【家庭で堪能!おいしい 茨城&つくば(82)】薬味たっぷり 土用しじみの冷や汁ごはん


暑くて食欲がない時でも、薬味の香りが素晴らしく、ひんやり美味しい、冷たい汁めしは、嬉しいですねハート

6月から8月が旬の、涸沼の土用しじみを使って、
ひんやり冷たくて美味しい、汁めしを作りました(^o^)









【材料】  量は適宜。 材料はすべて茨城産でまかなえますね♪

・ごはん お米は茨城のコシヒカリ!

・しじみ 涸沼産(今回は冷凍しじみを使用)

・味噌

・きゅうり

・しょうが

・青しそ

・みょうが

・(あれば)すりごま

・(お好みで)七味唐辛子
 ※筑波山名物 ふくれみかん入り七味(七色)唐辛子が、超おすすめです!



【作り方】

( しじみ下ごしらえで、一度泥抜きをした方が良いですが、今回は冷凍ものを使いましたので、冷凍庫から出して、水でさっと洗ったものを使いました)

1. しじみは、刻んだしょうがを入れた水から煮て、火が通って口を開けるまで煮ます。

2. しじみの口が開いたら、火を止めて、味噌を溶き入れます。 
再度加熱して沸騰する前に火を止めて、しじみと汁を分けます。


3. 汁は、荒熱を取れるまで冷ました後、冷蔵庫で冷やします。
 しじみの方も、同じく冷蔵庫で冷やします。



4. きゅうりは薄くスライス。青しそ、みょうがも千切りにする。
  きゅうりは軽く塩もみした後、水洗いして しんなりさせる。










5. ご飯は、食べる文の量を冷水で洗ってから、ざるに上げて水切りする。



6. 丼に5のご飯を入れ、4のきゅうり、青しそ、みょうがをトッピング。
  3のしじみも、各自で箸で身を取って、身をご飯にトッピング。










7. 3の冷やした味噌汁を6にかけて、出来上がり。
  あれば、すりごまも入れると美味しいです。
  またお好みで七味唐辛子を入れても♪


しじみのだしの利いた冷たいお味噌汁が、食欲のない暑い日でも、五臓六腑に染み渡りますハート

きゅうりや薬味のシャキシャキした歯ごたえも嬉しい。
そして香りが良い!グッド


貝の冷たい汁は、あさりやはまぐりでももちろん、とても美味しいハート 
(大きい貝の方が身は取り出しやすいです^^)

あさりやはまぐりを使った場合、貝汁は塩味で、
しじみの場合は、味噌汁が合うと思います。


暑くて食欲がない時も、だしの利いた冷たい味噌汁とご飯、そしていろんな薬味で、食欲が出ますので、お勧めです!

簡単でおいしいので、是非お試しください(^^)v


また、旬の土用しじみを使った料理は、

豆電球 【家庭で堪能!おいしい 茨城&つくば (37) 】 涸沼の土用シジミとゴーヤの味噌炒め

も良かったら、お試しくださいちょき


【おまけ】

食べ終わった後の、しじみの貝殻を使って、

豆電球  『今年も、涸沼のシジミの貝殻で、ストラップ作り

和風の可愛いシジミの貝殻のストラップですキラキラ
 
こちらも作ってみてくださいね笑

 






  

【家庭で堪能!おいしい 茨城&つくば(81)】 ごいし豆とポークの煮込み メキシコ風


もうずいぶん以前ですが、メキシコのエルモシージョという所に、ホームステイ交流(註1)で行ったことがあります。

その時に食べた、肉の煮込み(パンシータやポソレ)がとても美味しくハート
それを思い出しながら、ときどき家で作ります。

その時食べた肉は牛のモツ(ハチノス)でしたが、どんなお肉でも良いかと思います。家庭料理ですから(^^)
また、その時は白くて巨大な粒のトウモロコシ(日本のトウモロコシのように甘くない)が、豆のように使われていました。

メキシコ料理は辛いというのが一般的ですよね。
でも私がホームステイしたお宅もそのお友達のお宅も、料理は辛くありませんでした。
その代わり、唐辛子を後から入れて辛さを調節していました豆電球

日本人の私がいるのでそうしているのかと尋ねたら、
『唐辛子の量は家庭によるよ。辛いのは体にも頭にも悪いから、うちは辛くしない』
と笑いながら話していたのを思い出しますにこにこ


やはりお宅によって味はいろいろなのですね豆電球

ということで、私のプチソウルフードハートでもある、メキシコの煮込み料理を家で作る時は、唐辛子はトッピングにしています。






前置きが長くなりました汗


行方に行った時に、道の駅たまつくり で購入したお豆 『ごいし豆』。

『ごいし豆』って初めて知りましたびっくり








白インゲン豆みたいですが、それよりかなり扁平で、確かに白い碁石みたいです。

これを使って、メキシコ風お豆とポークの煮込みを作ってみましたちょき







【材料】  量は適宜♪

・ごいし豆  行方産

・豚肉  お好きな部位で(今回は脂身が少ない もも肉使用) 茨城県産

・玉ねぎ
 今回はつくば産
  ※煮込み用とトッピング用の2種を用意
   (煮込み用は食べやすい大きさにカット、トッピング用はみじん切りで)

・トマト  今回はつくば市産
  今回はミニトマトを使いましたが、なんでもOKです。

・ニンニク  今回は青森県産(茨城県産が手に入ったらそちらでも)

・コリアンダー(パクチー)  今回は土浦産

・唐辛子  今回は青唐辛子を使用  今回は牛久産

・レモン  県内産や国内産が手に入るとベスト。今回は輸入品を使用。

・(あれば)ローレルの葉  これも時々 県内産が出回りますね♪

・塩、黒コショウ  味を見ながら適宜

・重曹 ほんのちょっと(豆を柔らかく煮るために加えます)

※なお、煮る時は、保温調理器を使うと、家計にも地球にも優しく、加熱中は放置できるので、時間も有効活用出来ます(^^)
 


【作り方】 鍋は保温調理器を使用しています。

1. ごいし豆は水に7~8時間ほど浸けておき、その後、その水のままで数分煮てアクを取った後、一度お湯を捨てる。


2. 1のごいし豆を再度、水に塩と重曹を加えて、柔らかくなるまで煮る。
沸騰したら数分そのままにし、その後火を止めて、鍋を保温器に入れて置く。
  この時は、1日2回火を入れて保温器に入れるという作業を、2日間ほど繰り返しました。
実際は弱火で2時間程度で柔らかくなりそうな印象です。

 写真は柔らかく煮えた ごいし豆。
 美しいキラキラ



3. 豆が煮えたら、別の容器に煮汁ごと移す。
  ※豆の煮汁は、豆がかぶる位の量を豆と一緒に残し、残りは豚肉の煮込みに使う。
   
   自分で煮たお豆の煮汁がまた、とても美味しいのです♪ハート


4.鍋に3の煮汁に、一口大にカットした豚肉、玉ねぎ、刻んだニンニク、(あればローレルも)を加え、煮込む。
  ※これも保温調理器を使うと楽です。この場合は途中2回火を入れて半日程度。
  







5. 4で肉に火が通ったら、カットしたトマトを加え、塩コショウで味を調える。
    トマトが煮えたら出来上がり。

  (唐辛子も一緒に煮込んでも良いですが、後からトッピングで調節すると好みの辛さに出来ます)

  ※なお、一度冷ましてから、食べるときに再度温め直すと、味が馴染んでよりお勧めです。





6.トッピングは、刻んだ玉ねぎ、コリアンダー(パクチー)、唐辛子(写真は青唐辛子)。
 食べる時に、それらを好みの量入れて、更にレモンを絞って、頂きます。










特にスープストックみたいなものは使っていませんが、豆の煮汁や、豚肉、玉ねぎ、トマトなどの素材から旨みが出て、さっぱりしながらも、しみじみ良い味がして幸せを感じますハート









さらに、トッピングで加える唐辛子はもちろん、生玉ねぎみじん切り、コリアンダーやレモン果汁で、ぐっとエスニック度が加わります。

だから、是非、これらのトッピングはお試しください!キラキラ








最近は冷凍のトルティーヤもスーパーで売られるようになりました。
トルティーアも添えて。

日本ではトルティーヤは、小麦粉でできた『トルティーヤ アリナ』がポピュラーですが、メキシコでは、トウモロコシ粉でできた、トルティーヤ マイース』もよく食べられていました。 トルティーア マイースも冷凍で扱ってくれないかなぁと思います♪





滋味豊かなメキシコの家庭料理。
豆は、下ごしらえが大変でしたら、キドニービーンズ等の水煮の缶詰を使っても美味しいです。

是非お試しください笑


************************************************************

註1: ヒッポファミリークラブの家族交流プログラムで行きました。
 豆電球同クラブについては→ ヒッポファミリークラブ 公式サイト

*************************************************************

【参考文献】

・『メキシコ料理 胸騒ぎ 腕さばき』 佐伯アリシア喜久子 著  PMC出版

  ※自分の味の記憶とすり合わせながら、こちらの本のレシピ、味付けをいつも参考にして、
  メキシコでのホームステイの思い出の料理を自宅で再現しています。















  

【家庭で堪能!おいしい 茨城&つくば(80)】 ひんやり美味しい♪ 沖縄ぜんざい




『沖縄ぜんざい』 またの名を『あまがし』をご存知ですか?

本土のぜんざいのような小豆を使ったものではなく、金時豆を使うのが一般的だそうです。
そして、小豆のぜんざいより、とろりとしていますが、味はサラッとさっぱり。黒糖の味も美味しいハート





以前、沖縄に行った時、お店に入ることが出来なかったので、代わりに(確か、道の駅だったかで)、『沖縄ぜんざい』のレトルトパックを買ってみました。

こちらは、その時のレトルトの沖縄ぜんざい。照明が写りこんでますがご愛嬌で。
(レトルトのパッケージの写真を撮ったはずなのですが、見当たらず…)

原材料が、金時豆、押し麦、黒糖。

温めても冷やしても美味しいとのことで、冷やして食べてみましたが、さっぱりしていながら、押し麦と黒糖のコクも加わり、つるつるとのど越しもよく、とても美味しかったのですキラキラ

私は小豆ぜんざいが苦手なのですが、この沖縄ぜんざいは、とても好きな味!ハート

本土でももっと沖縄ぜんざいは知られても良いと思います!

ただ、よくある沖縄物産フェアでも、沖縄ぜんざいのレトルトは見かけないので、
これは作るしかない!ぐー

・・・ということで、茨城産の金時豆が手に入ったので、その味を再現してみましたちょき



【材料】

・金時豆 適宜 ※今回は、かすみがうら市産を使いました。

・押し麦 適宜(煮ると膨らみますので、少なめで大丈夫です)
     ※茨城県産が手に入ったら、もちろんそれで!

・砂糖、黒糖 お好みの量で。
     ※砂糖と黒糖の割合もお好みで。ちなみに私は黒糖が多い方が好きです。

・塩  ひとつまみ
     ※今回は、黒糖と塩は、沖縄県産を使いました。
   

煮る鍋は、保温調理器(シャトルシェフなど)を使うと、楽です。
火をあまり使わないので、地球にも家計にも優しいですし、夏は暑くなくて済みますちょき



【作り方】

1. 金時豆は洗って、水に半日ほど浸しておく。
(この時は、8時間ほど浸していました)









2.浸した水ごと火にかけ、沸騰したら火を弱めて(中火程度)5分ほど煮てから、保温器に入れてゆっくり加熱する。

3.1時間ほどたったら、豆が煮えたか味見をする。
豆が柔らかくなっていたら、茹でた水を捨てて、ひたひたになる程度の水を加え、砂糖・黒砂糖を加えて沸騰させる。




4.沸騰したら、押し麦を加え、押し麦が柔らかく煮えるまで、弱火で煮る。
  ※煮汁がなくなりそうだったら、適宜水を加えて下さい。










5.押し麦が柔らかくなったら、出来上がり。 
冷やす場合は、火を消してそのまま冷ます。

写真のはちょっとおつゆが少な目。
もうちょっとおつゆが多い方が、ぜんざいっぽいかな。

粗熱を取って冷蔵庫で冷たくして頂くと、夏は最高です!グッド
冷蔵庫で2日程度保存できます(というか、2日で食べ切ってしまいました♪)。


金時豆&押し麦のぜんざいは、アジアンスイーツの一つの原型だと思います豆電球
これをもとに、アジアン風スイーツのバリエーションが広がりそうですハート

豆電球例えば、これを基本に、ココナッツミルクを加えると、ベトナムのスイーツ風キラキラ

豆電球また、豆乳を加えたり、茹でたカボチャやサツマイモ、コーンや、タピオカ、ゼリーなど入れて、具だくさんにすると、台湾スイーツ風キラキラ
小さな白玉団子を入れても良いですね。

暑くて食欲も元気もなくなりそうな、夏の日の朝食に、
冷た~く冷やした、この沖縄ぜんざいをちょっと頂くと、本当に元気になります!

豆と麦なので、シリアルの一種ですし♪


楽しみいろいろ豆電球
ハマりそうです(*^^*)
アジアンスイーツ風を作ったら、また報告したいです(^^)v

とにかく、沖縄ぜんざいは、流行ってほしい!

まずは、お試しください(^o^)。







  

【家庭で堪能!おいしい 茨城&つくば(79)】 カフェご飯風 筑波山ジオハンバーグプレート~基本形~


拙ブログでは、過去に何度か、『筑波山ジオパーク構想 勝手に応援企画♪』ということで、

  ・信仰とジオの意外な関係(1) ~つくばみらい 石饅頭~
  ・信仰とジオの意外な関係(2) ~土浦 カシャ(雷神)の爪・龍の爪~
  ・信仰とジオの意外な関係(3) ~磨崖仏に秘められた歴史と地球ロマン~前篇
  ・信仰とジオの意外な関係(3) ~崖の岩に彫られた仏像(磨崖仏)に秘められた歴史と地球ロマン~後篇


というのを書かせて頂きました笑

そして、めでたく、昨年2016年秋に、キラキラ筑波山地域がジオパークが誕生キラキラしたのは、ご存じの通りです\(^o^)/。

それで、筑波山ジオコロッケも生まれ、それについてのレポートは、先日書いてみました(^^)
茨城こんなもの見つけた♪(32) 縁結びの最強のアイテムの予感?! 筑波山ジオコロッケ


筑波山系を構成する岩石は、『斑レイ岩』、『花崗岩』が有名ですが、その他にも『筑波変成岩』と呼ばれる岩石もあります。

前の2つよりも、あまり知られていない『筑波変成岩』と呼ばれる岩石。
板状に割れる性質を利用して、古代から利用されていて、
例えば、霞ヶ浦周辺から千葉県のエリアにある古墳に見られる『箱形石棺』や、時代を下った中世の石碑などに、この『筑波変成岩』が使われているそうです。
※ 古代からの霞ヶ浦やその周りの河川の水運とも関係して、大変興味深いです。

・・・ということで、前置きが長くなりましたが、『筑波変成岩』も一緒に、筑波山の岩石を、特産のお肉で表現したいよね♪ハート
と思い、こんな料理を思いつき、何度か試作しております(^^)v

名付けて、
カフェご飯風 筑波山ジオハンバーグプレートちょき
3種類のお肉の味も、それぞれ味わえちゃいます。

まずは、基本形。


筑波山型のハンバーグ。
山頂豚ひき肉(赤身肉)・・・黒っぱい斑レイ岩を表現
山麓は、鶏挽肉・・・白っぽい花崗岩を表現
★その脇に、薄切り牛肉ソテー・・・板状になる、筑波変成岩を表現

お肉の味わいの違いを楽しみたいので、味付けはシンプルに塩・胡椒だけ。
お好みで、筑波山名物、ふくれミカン入り七味を振りかけても、美味しい。
※鶏肉・豚肉・牛肉は、どれも筑波山近郊や茨城県でも特産。
予算が許せば、県内のブランド肉なども奮発して使うのも(^^)v

また、付け合わせのサラダは、山やその周りの豊かな緑を表現。
季節にあわせて、季節の野菜や食材が使えますね♪

さて、今回のサラダは、ベビーリーフとトマトのサラダ。
※今回ドレッシングは、写真には写っていませんが、新玉ねぎのマリネをドレッシング代わりにしました。
このドレッシングは、そのままハンバーグのソースにもなります♪

それにレンコン(霞ヶ浦近郊の名産)の酢漬けの周りをちょっとカットしたものを添えました。
これは、今の季節に見られる、筑波山だけに自生している『ホシザキユキノシタ』(つくば市の市の花でもあります)を表現しました。
※味付けは、酢と梅酢。梅酢は、筑波山梅林の梅もイメージしています。

酸味のあるソースがさっぱりしてて、お肉のそれぞれの味を引き立てて、とってもお勧めですハート

以上を基本形にして、季節の風景をお皿に作っていくシリーズを、少しずつやってみようと思います(^^)v

さしずめ、今回は、ホシザキユキノシタのイメージもあるので、『初夏バージョン』になるかな笑






  

茨城こんなもの見つけた♪(34) 土浦のれんこんめん♪






土浦名産の蓮根の粉末がたっぷり入った、『れんこんめん

土浦土産としても有名で、毎年4月にある『かすみがうらマラソン』の完走の際も、このれんこんめんを
貰います(^o^)







薄緑色の半生の麺は、茹でても、爽やかな薄緑色。

モチモチっとした歯ごたえハートと、
ツルツルッしたのど越しハートはもちろん、
噛んでいると味わい深いキラキラのも、蓮根成分たっぷりの『れんこんめん』ならではと思います♪








関東地方も梅雨入り宣言が出た本日、爽やかな気分になろうと、トマトたっぷりのぶっかけうどんにしてみましたちょき

見よ、この美しい色合い\(^o^)/

麺を茹でて、カットしたトマトに、刻んだ大葉も少々をトッピング。

あと、同じ霞ヶ浦つながりで、霞ヶ浦名産のわかさぎ・しらうお・川エビの『ごだ煮』(塩ゆでの煮干し※)もお好みの量をトッピング。
※煮干しといっても、カラカラに乾いて固いものではなく、ソフトで、釜上げシラスのような食感です。

なお、私の好みで、ごだ煮の中の川エビは別途、サラダオイルでカラッと揚げて、サクサクにしてものをトッピング。
香ばしさを加えてますハート

それらを麺の上に乗せて、ポン酢少々で頂きました♪

名付けて、
『霞ヶ浦の幸』麺

簡単で美味しかったので、お勧めです(^^)
また作ろうっと♪







  

プロフィール
かるだ もん
かるだ もん
徒然なるままに、興味のあることを気ままに書いています。好きなことばは「中途半端も、たくさん集まればいっぱい!」(ドラマのセリフ)

地元つくばや茨城の話題を中心に、茨城の食材を使った家庭料理、民俗学もどき、国際交流、旅の話題など、趣味の記事を掲載中。

特に自分の勉強も兼ねて、
★民話・伝説紹介と、それにちなむ土地めぐり
★茨城を中心に、全国の郷土料理と食材(世界の料理も含む)の話題
の話題が多いです。

・ヒッポファミリークラブ(多言語自然習得活動と国際交流)
・観光ボランティア
・郷土食研究会うまかっぺ!茨城



オーナーへメッセージ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 4人
アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE