おめでた柄 と 桃太郎柄 の きびだんご


きびだんご』、岡山みやげで有名ですね。
子供の駄菓子というより、庶民の大人のお茶受けという感じでしょうかハート

そして、昔話の桃太郎では、おばあさんが作ったきびだんご。
猿と犬と雉が、桃太郎のお供になる報酬としての(?)きびだんごグッド

きびだんごは、『黍(きび)』でつくられているから、『きびだんご』なのか?
はたまた、『吉備国』(今の岡山県全域も含むエリア)で作られただんごだから、『きびだんご』なのか?

桃太郎のきびだんごは黍で作られた『黍団子』。
そこで『黍』と『吉備』をかけて、更に岡山の吉備津彦伝説・温羅伝説と桃太郎を結び付けて
観光振興で生まれたお菓子が、岡山銘菓の『きびだんご』なのだそうです。
グッドアイディア豆電球

そして押しも押されぬ岡山みやげキラキラ

現在はなかなか旅行が出来ない状況ですが、今回、私は、 生協で、
暮れに正月バージョン、年明けに節分バージョンが売られていたので、購入しました(^o^)v。
どちらも、岡山市の山方永寿堂さんの製品。

パッケージの日本伝統のおめでたい柄がとても可愛いハート

めでたくもキッチュな絵柄が、ほのぼのとして、そして何か駄菓子も連想(※)させます。

 ※ご参考:以前書いた記事 → 『山形 鶴岡駄菓子



●正月バージョン 


 さすがお正月バージョン。
 箱も包み紙もめでたい絵づくし。

とても凝ったデザインで、扇子の真ん中の穴(窓)から、内蓋に描かれた『大入』の文字が見え、
扇子の描かれた蓋を開けると、更に賑々しく、熊の手のようなデザインで、おめでたい柄が出てきます。キラキラ
 





箱の横には、『きびだんご(KIBIDANGO)についての簡単な英語の説明があり、
 さらに箱のふたを開けると、箱に描かれた日本伝統の吉祥絵柄の説明が英語で書かれています。

 説明は英語オンリー!
 外国へのお土産を意識したデザインです。

 だんごの入った袋の上には、付録として、めでたい形を折れる折り紙数種類と、折り方の説明書も。
 めっちゃ、気が利いてます(^^)

 とにかく箱のデザインが凝っていて、しかも可愛い!





お団子を包む包装紙は、
招き猫、鶴と亀、福助、七福神、鯛
の5種類。
それが2個ずつなので、お団子は計10個。





一口大のお団子
柔らかくて、舌触りが滑らかで、ほのかに甘くて美味しいハート










●桃太郎バージョン
 
 
『きびだんご(吉備団子・黍団子)』といえば、やはり桃太郎伝説!
 桃太郎伝説の『鬼』は、節分の『鬼』も当然連想させるので、節分バージョンともいえそうですね。









こちらは、きなこだんごです。
こちらにも、きびだんごときなこの説明が簡単に英文で書かれています。









こちらも箱のデザインが凝っていて、やっぱり可愛い!
こちらのバージョンでは折り紙は入っていません。
折り紙の付録は正月バージョンのスペシャルなのですね、きっと。

あと、残念がことに、『桃太郎』伝説についての説明がない・・・。
箱の内側に、桃太郎のお話の英語でのあらすじと説明があったらもっと良かったなぁ~。





お餅を包む包装紙は、
桃太郎、犬、猿、雉、鬼 の5種類。
こちらも2個ずつで、計10個のお餅。











きなこがまぶされた、きびだんご。
きなこの香ばしさが、きびだんごの柔らかくほのかな甘さを引き立て手美味しい。
個人的に、きなこは大好きハート








両方とも、日本文化に興味を持つ外国の人へのお土産にぴったりですが、日本人の私達にも嬉しいデザインハート
正月、節分以外のバージョンがあったら、欲しいくらいグッド


ただし、気になるのが、原料(Ingredients)についての英語の記載。
(以下、いずれもアンダーラインは筆者による)

きびだんご(KIBIDANGO)は、
 『sugar, rice cake powder, starch syrup, starch, millet powder and others

きなこきびだんご(Kinako-Kibidango)は、
 『sugar, rice cake powder, starch syrup, toasted soybean flour, starch, millet powder and others

の『others』に、多分、かなり神経質になる外国の人は多いと思います。

動物性由来のものが使われていないか、アルコールが少しでも含まれていないか、ベジタリアンはもちろん、
イスラム教の人など、アルコールも、お肉も特別な祈祷をしてとさつされた肉でないと食べませんから。

海外向けなら、そこのところも是非気をつけて、材料をきちんと細かく英語で書いた方が良いです。
それを読んで安心して買える人や、お土産として受け取れる人が増えますから。

そういう点も考慮して安心してもらいながら、日本のお菓子や伝統行事や文化、伝統柄をどんどん海外に発信して欲しいですね。
日本人の私たちも知らなかったこともあって、とても面白いですし(^^)


桃太郎伝説は、岡山の吉備津彦伝説・温羅伝説が元になったという説があり、
それ故、桃太郎伝説の舞台は今の岡山だ言われているそうです。

温羅は大陸から製鉄技術を伝えた一族とも考えられるそうで、『鬼ノ城』遺跡は古代の朝鮮半島の山城の形式
であったり、近くからは製鉄遺跡が発掘されていたり、古代ロマンたっぷりの土地。

新型コロナが収束したら、この地を訪れたいですハート





  

【茨城こんなもの見つけた♪(48) 】 自宅で楽しめる!『三浜たこめし』の炊き込みご飯


ひたちなか海浜鉄道 大洗駅の駅弁で『三浜たこめし』という有名な駅弁があります。
三浜と書いて『さんぴん』と読みます。

蛸の炊き込みご飯の上に、煮だこの薄切り、錦糸卵、ほうれん草がのって、
その他に煮物がつく駅弁キラキラ

煮だこが柔らかくて美味しかったのが、今でも記憶に残りますハート


なかなか旅に出られないご時世ですが、家で、あの『三浜たこめし』の駅弁を楽しめる、炊き込みご飯の素を見つけたので、早速購入。
おうちで、駅弁もどきを作って、ささやかに旅気分を楽しみましたグッド









米1合の炊き込みご飯の具材がレトルトパックになっています。
洗った米にレトルトパックの具材を加えて、炊飯器で炊くだけで、美味しい蛸入りの炊き込みご飯が出来るというもの。







パッケージに指示があるのは、1パック当たり『お米1合分』ですが、
うちはケチなので、お米2合で1パック使いました豆電球
具は少なくなりますが、それでも充分美味しい炊き込みご飯が出来ますちょき

そうなると、あの『三浜たこめし』駅弁を、おうちで作りたくなり、やってみました。ちょき

ちなみに、本物の『三浜たこめし』の駅弁については、
 豆電球→ 『お弁当の万年屋』さんのHP http://www.o-bento.co.jp/ekibento/
をご覧下さい。

さて、おうちで作ってみる『三浜たこめし弁当』もどきてすが、
今回は下記のように作ってみました。

① 蛸の煮物

 スーパーで購入した茹で蛸を、炭酸水と白だしで煮ました。
 市販の茹で蛸でも、炭酸水と一緒に煮ると柔らかくなるとのことで試しましたが、思ったほど柔らかくなくて。
 やっぱり、生から煮ないと難しいのでしょうか。
 駅弁のタコの柔らかさはすごいなあと実感。

②錦糸卵
 溶き卵の薄焼きを、細切り。
 私はおおざっぱな性格なので、細切りというのははばかる太さですが汗

③茹でたほうれん草
 軽く塩味にしてみました。
 今の時期のほうれん草は、甘くて美味しいですよねハート

④煮物 
 本物の駅弁では、タケノコや椎茸などの煮物がついています。
 今回は、冷蔵庫のあった蓮根とピーマンを、①の蛸を似たツユで煮ました。
 これが良い感じ♪ 蛸の風味も加わって美味しかったです。
 椎茸や人参やたけのこなど加えたら、より本物に近くなったと思いますべーっ




家にあるお弁当箱に詰めてみました。
盛り付けがイマイチなのは、ご愛敬で汗

でも味はかなり本格的になったと思いますキラキラ
簡単なのに美味しくて、気分アゲアゲグッド


早く新型コロナが収まって、現地に行けるようになって、本物の『三浜たこめし』や他の駅弁を楽しみたいです。



ひたちなか海浜鉄道については、かなり以前の記事ですが、良かったら。

 豆電球ひたちなか海浜鉄道 湊線の旅 & 阿字ヶ浦散歩

 豆電球電車旅で、国営ひたち海浜公園の春の花を満喫

 豆電球茨城県北芸術祭と、ひたち海浜公園のコキアの紅葉










  

プロフィール
かるだ もん
かるだ もん
徒然なるままに、興味のあることを気ままに書いています。好きなことばは「中途半端も、たくさん集まればいっぱい!」(ドラマのセリフ)

地元つくばや茨城の話題を中心に、茨城の食材を使った家庭料理、民俗学もどき、国際交流、旅の話題など、趣味の記事を掲載中。

特に自分の勉強も兼ねて、
★民話・伝説紹介と、それにちなむ土地めぐり
★茨城を中心に、全国の郷土料理と食材(世界の料理も含む)の話題
の話題が多いです。

・ヒッポファミリークラブ(多言語自然習得活動と国際交流)
・観光ボランティア
・郷土食研究会うまかっぺ!茨城

別館: 夢うつつ湯治日記 https://note.com/carfamom/

オーナーへメッセージ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 30人
アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE