使った家庭料理、民俗学もどき、国際交流、旅の話題など、趣味の記事を掲載中。

特に自分の勉強も兼ねて、
★民話・伝説紹介と、それにちなむ土地めぐり
★茨城を中心に、全国の郷土料理と食材(世界の料理も含む)の話題
の話題が多いです。

・ヒッポファミリークラブ(多言語自然習得活動と国際交流)
・観光ボランティア
・郷土食研究会うまかっぺ!茨城



オーナーへメッセージ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 4人
アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE