ランニングで菅生沼七福神巡り 2018 (前編)


坂東市と常総市の境にまたがる菅生沼。
菅生沼鳥獣保護区. 菅生沼特別保護地区も指定され、コハクチョウ飛来地としても有名です。
坂東市側のほとりには 茨城県自然博物館、常総市側のほとりには 水海道あすなろの里 もあり、遊歩道も整備されて散策にもぴったり。

さて、その菅生沼の近くにある寺社7つにそれぞれ七福神が祀られ、『菅生沼七福神』として信仰を集めています。
毎年正月の1月1日~7日は、七福神巡りのご朱印が色紙に頂けるグッドということで、ランニング走るしながら廻って参拝してきました♪

豆電球参考→ 坂東市観光協会HP 菅生沼七福神マップ

時間があれば帰りに自然博物館も見ようということで、自然博物館の駐車場に車を駐車して出発。

一か月ほど前から軽く膝が痛むのと、今日になって攣るような違和感のある左太ももに多少不安を感じながらも、ゆるゆると(ほとんど歩くような速度で)ランニング ←遅い言い訳(笑)汗


(1)持福院(坂東市大崎235-1) <寿老人>


まずは、茨城県自然博物館ミュージアムパーク敷地のすぐそばの持福院へ。
寿老人の像だけがある、小さなお堂ですが、ござっぱりと清々しい佇まい。









無人のお寺で、こちらのお寺さんだけは、お金を収めたあとに、自分でご朱印を押すシステムでした。










特製色紙にご朱印を押して、出発。










(2)大安寺(坂東市矢作1856) <福禄寿>


次、に福禄寿像のある大安寺へ。
広い境内には、いろいろなお堂や石造物が。









福禄寿が祀られているお堂。
お寺の方にご朱印を頂きました。









こちらは『猿島阪東三十三観音 第三十番 大安寺』の額がかかったお堂。
境内には、『考古資料 大安寺虚空蔵板碑』もあり、落ち着いた古刹の雰囲気が漂います。








(3)御嶽大滝神社(常総市菅生町727-5) <恵比寿>


先の大安寺からちょっと距離を走って、菅生沼下流を越える県道の大きな橋を渡り、冬枯れの田を脇を走って、恵比寿様を祀るお堂のある、御嶽大滝神社へ。

起伏が意外とあって、ひざの痛みが時々増すのが不安ながらもゆっくり走り、到着。

恵比寿像を祀るお堂の脇に、『受付』と貼られた小屋があり、そこで地元の方らしい担当の方から御朱印を頂きました。







大滝神社にもお参り。










大滝神社のお社にお供えされていた『にんにく卵黄』カップ酒。
神様にも精力つけて頂かないと♪ですよねちょき









境内の入り口には、楠の大木。
枝ぶりが大変立派です。鉄骨の支柱で支えられていました。

根元には、祠に入った大きな目のふくろうの石像があり、その傍らには『見てますよ! あなたのマナー(ストーカー行為は鳥迷惑です)』
・・・鳥だけに『ちょう』迷惑かな?ふくろうの大きな目が、確かにじっと『見てますよ』。







後編に続きます走る
 → ランニングで菅生沼七福神巡り 2018 (後編)







  

プロフィール
かるだ もん
かるだ もん
徒然なるままに、興味のあることを気ままに書いています。好きなことばは「中途半端も、たくさん集まればいっぱい!」(ドラマのセリフ)

地元つくばや茨城の話題を中心に、茨城の食材を使った家庭料理、民俗学もどき、国際交流、旅の話題など、趣味の記事を掲載中。

特に自分の勉強も兼ねて、
★民話・伝説紹介と、それにちなむ土地めぐり
★茨城を中心に、全国の郷土料理と食材(世界の料理も含む)の話題
の話題が多いです。

・ヒッポファミリークラブ(多言語自然習得活動と国際交流)
・観光ボランティア
・郷土食研究会うまかっぺ!茨城



オーナーへメッセージ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 5人
アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE