2014年筑波山梅林梅まつり その2 3月9日(日)

前回 → 2014年筑波山梅林梅まつり その1 2月22日


さて、先々週に引き続き、梅まつり期間2回目の筑波山梅林。
この日、午前中はうす曇りでしたが、午後にはだんだん晴れてきました晴れ

この前日(と翌日)と違って風もほとんどなく、穏やかな日和で、梅林を訪れる人もひっきりなし。
駐車場は満杯だったようですが、道路はそれほどひどく渋滞はなかったようです。




梅の開花は、紅梅は8割~満開。
白梅は全体としては3割位でしょうか。(木によっては5分咲きぐらいも)




全体の8割が白梅なので、遠目で見ると、ちょっとまだ寂しい感じも。
今年は寒かったので、開花は遅れているようです。
(昨年の今時分は、ほぼ満開だったそう)




でも、近くに行くと、こんな感じで、梅の香りも漂ってました。
つぼみの方が香りが良いとも聞きますし、今ぐらいの開花も、香りで季節を感じられて良いのかもキラキラ





晴れてはいましたが、霞がかかっていたので(=風がなく穏やか)、残念ながら富士山は見えず。
スカイツリーは、目の良い方は『見えた!』とおっしゃってました。私は目が悪いのでスカイツリーも見えず残念汗



日曜日だったので、イベント会場では、歌謡ショーや太鼓、踊りなど、いくつかの演目も行われてました。






筑波山の梅林は、この筑波石と、梅の木と、絶景が本当に素晴らしい。なのに。あまり知られていないのはどうしてだろう?』
という方がおられました。
私も同感。

テレビ等では、茨城の梅林はどうしても、水戸偕楽園の梅林に代表されてしまいます。
偕楽園の梅林とはまたかなり趣の違った魅力の、筑波山梅林、もっと知られても良いと思います。

・・・ただ、問題は交通かな・・・。駐車場も含めて。






『筑波山をジオパークに!』のぼり旗と、男体山。
茨城県北と同じように、筑波山地区も、ジオパークに指定されると良いなぁ。





園内の大小無数の筑波石(斑レイ岩 だそうです)も見どころ。
こんな小さな石も、スパっと、節理に沿って割れているのも見られます。

日立の竪破山にある『太刀割石』の、ミニチェアみたい笑
※太刀割石については、以前書いたブログもご参照ください♪





筑波みかん
『見た目は悪いけど美味しいよ!』とのことで、『本当かな?』と半信半疑で食べてみたら、本当に甘い! びっくりびっくり
温室でなくて露地物だそうです。

一口食べた連れ合いは、『明日、また筑波山に行って買ってこい!』と。…買いに行くには遠いなぁ汗
つくば市は広いのです…。

秋のふくれみかん(福来みかん)とは別タイプの、冬の温州ミカンタイプの筑波みかん。
つくば駅付近でも扱っているのかな?あると買いに行くのになぁ!


3/9の後、暖かくなってきたので晴れ、今週末位から見ごろじゃないかな笑










  

Posted by かるだ もん at 21:05Comments(0)日々・季節
2014年筑波山梅まつり その1 ―2/22オープニング


一寸と報告が遅くなりましたが、一週間前の2月22日 筑波山梅林梅まつり 初日に行ってきましたちょき



晴天のもと、咲き始めた紅梅が青空に映えます。










白梅も一部、咲き始めていました。
白梅の多くは白加賀だそうなので、白梅の見ごろはもうちょっと先かな?

ピークは過ぎましたが、まだ咲いているロウバイもありました。黄色い花がホッとさせてくれます。
園内には緑ガク梅も3本ほどあります。






祈願のためにセレモニー会場ニ向かう、筑波山神社の神職の皆さん。










オープニングセレモニー

第二十代永井兵助 の方による 筑波山ガマノ油売り口上








東筑波ユートピアのおサルさん も出場













つくば観光大使のみなさん。
全員、着物が梅の柄です!しかもデザインも色も全員違う♪
観光大使のみなさんが歩いていると、華やぎますね。まわりの人も明るくなるのがわかります。








つくば観光ボランティア298 の方が、梅林での見どころ、遠景の説明、筑波山とその近郊の歴史を説明されていました。
快晴のこの日でしたが、遠くは霞んでいて、富士山もスカイツリーも見られず残念。

豆電球つくば観光ボランティア298の会長 吉原さんによる『観光ボランティアがお勧めする、筑波山梅林の楽しみ方』を、
昨日3/1(土)放送の『つくばね自由研究クラブ』(FM84.2ラヂオつくば)で放送させて頂きました笑
(→ 『つくばね自由研究クラブ』 番組ブログ ※外部サイトに飛びます)





園内で一番の見どころ『展望あずまや』までは、『梅林展望ピストンバス』(9人乗り)で行くこともできます。
あずまやからスロープ道もありますので、足の不自由な方、車いすやベビーカーであっても梅も絶景も見られますね笑






休憩所では、梅茶、梅こぶ茶の無料サービスもハート

会場では、筑波山のお土産や美味しいものもいろいろちょき
期間限定 梅ねぎつくばうどん は、具だくさんで、ねぎと梅ペーストがあっていて、とても美味しかったです。アツアツで体が温まりました。

園の入口付近の露天や、オープニング会場売店で、ハウス金柑、くるみもち、干し柿を買いましたが、どれも美味しかったので、また見つけたら購入したい。


見ごろになる3月中旬ごろ、また行く予定です。
でも、そのころは道路も駐車場も大混雑になるので、公共交通がおすすめ のようです。

豆電球詳細:筑波山梅まつり 公式HP  http://umematsuri.jp/
豆電球つくば観光コンベンション協会HP  http://www.ttca.jp/


★3/9(日)に再度行ってきました! その報告は→ 2014年筑波山梅林梅まつり その2 3月9日(日)








  

Posted by かるだ もん at 13:51Comments(0)日々・季節
古典~楽しい創作雛までいろいろ♪ 2014の土浦 雛まつり



先日、土浦の雛まつりをごく一部ですが観てきました!









今回行ったのは、『土浦まちかど蔵 大徳』 と、『福祉の店ポプラ中央店』。
116か所のうちのたった2か所だけでしたが、
それでも、十分堪能笑




土浦まちかど蔵 大徳』 では、二階、奥の座敷、蔵の1・2回が全部公開されて、
古い伝統雛~創作雛まで、多くの人形達を堪能。




大徳 緒方家に伝わる雛人形。さすが、風格がありますね。









野村家からの寄贈の雛人形。 とても気品がありますハート









創作雛、つるし雛、創作人形たくさん! グッド









歴代の干支の創作雛も!

こちらは今年の干支の馬(午)のお雛様。 末長く、ウマ~く一緒に家庭を築けますように♪・・・ですねハート










部屋におられた説明員のお話より、これはフウセンカズラの種を顔に見立てて猿人形の身体を布で作り、木の枝に並べたものとの事。

人形の数『九』にも意味があるそうで、確か『九猿 → 苦去る』というお話だったと記憶。








10円玉の大きさと比較びっくり










女の子の遊びのおもちゃのミニチュアも飾られている雛段。
写真には映ってませんが、小さなテディベアもありました。 歴代の女の子達が、少しずつ加えていったのかも!?
楽しいですね!笑










亀城と池のハスの花と葉と亀達の人形も。
亀がちょっとスッポンに見えちゃう気がするのは・・・私の気のせいですねしーっ










土浦名産ハスのガクを使った人形。











呉服屋さんらしく、古い婚礼衣装も。 色あせておらず、大変美しいキラキラ









次は『福祉の店ポプラ中央店

二階に上がると、いろんなお雛様が、解説付きで展示されています。






目を惹くのは、日本各地の民芸品の雛人形。

左から、愛媛・松山の姫だるま、山口の大内人形、和歌山の紀州人形、奈良の吉野人形、鹿児島の薩摩糸雛、宮崎の青島雛、奈良一刀彫の雛・・・。
民芸品好きなので、こういう全国の伝統工芸の雛人形は、たまりません!ハート










これは、何と、ビートルズのコピーバンド(?)の5人囃子のうちの4人(?) あと一人は・・・マネージャーか、音声担当かな??
説明では、『郡上八幡の福寄せ雛』との事。

調べると、郡上八幡(岐阜)では、最近、たくさんの雛人形を使って、『福寄せ雛』ということで、斬新なテーマで展示しているそうで、これも面白そう!
良いですねちょき




※ちなみニ、昨年、石岡で、たくさんの雛人形を使って源氏物語の世界を展示していました。圧巻でした!
古典題材の他に、郡上八幡のように現代的なテーマもあるんですね!








こちらの創作雛は、雅びですねハート




福祉の店ポプラの、『あとひき』揚げ餅が大好きで、このお店に来るとつい買っちゃいます。
この日はカレー味でした。カレー味も、ほのかで味わい深くて、よくあるカレー味あられとは違うのも良いです。


土浦の雛まつりは 3/3(月)までとの事です。

詳細:土浦観光協会HP『土浦の雛まつり』 (別サイトに飛びます)



また、先日2/22(土)放送のFM84.2ラヂオつくば『つくばね自由研究クラブ』でも、土浦のひなまつりの様子とインタビューが放送されました。

同番組ブログも、写真と説明が詳しいので、良かったらご覧くださいね♪ 
→ 『可愛い(*^^*) 2/22放送 大雪の中の、土浦ひなまつりレポート』 (別サイトに飛びます)




















  

Posted by かるだ もん at 21:46Comments(0)日々・季節
夜空に浮かぶ、輝く帆引き船!土浦・霞ヶ浦総合公園のイルミネーション





夜空に浮かぶ、光の帆引き船!


土浦の霞ヶ浦総合公園(水郷体育館のある公園)のイルミネーションが良いちょきと聞いて、見に行ってきました♪







オランダ水車も、その下も、きれいな配色とデザインで、思わずうっとりハート

霞ヶ浦湖畔であり、広い運動公園の一角でもあり、周りが漆黒なため、見ていると、『夜空に浮かぶような』不思議な気持ちになります。







見る角度によって、雰囲気も変わりますキラキラ



金色の光のアーチの中を歩く人々も。
(この日、私たちはアーチまでは行かなかったのですが…霞浦(かほ)の湯帰りで、湯ざめしそうだったので汗






紺碧の光の水面に浮かぶのは・・・光の帆引き船! 
他のダイナミックなイルミネーションに見とれて、この帆引き船は見逃しそうなので、どうぞ、気をつけて見つけてください♪







2月14日までやっているそうです。

つくばの光の森とはまた違うタイプの、美しいイルミネーション名所です。

公園内の道路からも見られますし、すぐそばまで駐車場もあるので、歩くのが不自由なご家族や、小さいお子さん連れの方も、寒い思いをせずに車からも見られのも嬉しいですね笑










  

Posted by かるだ もん at 20:39Comments(0)日々・季節
筑波山神社 紅葉の様子(11/17現在)


3日前ですが、11/17(日)の筑波山神社付近の紅葉です。
その後、朝夕と冷え込んでいるので、さらに紅葉は進んでいるかなと思います。


快晴の空をバックに筑波山(写真は、つくば市中菅間付近からの筑波山)


この美しい風景には、Lagunaさんの『つくばうるはし』をBGMに!本当に綺麗な歌なのですハートこの曲はフリーで配布して下さってます!
詳細:Lagunaさんの公式webサイト http://laguna-net.com/







お天気に恵まれた11/17(日)、大変な人出でした。










イチョウが黄色く色づいていてとてもきれいでした。(写真は筑波山境内)









モミジは、木によって個体差があり、真っ赤に色づいているものから、まだ緑の樹まで様々でした。(写真は筑波山境内)








他にも色づいている木々が多く、いよいよ今年も紅葉本番!という感じでした。(写真は大御堂そば)









昭和の雰囲気漂う、お土産屋さん









今が旬!筑波山名物『福来(ふくれ)みかん』 小さいけれど、さっぱりした甘さで良い香りです!
筑波山~霞ヶ浦沿岸で古来から栽培されいる特産品。

今年1300年記念の常陸国風土記にも、『(香島の)橘』と記載があり、『甘くておいしい』旨が書かれています。
その『橘』が『福来(ふくれ)みかん』と同じかもと考えると、ロマンを感じますよねハート



筑波山に来ても知らない人の多い、福来(ふくれ)みかん、是非、地域限定、季節限定のお土産としてお勧めですちょき
このみかんの皮の入った、名物の七味トウガラシもお勧め笑




  

Posted by かるだ もん at 22:15Comments(0)日々・季節
プロフィール
かるだ もん
かるだ もん
徒然なるままに、興味のあることを気ままに書いています。好きなことばは「中途半端も、たくさん集まればいっぱい!」(ドラマのセリフ)

地元つくばや茨城の話題を中心に、茨城の食材を使った家庭料理、民俗学もどき、国際交流、旅の話題など、趣味の記事を掲載中。

特に自分の勉強も兼ねて、
★民話・伝説紹介と、それにちなむ土地めぐり
★茨城を中心に、全国の郷土料理と食材(世界の料理も含む)の話題
の話題が多いです。

・ヒッポファミリークラブ(多言語自然習得活動と国際交流)
・観光ボランティア
・郷土食研究会うまかっぺ!茨城



オーナーへメッセージ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 4人
アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE