茨城こんなもの見つけた♪(35) 茨城の広い空!を感じるカレンダー


特に東京方面から帰ってきて、茨城に近づいてくると、キラキラ空の広さキラキラを感じます。

The 関東平野の空!

冬の澄んだ空気の晴天の日は、

西に富士山、関東山地、
北に日光連山、
そして東に筑波山系


が見渡せますキラキラ

空の広さを、痛い汗ほど感じるのが、晩秋~冬の日の出・日の入の時刻ですよね?

春から秋の初めの気温が高い頃は、湿度も高いせいか空気も靄がかかっているため、気になりませんが、
空気が澄み渡る晩秋~冬は、朝夕の太陽光晴れを遮るものがない!
だから、信号は見えないは、人や自転車は見えにくいわ・・・車の運転が怖いぶーっ
!!運転には十分に注意しましょう。

・・・前置きが長くなりました。


そんな、北関東の広~い空を感じさせるカレンダーがあると聴き、早速購入しました!
ストームチェイサー青木豊さん撮影/文 の写真の卓上カレンダーです。


空から水田の水面にグラデーションの様に続く、夕方の空の色。

北関東に住んでいると、よーく分かる、雷(らい)様の落雷。

青い空に映える筑波山。

地平線近くまで続く、様々な姿を見せる雲。


一枚一枚、見入ってしまいますハート

撮影場所の記載もあったらもっと良かったなぁと思いますが、『ここはどこだろう?』と、知識を総動員させて考えるのも楽しいかな。

発行の結エディットは、つくば市内にある出版社さん。
そして、今回購入したのは、平日昼間だけの開店ですが、復活した友朋堂吾妻店
さらに、私が販売を知ったのは、昼休みに聴いていた、地元のFMラヂオつくばのお昼の生放送!

なんか嬉しくなりますね笑

この卓上カレンダーを机の上に置いて、2018年を迎えようと思いますちょき








  
タグ :カレンダー

Posted by かるだ もん at 18:53Comments(0)こんなもの見つけた!
あこがれの!日光東照宮の『うぐいす笛』


書こう書こうと思って、今になってしまいました。


今年の7月、日光に行きました。

修繕中の輪王寺を見た後、東照宮の入り口に行くと・・・

ホーーーー ホケキョ♪』 の妙なる音。







おられました! 
手作りうぐいす笛を売るおじいちゃんが!

小さい頃(もうウン十ウン年前のこと)、親と日光観光に来て東照宮に来た時、
ホーーー ホケキョ♪
とうぐいす笛を売っておられました。
すごく欲しかったけど、買ってもらえず泣・・・。

小学6年の時、修学旅行で日光に来ました。
その時も、うぐいす笛を売っておられました。
でもお小遣いが少ないので、買えず・・・泣
(あの頃は、『おじいちゃん』でなく、もっと若い『おじちゃん』ですね♪)

大人になり、子供を連れて東照宮に来ると。
昔と同じように、参道前で売っておられました!

ホーーー ホケキョ♪』の音に惹かれた子供にねだれて、
1つ買いました。
今から15年ほど前のことです。

その後、子供はうぐいす笛にそろそろ飽きたころだと思い、『おかあさんに頂戴』と訊いてみましたが、
『だめ、これは私の!』とくれませんでした・・・(笑)
ちなみに、娘は今もこのうぐいす笛を手放しません~。


そして、今年の7月、大人の一人旅(というか、日光ウルトラマラソンに出た連れ合いの応援)で、日光に行きました。


昔からと同じく、おじいちゃんは、そこで
ホーーーー ホケキョ♪
と妙なる笛の音を吹きながら、
東照宮の大きな参道入り口前の傍らに座っておられました!

これは、もう、絶対、自分の為に、うぐいす笛を買う!!グッド

『・・・昭和30年から あなたをお待ちしていました・・・』という手書きのポスターに、
ワクワク感がさらに高揚ハート

おじいちゃんのそばに駆け寄って走る、『笛、下さい!』と声をかけました。

おじいちゃんは、ニコニコ笑しながら、
『口の動くのが700円、動かないのが500円、どちらにしますか?』
と聞かれる。

それは、もう、絶対、口が動くのが欲しい!
(そして、私は今、大人で、700円は軽く出せちゃう♪)

『口の動く方を下さい!』
と、ウン十ウン年来念願の、うぐいす笛を買いました!\(^o^)/

おじいちゃんは、吹き方を簡単に教えてくれました。


ああ嬉しい!
しばらく、ニヤニヤ、笛を眺め、吹いてみたり。

可愛いよね~ハート

そして、私でも
ほーーーー、ほけきょ!
と吹けちゃうグッド

私もうぐいすになった気分ハート
(ちなみに、この笛を購入した時の7月のつくばは、早朝など時々、まだうぐいすの声が聞こえました)

でもおじいちゃんのように、のびのびとした、空に抜けるような音にはならない。
・・・やっぱり年季と修行だよね。


豆電球その後、雑誌『暮らしの手帖』(NHK朝ドラ『とと姉ちゃん』のモデルになったあの有名雑誌)の、第79号(2015年12-2016年1月号)に、
日光東照宮参道前で うぐいす笛を売る、あのおじいちゃんの特集記事があるのを知り、
図書館で借りました。

ひきだし第11回 うぐいす笛の丸茂さん』という記事。
丸茂さんとおっしゃるんですね、うぐいす笛のおじいちゃん。

すべて完全な手作りとのことキラキラ
半生のこと、ご家族のことが、優しい文章で綴られた記事。
外国のお客さんにも、それぞれの国のことばでお話をされている・・・とは、お近くのお土産物屋さんの談。
かっこいいハート

2015年末の記事では84歳とのことなので、今年2017年では、86歳!びっくり
どうぞ、お体にお気をつけて。

うぐいす笛、買えて良かった!
酉年の今年、買えたのも、ちょっと運命を感じたり♪

素敵なうぐいす笛が、世界中の人に愛でられますように。

来年の春は、このうぐいす笛で、
家の近くで鳴く うぐいす と勝負!
しようと思ってますグッド



【おまけ】


ちなみに、15年ほど前に娘に買ったうぐいす笛には、緑色の薄いプラスチック製の羽がついていています。
今回、買った私のには羽はありません。
年とともに、バージョンがちょっと変わるっぽいですちょき






*****************************************************
【参考文献】

『暮らしの手帖』 第79号(2015年12-2016年1月号) 暮らしの手帖社






  

ガーデン・ハックルベリーでジャム作り

(追記 2017年11月16日)


味覚はかなり視覚にとらわれる!
・・・と実感する楽しい例です笑


ドライブがてら、高速道路のSA(常磐自動車道・南相馬鹿島SA)で見つけて購入した
ガーデン・ハックルベリー
なる実のパック。

『ブルーベリーの4倍くらいのアントシアニンが含まれているようで、目にとってもいいようです』
という、控えめなコピーに好感度UP♪

それにしても、どう見てもブルーベリー! 
しかも、ツヤツヤと大きくて、めっちゃ美味しそうな♪ハート





ちなみに、Wikipediaによると
ハックルベリー (英: huckleberry) とは、北米において、ツツジ科の近縁な2つの属であるスノキ属 (Vaccinium) およびGaylussacia属の数種の植物に対して使われる総称である。ハックルベリーはアイダホ州の「州の果物」である。
とのこと。


まるで親戚のような名前ですが、こちらの『ガーデン・ハックルベリー』はナス科で、『ハックルベリー』とは全く違う植物とのこと。

購入する時に、売店の方に『生で食べないで下さいね』と言われましたが、
1粒くらいは大丈夫だろうと、生で1粒 味見。

・・・ん?

・・・ブルーベリーそっくりなのに、香りなし、味もほとんどしない
・・・あえて言えば、ナス科らしいナスのような野菜のような風味がわずかに感じられる程度。

・・・特に美味しいわけではない・・・だから『生で食べないで』とのこと?

※調べると、未熟な実や、ガク・葉・茎には有毒な『ソラニン』があるそうで・・・。
でも完熟ならソラニンはなくなるそうです。
ソラニンって、ジャガイモの芽にある毒ですよね。そういえば、ジャガイモもナス科ですね。

気を取り直し。
買った時に一緒に頂いたレシピに従って、砂糖とレモン果汁少々で味付けして、ジャムにしてみましたにこにこ

指南書に従って、重曹を入れたお湯で10分ほど茹でてあく抜き。
洗ってから、砂糖を加え、ほんのちょっと水を加えて煮る。

煮ている時は、なんと黒豆を煮ているような香りが!びっくり

レシピには、気になれば裏ごしして種を取って・・・とありましたが、私は全然気にしない♪ので、
ワイルドに、マッシャーで潰しながら10分程度火を通しました。
(マッシャーがなければ、おたまの背でも大丈夫に思います)

最後にレモン果汁で酸味も加えて出来上がりちょき
とっても簡単♪



出来上がりは、どう見てもブルーベリージャムです。

でも一口なめると・・・。
甘みと酸味は砂糖とレモン果汁ですが、果物にはないコクがあります。
野菜ならではコク
これは面白い!キラキラ




一番近い味は、最近見かけるようになった、食用ほおずきでしょうか。
食用ほおずきもナス科なので、やはり似ているのかな♪
先に書いた『コク』も、ナスのそれに似ている気がします。
(ちなみに、種は全然気になりませんちょき

ただ、食用ほおずきはそれ自体で甘みがありますが、ガーデン・ハックルベリーにはそれがない。
あと、食用ほうずきは生食出来ますが、ガーデン・ハックルベリーは『生食しないでください』と売店で言われました。。。1粒 味見しましたが(^m^)。

さて、煮ていると香っていた『黒豆のような香り』は、冷めると感じられなくなり、ほとんど無臭です。

ガーデン・ハックルベリーのジャムを、ヨーグルトにかけてみました。

『無意識にブルーベリーの味と香りを期待する脳』 を裏切る味覚!が、ある意味、楽しい(^^)ちょき

ブルーベリージャムとミックスにすると、ブルーベリーにないコクが加わって良いかもしれないと思いましたグッド

目に良いというアントシアニンは、ブルーベリーの4倍だそうなので、健康食品ということで笑

いろんな食材を試すのって、楽しいですねキラキラ


【追記 2017年11月16日】

豆電球ガーデン・ハックルベリーのジャムですが、煮詰めるとすごく美味しいですキラキラ
もともと感じられた『コク』がぐっと濃くなり、あとを引く美味しさ。

前回の記事の時に、ジャムの量が結構多く出来たので、何度か火入れをして食べていましたが、特に最後の方の、こっくりと煮詰まったものは絶品だと思いました。

ガーデン・ハックルベリーのジャムを作られる時は、是非、焦げないように気をつけながら、じっくり煮詰めて作ってみてくださいちょき











  

たまごの形のお菓子いろいろ7


全国にある『たまごの形のお菓子』にはまっており、自称『たまご型のお菓子評論家』を名乗っております(^m^)

今までの記事
豆電球たまごの形のお菓子いろいろ
豆電球続・たまごの形のお菓子いろいろ
豆電球続続・たまごの形のお菓子いろいろ
豆電球続続続・たまごの形のお菓子いろいろ
豆電球続々々々・たまごの形のお菓子いろいろ
豆電球たまごの形のお菓子いろいろ6


前回までの記事で、私は持論 の『たまごの形のお菓子伝播仮説』で、

瀬戸内海西部を中心にした地域には、マシュマロの“たまごの形のお菓子”が多い

と書きましたが、それに加えて、

東日本での“たまごの形のお菓子”は、たまご型のまんじゅうで、
かつ、チョココーティング(ホワイト・ブラック問わず)があるものとないものの2タイプ

という仮説を加えたい♪ 
なおコーティングがあるタイプは、『岩手銘菓”かもめの玉子"タイプ』というと、分かりやすいでしょうか。

ちなみに、このコーティングタイプは東日本に限らないようで、
前回の記事、
たまごの形のお菓子いろいろ6
にもありますが、例えば九州・大分は別府温泉のお土産にも、ありました。

このタイプの元祖はまだ不勉強にして知らないのですが、私の子供の頃から銘菓で有名な、岩手の『かもめの玉子』は、たぶん元祖に近いのかなぁとは思います。

さて、たまご型のお菓子を、新たに2つ、知り(食べ)ましたので、その報告。


1) 北海道 『千歳うまれのたまごまんじゅう』

こちらはチョココーティングがないタイプです。
生協で扱っていたので購入。



北海道千歳市の菓子工房もりもと さん製造・販売。

地元千歳の新鮮な卵たっぷりの黄身あんがおいしく、また皮もしっとり美味しい一品ハート

味としては、例えば、福島の『ままどおる』、大阪の『月化粧』、福岡の『博多とおりもん』などの、黄身あんの入ったミルクまんじゅう系のお味です。





『たまご』を全面的に謳った、たまご型のお菓子笑
同封されていた説明書には『北海道千歳産のたまごを、採卵後3日以内の新鮮な状態で使用した黄身餡を、しっとりした薄皮で包み焼きました。』
とのこと。









断面が四角いのが、個人的にはちょっと残念。
卵型に徹底してたら、完璧な『たまごの形の』『たまごたっぷり』おまんじゅうだったのですが。

でも美味しいから許しちゃいます♪





(2) (仮)群馬 『八ツ場ダム黒たまご』 
  地域名に(仮)をつけた理由は後述


道の駅『八ツ場ふるさと館』で購入。

一時期ニュースでよく出てきた『八ツ場ダム』。
読み方は『やつばだむ』でなくて、『やんばだむ』なんですよね。不思議。







パッケージが卵パックを模したもので面白い。










チョコレートコーティングの、黄身あん入りおまんじゅう。
まんじゅうの生地は、洋菓子風。
ちょっとパサパサなのが残念。


なお、こちら、『販売者』は群馬県利根郡みなかみ町の業者さんなのですが、『製造者』は不明。
お土産ものに多い、どこかで一括で製造したものを、パッケージは販売する場所にちなんでそれぞれ作って、各地の土産物屋や道の駅で、『その土地のお土産』として売られるタイプのお菓子かと想像します。

だから、上記で「(仮)群馬』としました。

たぶん、ほかの地域
(例えば、ゆで卵の『黒たまご』で有名な箱根大涌谷とか←いつか行く機会があったら確認したい)
でも、売られているのではないかなとニランでおりますちょき
※前回にも書いた『別府のたまご』は、名物『海地獄のゆで卵』をイメージしているっぽい例もありますから♪


また、たまごの形のお菓子が手に入ったら、続きますちょき
 → たまごの形のお菓子いろいろ8


  

茨城こんなもの見つけた♪(34) 土浦のれんこんめん♪






土浦名産の蓮根の粉末がたっぷり入った、『れんこんめん

土浦土産としても有名で、毎年4月にある『かすみがうらマラソン』の完走の際も、このれんこんめんを
貰います(^o^)







薄緑色の半生の麺は、茹でても、爽やかな薄緑色。

モチモチっとした歯ごたえハートと、
ツルツルッしたのど越しハートはもちろん、
噛んでいると味わい深いキラキラのも、蓮根成分たっぷりの『れんこんめん』ならではと思います♪








関東地方も梅雨入り宣言が出た本日、爽やかな気分になろうと、トマトたっぷりのぶっかけうどんにしてみましたちょき

見よ、この美しい色合い\(^o^)/

麺を茹でて、カットしたトマトに、刻んだ大葉も少々をトッピング。

あと、同じ霞ヶ浦つながりで、霞ヶ浦名産のわかさぎ・しらうお・川エビの『ごだ煮』(塩ゆでの煮干し※)もお好みの量をトッピング。
※煮干しといっても、カラカラに乾いて固いものではなく、ソフトで、釜上げシラスのような食感です。

なお、私の好みで、ごだ煮の中の川エビは別途、サラダオイルでカラッと揚げて、サクサクにしてものをトッピング。
香ばしさを加えてますハート

それらを麺の上に乗せて、ポン酢少々で頂きました♪

名付けて、
『霞ヶ浦の幸』麺

簡単で美味しかったので、お勧めです(^^)
また作ろうっと♪







  

プロフィール
かるだ もん
かるだ もん
徒然なるままに、興味のあることを気ままに書いています。好きなことばは「中途半端も、たくさん集まればいっぱい!」(ドラマのセリフ)

地元つくばや茨城の話題を中心に、茨城の食材を使った家庭料理、民俗学もどき、国際交流、旅の話題など、趣味の記事を掲載中。

特に自分の勉強も兼ねて、
★民話・伝説紹介と、それにちなむ土地めぐり
★茨城を中心に、全国の郷土料理と食材(世界の料理も含む)の話題
の話題が多いです。

・ヒッポファミリークラブ(多言語自然習得活動と国際交流)
・観光ボランティア
・郷土食研究会うまかっぺ!茨城



オーナーへメッセージ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 4人
アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE